MENU

有料老人ホームとは?介護付・住宅型・健康型の違いをわかりやすく解説

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

高齢化社会が進む現代、親の介護に悩む方は少なくありません。介護が必要になった場合、自宅で介護を続けるか、施設に入居するかという選択肢があります。その中でも、有料老人ホームは、介護付き、住宅型、健康型など、さまざまな種類があり、ニーズに合った施設を選ぶことができます。しかし、いざ入居となると、費用面や生活環境の変化など、不安はつきものです。

そこで本記事では、有料老人ホームの種類ごとの違いから必要な費用、メリットとデメリットまでわかりやすく解説します。

目次

有料老人ホームの概要

有料老人ホームとは、高齢者向けに食事や介護、家事、健康管理のうち、いずれか一つ以上のサービスを提供している住まいです。老人福祉法に基づき、主に民間の企業によって運営されています。

有料老人ホームには料金やサービス内容によっていくつかの種類があり、入居者のニーズに合わせて選ぶことができます。

あわせて読みたい
介護業界で電子契約を活用!具体的なメリットや導入手順を徹底解説 日本の介護業界は、少子高齢化により要介護者数が増加し、人手不足が深刻化しています。この問題を解決するためには事務作業の効率化が急務ですが、救世主として注目さ...

有料老人ホームの種類

有料老人ホームは、大きく分けて3種類あります。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは、介護保険法に基づき、介護が必要になった高齢者が食事や入浴、排泄などの介助や、掃除や洗濯などの日常生活の支援を受けられる施設です。24時間体制で介護スタッフが常駐しています。

介護付き有料老人ホームの特徴
  • 24時間介護体制
  • 介護保険の適用
  • 医療サービスの提供
  • 各種リハビリテーション
  • 食事や入浴などの介助
  • レクリエーションやイベント

また、介護付き有料老人ホームはそのタイプによって、身体(介護)状況による入居条件があるのが一般的です。

スクロールできます
介護専用型混合型自立型
入居条件原則、要介護度1以上の人が対象。(※要支援1以上の施設もある)要介護・要支援・自立した人すべてが対象自立した人が対象
介護付き有料老人ホームのタイプ別入居条件

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、自立した高齢者が食事や入浴などの日常生活支援を受けながら、自宅に近い感覚で生活できる施設です。介護付き有料老人ホームと異なり、介護サービスの利用が少ない場合は、比較的費用が安いというメリットがあります。

住宅型有料老人ホームの特徴
  • 自立した生活を支援
  • 介護サービスは必要に応じて外部から利用
  • 食事などの日常生活支援
  • レクリエーションやイベント
  • 24時間体制でスタッフが常駐

また、住宅型有料老人ホームの入居条件は一般的に次の通りです。

  • 60~65歳以上
  • 自立した生活を送れる方

施設ごとに年齢制限や条件などが異なるため、事前に確認が必要です。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、自立した高齢者が健康増進に重点を置いた生活を送れる施設です。介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホームとは異なり、介護保険の適用を受けることはできませんが、家事サポートや、健康維持・増進のための設備やプログラムが充実しているのが特徴です。

健康型有料老人ホームの特徴
  • 健康増進に重点
  • 健康管理や運動プログラム
  • 家事サポート
  • 食事などの日常生活支援
  • レクリエーションやイベント
  • 24時間体制でスタッフが常駐

また、健康型有料老人ホームの入居条件は一般的に次の通りです。

  • 原則60歳以上
  • 自立した生活を送れる方
  • 健康増進への意欲がある方

なお、健康型有料老人ホームは数が少なく(有料老人ホーム全体の1%程度といわれています)、また充実したサービスを提供していることなどから、入居費用や月額費用は他施設よりも高めに設定されています。

有料老人ホームの費用

有料老人ホームの費用は、入居一時金と月額利用料に分けられ、種類やサービス内容、地域、施設によって大きく異なります。ここでは、目安をご紹介します。

スクロールできます
施設の種類入居一時金月額利用料
介護付き有料老人ホーム数十万円~数百万円15万円~30万円
住宅型有料老人ホーム数万円~数十万円10万円~20万円
健康型有料老人ホーム数百万円~数千万円10万円~40万円
※費用はあくまで目安です

