MENU

ChatGPTを業務利用する際の注意点を詳しく解説!活用事例もあわせて紹介

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

ChatGPTの利用は、情報の精度や機密情報漏洩の危険性といった点でのリスクがございます。業務で利用する場合は各社のルールにのっとり、安全性を見極めたうえで適切に利用しましょう。

目次

ChatGPTとは

ChatGPTとは、2022年11月にリリースされた大規模言語モデルです。アメリカにおいて人工知能の研究開発を行う非営利団体のOpenAIにより開発されました。まるで人間と話しているかのような自然な会話を実現しているチャットサービスとして、国内外で利用者数が急増しています。

GPTとは「Generative Pre-trained Transformer」の略称です。自然言語処理に長けた仕組みで、文章生成や翻訳、分類などにも応用できる言語モデルで、これをチャット形式で対話できるようにしたものがChatGPTです。

ChatGPTは、事前に膨大なデータセットが学習されています。蓄積されたデータによって、ユーザーからの問いかけに応じた適切な文章を、自然言語のように違和感のない長文で回答可能です。

AI分野は、IT業界の中でも急速に発展しており、ChatGPTを使ったサービスも今後さらに増加して人々の助けになることが期待されています。

ChatGPTの活用例

ChatGPTは無料で利用可能であるため、実際に利用経験のある方も多いのではないでしょうか。利用してみると、AIとの会話とは思えない違和感のなさに驚かされる部分もありますが、この仕組みはさまざまな作業に活用できます。

調べごと

ChatGPTを利用する目的で特に多いのが、この調べごとではないでしょうか。質問文を投げかけると、AIがその質問に対して回答してくれます。質問文が多少難解であっても、AIが正確に読み取ってくれるため、人間と対話しているかのように自分が求めている回答が返ってくることが魅力です。

もし理想とする回答が返ってこない場合は、質問の仕方を少し変えてみることで適切な回答が返ってくる場合もあります。相手に伝わりやすい文章を考えるよい機会にもなるでしょう。

プログラミング

ChatGPTはプログラミングの勉強にも役立ちます。コードを教えてもらうよう質問を投げかけると、かんたんな処理であればコードを記述してくれます。質問時にプログラミング言語を指定しておけば、その通りにコードを書いてくれるため、学習時や構文を忘れてしまったときには非常に有用です。

また、自分で作ったプログラムが動作しない場合もあるでしょう。そのような場合には、ChatGPTにコードを入力すると不具合の原因を突き止めてくれたり、効率のよい書き方がある場合はそれを教えてくれたりといったレビュー機能の役割も担ってくれます。学習用の問題を出してもらうようお願いすれば出題もしてくれるため、有効活用することでさまざまな学習が可能です。

文章作成

ChatGPTは、文章作成でも大いに活用できます。たとえば、社会人がやり取りの手段として多用するメールは、社外の人と行う場合言葉遣いにも気をつけなければなりません。いわゆるビジネス文章として作成しなければならず、どういった表現を使えばよいかわざわざ調べながらメールを作成するのは手間でしかありません。

しかし、ChatGPTを使って「〜の要件を依頼するビジネス文章を書いて」のように投げかければ、ビジネス文章を自動で作成してくれます。その後は内容に相違がないかを確認するだけの作業で済むため、一から文章を作成するよりもかなり作業効率が上がります。

悩み相談

ChatGPTを、ちょっとした悩み相談の相手として活用するケースも少なくありません。誰かに話しづらいことでも、AI相手なら気兼ねなく話ができるため、こうした目的で利用する人も多いです。

こちらの文章に従って柔軟に回答してくれるため、AIでありながら人間と接しているかのような安心感も得られることから、相談相手として人気にもなっています。

企業もChatGPTを業務利用

ChatGPTは個人利用だけではなく、多くの企業の業務に利用されています。ビジネスに上手く活用できれば、効率よく作業ができて生産性の向上が期待できます。

企業が導入する場合は、ChatGPT単体よりも、ChatGPTを搭載したサービスとして導入するケースが多くなっています。チャットボットサービスや、コンテンツ制作サービスなど、業務内容に応じて適切なサービスが選択されています。こうしたツールを導入する場合はランニングコストも発生するため、自社の予算などに応じた最適なサービスを選択する必要があるでしょう。

業務利用するメリット

企業が業務利用するメリットは数多くあり、いずれも作業の効率化に大きく役立ちます。適切に利用できれば以下のようなメリットを得られるでしょう。

単調な作業の自動化

作業内容が繰り返しとなる単調な作業の場合、ChatGPTを利用することでそれらを自動化することができます。たとえば、問い合わせ内容に応じてテンプレートの文章を返信する窓口対応の場合、ChatGPTに文章の内容を判定させて決められた文章を自動返信するといったことも可能になります。これによって、単調な作業に人員を割く必要もなくなるためコスト削減にもつながります。

