MENU

ChatGPTに自社データを学習させる方法を解説!上手な活用方法も紹介

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

ChatGPTの利用は、情報の精度や機密情報漏洩の危険性といった点でのリスクがございます。業務で利用する場合は各社のルールにのっとり、安全性を見極めたうえで適切に利用しましょう。

最近では業務の効率化や自動化でChatGPTを導入している企業が増えています。しかし、ChatGPTを業務で利用するには、自社で使えるようにデータを学習させなければなりません。

そこで本記事では、ChatGPTに自社のデータを学習させる方法や具体的な業務の利用法について詳しく解説します。企業でChatGPTをうまく使うには自社に合ったカスタマイズを行う必要がありますので、ぜひご覧ください。

目次

ChatGPTとは

近年話題になっているChatGPTとは、アメリカのOpenAI社が開発したAI技術を応用したチャットサービスです。従来のAIチャットとは一線を画すサービスであり、まるで人間とコミュニケーションをとっているかのような自然な対話を実現しています。

2022年の11月に公開されてから、多くのユーザーがChatGPTでAIと会話を繰り広げています。その高い性能から個人利用だけでなく、企業でもChatGPTを業務に導入するケースが増えており、業務効率化やタスクの解決などで幅広く活用されています。

ChatGPTに自社データを学習させる企業も

ChatGPTを業務に採用している企業も多いため、自社のデータを独自に学習させて顧客対応や問い合わせ業務などを効率化させているケースも見られます。蓄積していた経験やノウハウをデータ化して取り込んでおけば、最適な処理を選択して高い精度で実施できます。そのためAIチャットボットや営業窓口用のAIとして、ChatGPTを使っている企業はかなり多いです。

GMOサインのAIに関する取り組み

ChatGPTに自社データを学習させる方法

ChatGPTを業務で使うには、自社データを学習させる必要があります。そこで、ChatGPTに自社データを学習させる方法について詳しく解説します。

ファインチューニング

ファインチューニングとは、学習済みのモデルに新たなモデルを追加してモデル全体を再学習させる方法です。自社の業務に役立つデータセットが従来のChatGPTに備わっていない場合、特定のデータを追加学習させる必要があります。ファインチューニングを行うことで、社内業務に特化したChatGPTを独自に作り出せるのです。

ただし、追加学習させるデータセットを用意するにはプログラミングの知識が求められる点に注意しましょう。

専用ツール

自社の商品情報や詳細データを学習させる専用ツールを使う方法もあります。CSVやPDFなどの形式で学習内容をまとめて、ツール経由でファイルをアップロードすればChatGPTに任意データを学習させることができます。

プログラミング未経験者でも実行可能であるメリットがありますが、ランニングコストがかかりますので、自社の予算などを考えてから利用を検討しましょう。

ChatGPTを業務でうまく使う方法

自社データを学習させれば、あらゆる業務の自動化や効率化が可能になります。具体的にどのような業務で役立つのかご紹介します。

顧客対応の自動化

自社情報を学習させたChatGPTならば、ユーザーが求める回答をより適切に判断できるため、顧客満足度を高める対応業務を実現できます。そのため、製品・サービスについての問い合わせなどの顧客対応をより高い精度で自動化できます。

また問い合わせ対応などをシステムに一任しておけば、24時間稼働できて人件費もかからないので、コスト面でもメリットがあります。

社内業務の効率化

また社内業務に対応したメールの文書生成や、Excel関数やマクロの作成といった事務業務もChatGPTが代行してくれます。人間が作業すると数時間かかるような作業でも、ChatGPTならば短時間かつ高品質で対応できます。

ChatGPTをうまく使って業務に役立てましょう

ChatGPTはAIを駆使した画期的なシステムであり、有効活用すれば自社のあらゆる業務を効率化できるでしょう。また自社データを独自に学習させたChatGPTを作り上げれば、その精度はより向上します。

しかし、プログラミング技術などが必要である点やランニングコストがかかるケースがある点には注意が必要です。またChatGPTは一切ミスなく業務を行えるわけではなく、人が定期的にチェックする必要があり、業務内容の変更や更新などによって追加でデータ学習させる場合もあります。

そのためChatGPTを業務で利用する際には、人が行う作業の補完的業務で使うことをおすすめします。ChatGPTができる業務範囲を見極めて、うまく業務に役立てましょう。

GMOサインのAIに関する取り組み

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次