入居一時金

入居一時金とは、入居時に支払う初期費用です。

一般的に、入居一時金の約30%を初期償却とし、残額を決まった期間で償却します。償却期間内に入居者が途中退去(死亡を含む)すると、未償却分が返還となります。入居一時金の返還方法は、施設によって異なりますが、以下のようなケースが考えられます。

  • 入居者が施設を退去した場合(全額または一部返還)
  • 入居者が亡くなった場合(全額または一部返還)
  • 一定期間以上施設に居住した場合(一部返還)

施設や運営会社によって、入居一時金の扱いや償却方法は異なるため、事前にしっかりと確認しましょう。

月額利用料

月額利用料とは、有料老人ホームに入居している方が毎月支払う費用です。家賃や食費、介護サービス費などが含まれています。

月額利用料に含まれるもの
  • 家賃
  • 食費
  • 水光熱費
  • 管理費
  • 介護サービス費
  • その他サービス費

また、有料老人ホームのサービスは、介護保険の適用となるものと、ならないものがあります。保険適用となるものとならなないものは、以下の通りです。

介護保険が適用されるもの
  • 身体介護:入浴、排泄、食事などの介助
  • 生活支援:掃除、洗濯、調理などの日常生活の支援
  • 機能訓練:歩行訓練、筋力訓練などの身体機能の維持・向上
  • 通所介護:デイサービス
  • 短期入所:ショートステイ

これらのサービスは、要介護認定または要支援認定を受けていれば、介護保険を利用して費用の一部を負担することができます。

介護保険の適用になるもので、1日あたりの利用者負担は以下の通りです。

スクロールできます
サービス費用の設定利用者負担(1割)
要支援1182円
要支援2311円
出典:厚生労働省「特定施設入居者生活介護」

スクロールできます
サービス費用の設定(短期利用も同額)利用者負担(1割)(1日につき)
要介護1538円
要介護2604円
要介護3674円
要介護4738円
要介護5807円
出典:厚生労働省「特定施設入居者生活介護」
介護保険が適用されないもの
  • 食事代
  • 居室の利用料
  • 家具・家電のレンタル料
  • 生活支援(介護保険で利用できるサービスを超えるもの)
  • レクリエーション
  • 理容・美容サービス

原則として、生活上必須ではないこれらのサービスは、介護保険の対象外となるため、全額自己負担となります。

有料老人ホームのメリット

有料老人ホームの種類別に、それぞれどんなメリットがあるのかご紹介します。

介護付き有料老人ホームのメリット

介護付き有料老人ホームは、介護が必要となった高齢者が安心して生活できる施設です。主なメリットは以下の通りです。

24時間体制の介護サービス

介護士が24時間365日体制で入居者の介護をサポートします。緊急時にも迅速に対応してもらえ、夜間や早朝でも、必要な介護を受けることができます。そのため、介護の負担を家族にかけずに済みます。

医療体制の充実

提携先の医師や看護師による医療サービスを受けることが可能です。急病や体調不良時にも医療と介護が連携しているので、スムーズなサービス提供を受けられます。

食事サービスの提供

栄養バランスの取れた食事を提供しています。自炊する必要がなく、楽に食事ができます。さらに食事制限やアレルギーにも対応してもらえます。

体操などレクリエーションの実施

入居者の楽しみや生きがいを見出すための脳トレや体操など、健康維持に役立つレクリエーションが充実しています。また、季節の行事やイベントが開催され、楽しみながら生活できます。これらを通じてほかの入居者と交流でき、社会性を維持することができます。

住宅型有料老人ホームのメリット

住宅型有料老人ホームは、自立した高齢者が、快適で安心な生活を送るための施設です。主なメリットは以下の通りです。

自立した生活

介護が必要な高齢者向けの施設ではなく、自立した高齢者向けの施設です。自宅で生活するのと同じように、自分のペースで生活できます。介護度が上がっても、一定程度までは施設内で生活を続けられます。