各書類の雛形を自動作成

契約書をはじめ、社内で使う管理表や設計書といった書類などは仕事における作成機会が非常に多いです。書類作成は、雛型となるテンプレートがあればスムーズに進められますが、この雛形作成にもChatGPTの利用は効果的です。使い方を応用すれば文章だけではなく、表計算ソフトのテンプレートも自動作成してくれるため、事務作業においてもChatGPTは欠かせない存在となります。

文章の添削が可能

メールや書類に記載した文章に誤字脱字や表現の誤りがないかを、ChatGPTに添削してもらうことも可能です。こうした文章チェックは人の目で行うと、規模の大きい書類ほど時間もかかり、また見落としなどのヒューマンエラーも頻発してしまいます。システムによって自動化できれば、高精度かつ短時間での添削作業が可能となるため、生産性の向上も期待できます。

業務利用するデメリットと注意点

ChatGPTの業務利用は、多くのメリットをもたらしますが、いくつかデメリットや、利用における注意点もあります。これらを理解したうえで正しくChatGPTを利用しましょう。

機密情報は入力しない

ChatGPTはさまざまな情報を入力することで、その問題を解決するための適切な回答を返してくれることが魅力です。しかし、機密情報を入力することは避けましょう。

Web上に公開されているChatGPTを利用すると、入力された内容がAIの学習やシステム改善のために利用される場合があります。入力した情報がそのまま登録されて誰でも参照できるようになるといった事態は少ないでしょう。しかし、万が一ChatGPT側の学習データが漏洩した場合、自社の機密情報があわせて漏洩する可能性もゼロではありません

機密情報そのものや、それにつながりかねない情報についても直接的に入力することは避けたほうがよいでしょう。

情報の真偽については別途確認する

進化し続けているAI技術といえども、その精度はまだ確実なものではありません。そのため、ChatGPTが回答する情報の中には事実と異なるものが含まれている場合もあります。

調べごとにChatGPTを活用するのは有効ですが、記載されている情報が正しいかどうかを別の手段で検証することが推奨されます。業務利用の場合、誤った情報をもとに作業を進めてしまうと取り返しのつかない事態となるケースもあるため注意が必要です。

回答をそのままコピーアンドペーストしない

ChatGPTによって導き出された回答に基づいて、レポートなどを作成する場合もあるでしょう。しかし、そのままコピーアンドペーストするのはおすすめしません。前述の情報の真偽性にも関連する話ですが、記載されている内容が正しいかどうかは慎重に見極める必要があります。

また、ChatGPTの回答はWebサイトをはじめあらゆる所から収集した情報が元となっています。そのため、文章をそのまま流用してしまうとWeb上に類似した文章があってコピーアンドペーストしたことが丸分かりになるケースもあります。誰かにチェックしてもらう文書を作成する場合、コピーアンドペーストは心証的にも好ましくないため気をつけましょう。

最新情報は出ない場合もある

Web上のChatGPTを活用する場合、学習データが2021年9月時点のものまでとなっているため、導き出される回答は必ずしも最新情報とは限りません。そのため、求める回答が得られない、誤った情報を回答するといったケースもあります。

最新の情報を調べる場合は、別のツールの利用も検討しましょう。

Web版の利用はオプトアウト申請をするべき

入力した情報を学習して欲しくない場合には、入力した情報をAIが学習しないように制御する方法があります。これをオプトアウトといいますが、オプトアウトを行うには申請が必要になります。

ChatGPTの利用方法は、現在Web版とAPI版の2種類存在しますが、このうちWeb版の利用においてオプトアウト申請は行っておいたほうがよいでしょう。業務利用の場合はユーザーそれぞれでオプトアウト申請が必要なため、手間がかかることは覚えておきましょう。

ChatGPTの将来性は高い

ChatGPTは調べごとやプログラミングをはじめ、さまざまな用途で有効的に活用できます。企業が業務利用目的でChatGPTを導入すれば、従来の作業を大きく効率化できるでしょう。

しかしながら、情報の精度や機密情報漏洩の危険性といった観点から、ChatGPTに業務をすべて委ねることには未だリスクが残る状況です。企業で利用する場合は正しくルールを定めて、安全性を見極めたうえで適切に利用しましょう。

ChatGPTは、今後多くの業界でより有効的に活用されることが期待されています。将来性も高いため、ぜひChatGPTを使いこなせるようになっておきましょう。

GMOサインのAIに関する取り組み

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次