家事サービスや食事サービスの提供

家事サービスや食事サービスを利用することができます。自炊や掃除などの家事から解放され、自由な時間を増やすことができます。栄養バランスの取れた食事を、手軽に食べることができます。

レクリエーションやイベントの充実

レクリエーションやイベントが充実しており、ほかの入居者との交流を通じて、社会性を維持できます。楽しみながら生活することができ、新しい趣味を見つけるきっかけにもなるでしょう。

健康型有料老人ホームのメリット

健康型有料老人ホームは、自立した高齢者が、健康的な生活を維持しながら、充実した老後を送るための施設です。主なメリットは以下の通りです。

健康維持・増進

健康維持・増進のためのプログラムが充実しています。定期的な健康診断や健康相談を受けられ、運動教室や体操教室など、さまざまなアクティビティに参加できます。さらに、バランスの良い食事を提供され、健康的な生活習慣を身につけることができます。

社会性の維持

ほかの入居者との交流を通じて、社会性を維持できます。たとえば、趣味のサークルやイベントに参加でき、仲間と食事や会話を楽しめます。そのため、孤独感を解消につながるでしょう。

安心・安全な生活

24時間体制の見守りサービスを提供しています。緊急時にも迅速に対応してもらえ、防犯設備も充実しています。また、バリアフリー設計で、転倒などのリスクを軽減できます。

有料老人ホームのデメリット

入居を検討するにあたり、それぞれのデメリットも把握しておきましょう。

介護付き有料老人ホームのデメリット

介護付き有料老人ホームは、多くのメリットがある一方で、以下のデメリットも存在します。

費用

入居一時金や月額利用料など、高額な費用がかかります。介護度が上がると、さらに費用が高くなります。介護保険制度を利用して費用を軽減できますが、全額をカバーすることはできません。年金収入だけではまかなえない場合、貯蓄や家族からの援助が必要になる可能性があります。

制限

施設によっては、門限や外出許可時間などの制限があります。また、食事や入浴などのスケジュールも決められており、自宅のように自由な生活を送ることはできません。

環境の変化

これはすべての有料老人ホームにいえることですが、入居すると、住み慣れた自宅や地域を離れることになります。慣れ親しんだ環境から離れることで、不安やストレスを感じる人もいるかもしれません。また、友人や家族との交流が減ってしまう可能性もあります。

住宅型有料老人ホームのデメリット

住宅型有料老人ホームのデメリットは以下のようなものです。

介護が必要になった場合

住宅型有料老人ホームは、介護サービスを提供していない施設です。介護が必要になった場合は、訪問介護などの外部サービス事業者と契約する必要があり、介護度が上がると、費用が高額になる場合があります。施設によっては、介護サービスを受けられる利用時間に制限がある場合があります。さらに、要介護度が高くなると、住み続けるのが難しくなるケースもあるでしょう。

サービス内容

住宅型有料老人ホームによって、サービス内容は異なります。食事や掃除などの家事サービスの内容や頻度が、施設によって異なる場合があります。さらに、レクリエーションやイベントの内容も施設によって異なるため、希望するサービスが提供されていない可能性もあるでしょう。

健康型有料老人ホームのデメリット

健康型有料老人ホームでは、以下のようなデメリットが考えられます。

入居条件

健康型有料老人ホームには、入居条件があります。年齢制限や健康状態の制限など、施設によって異なる場合があり、認知症や要介護状態の方は入居できない場合があります。そのため、希望する施設に入居できない可能性もあるでしょう。

退去の可能性

健康な状態を維持することが入居条件であるため、認知症を発症したり要介護状態になったりした場合は、退去を求められる可能性があります。その後、退去後の住居や介護サービスの確保が必要になります。

人間関係

ほかの入居者との価値観や生活習慣の違いから、トラブルに発展する可能性もあります。慣れない環境で、孤独感を抱く人もいるかもしれません。

有料老人ホームの選び方

有料老人ホームは、さまざまな種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。自分に合った有料老人ホームを選ぶためには、以下のポイントを参考にしましょう。

サービス内容

まず、どのようなサービス内容を希望するかを明確にしましょう。

スクロールできます
介護付き有料老人ホーム介護が必要な高齢者向けの施設です。24時間体制の介護サービスを受けられます。
住宅型有料老人ホーム自立した高齢者向けの施設です。家事や食事などのサービスを受けられます。
健康型有料老人ホーム健康的な生活を維持したい高齢者向けの施設です。健康増進プログラムやレクリエーションが充実しています。

費用

有料老人ホームは、入居一時金や月額利用料など、高額な費用がかかります。予算を把握し、その予算に合う施設を探すことが重要です。介護保険制度を利用できる場合は、費用を軽減できます。

設備

居室の広さや設備、共有スペースの充実度、バリアフリー対策や安全対策もしっかり確認しましょう。高齢者の生活に配慮した設備かどうかをしっかりチェックするのがおすすめです。

食事

食事の内容や提供方法を確認しましょう。栄養バランスや嗜好に合わせた食事を提供しているかどうかも重要です。試食会や食事サービスの説明会に参加してみるのも良いでしょう。

立地

外出に際しての利便性はどうか、家族や友人が訪問しやすい場所にあるかどうかも考慮しましょう。また、周辺環境も確認しましょう。

スタッフ

スタッフの対応や雰囲気も大切です。介護職員や看護師などの専門知識を持ったスタッフが常駐しているかどうかも確認しましょう。さらに、入居者とのコミュニケーションを大切にしている施設かどうかも重要な要素です。

施設見学・体験入居

実際に施設を見学したり、体験入居をしたりして、施設の雰囲気やサービス内容を確かめましょう。見学した際には、職員の対応やほかの入居者の様子も観察しましょう。疑問点は遠慮せずに質問することも大切です。

まとめ

有料老人ホームは、高齢者が安心して暮らすための施設です。自分に合った施設を選ぶために、希望するサービス内容、費用、立地などを考慮し、施設見学や体験入居などを活用して、施設の雰囲気やサービス内容を確かめることが重要です。また、入居を検討する際には、メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解し、自分にとって最適な施設を選びましょう。

介護業界が抱える課題を「GMOサイン」が解決します!

高齢化社会がますます加速する日本国内において、介護業界は「人手不足」「現場の負担の増大」「地域格差」など、さまざまな課題を抱えています。

電子印鑑GMOサインは、そんな介護業界を「契約」の面で徹底的にサポートします。

GMOサインは国内シェアNo.1(※)の電子契約サービスです。介護サービス提供時には利用者との間で契約を交わします。サービス提供者は契約の確認や署名捺印のために利用者のもとを何度も訪れなければならない、そのようなケースもあるでしょう。また、遠方で暮らす家族の方の同意を得なければいけない場面もあります。

そのような介護における契約時に役立つのが、自宅にいながらでも契約書の確認から署名まで行える電子契約サービスです。利用者の利便性向上はもとより、紙の契約書の廃止によるコスト削減、また契約締結までの時間短縮など、電子契約サービスは今後の介護業界において必須のツールになります。

GMOサインは、電子契約におけるあらゆる基本機能の提供はもちろん、パソコンやスマートフォンを利用しない高齢者のためにタブレット端末を利用した手書きサイン機能も用意しております。さらにGMOサインは、利用者との契約だけでなく、現場で働く方々との雇用契約や業務委託契約にもおすすめです。

まずはお試しフリープランにて、電子契約の一連の流れや操作性をぜひ体感してみてください。

月額料金&送信料ずっと0円

3分でわかるGMOサイン

※1 「電子印鑑GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントとする 。自社調べ(2023年11月)
※2 電子署名およびタイムスタンプが付与された契約の送信数(タイムスタンプのみの契約を除く。電子署名法の電子署名の要件より)。自社調べ(2023年12月)

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次