MENU

新卒(新入社員)が仕事を辞めたいと思うのは甘えではない!転職するメリット・デメリットを解説!転職を成功させるポイントも紹介

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

本ページはプロモーションが含まれています。

就職活動も無事終わり、気持ちを新たに入社した会社が理想と違うと感じるケースは珍しくありません。

新卒で入社したのに、もう辞めたいなんて甘えているのだろうか…

と1人で悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

新卒で仕事を辞めることは、リスクもあります。しかし、辞めた方が自身のためになるケースもあるため、慎重に判断しなければなりません。

本記事では、新卒で仕事を辞めるメリットやデメリットを紹介します。さらには、第二新卒の採用についても詳しく解説するため、企業の採用担当者はぜひ参考にしてください。

目次

新卒で仕事を辞めたいと思うのは甘え?

新卒で入社して間もないにもかかわらず、辞めたいと感じている場合、自分は甘えているのではないかと不安を覚えてしまいます。しかし、自分を責める必要は決してありません。

なぜなら、厚生労働省による令和2年3月卒業者の新卒離職率に関する調査において、新卒の1年以内の離職率は大卒の場合10.6%、3年以内では32.3%にものぼることが判明しているからです。

つまり、10人に1人は入社1年以内に退職しているのです。新卒で仕事を辞めたいと感じるケースは多くあり、状況次第では転職した方が良い場合もあるため、前向きに考えましょう。

新卒が仕事を辞めたいと思う主な理由

新卒で仕事を辞めたいと感じる理由はさまざまありますが、なかには理由が明確でない方も多くいます。

明確な理由がわからないまま辞めたり転職活動を進めたりしてもうまくいかないと考えられるため、辞めたい理由を明確にしておきましょう。

仕事内容があわない

入社を決めた理由が自分に向いていそうな仕事、やりがいのありそうな仕事であった場合、理想と現実のギャップに耐えられず仕事を辞めたいと感じる方が多くいます。また、希望していた部署に配属されなかった方も、モチベーションが下がりがちです。

社風があわない

無理な目標設定を強いられる、和気あいあいとした雰囲気でない、年功序列などの社風が受け入れられず仕事を辞めたいと感じる方が多くいます。社風は企業ごとに大きく異なるものです。すぐに変えられないため、息苦しさを感じてしまうのも無理がありません。

労働条件が悪い

休日出勤やサービス残業の多さは、仕事を辞めたいと感じる大きな理由になり得ます。特に趣味の時間や友人関係など、ライフワークバランスを重視する方にとっては、精神的に大きなマイナスに働く要因でしょう。

さらに、長時間労働が続けば、心身に悪影響が出てくる可能性があります。体調を崩しがちになり、退職を考え始める方も少なくありません。

仕事でのストレスは、うつ病や不眠症の大きな原因です。知らず知らずのうちにストレスが溜まっている場合もあるため、些細な体調の変化も見逃さないようにしましょう。

給与が安い

友人との会話で、給与やボーナスの少なさに気づくケースがあります。やりがいのある仕事だとしても、給与が見合わなければ徐々に不満が募るものです。

特に、同期のなかでも明らかに成果を出しているにもかかわらず、報酬に反映されていない場合は働く意欲が低下するでしょう。

人間関係が悪い

働くにあたり、職場の人間関係は重要です。高圧的な上司がいる、まわりとコミュニケーションが取りづらいなどの場合、居心地の悪さがストレスとなるでしょう。

人間関係は、実際に入社してみなければわからないため、見極めづらいポイントです。企業リサーチを入念におこない就職活動を成功させた方でも、人間関係が原因で退職するケースは珍しくありません。

将来性がなく学べる環境でない

入社したが他社より明らかに福利厚生が劣っている、新しいチャレンジをしない、など会社の実情に気づくこともあるでしょう。会社自体に将来性がなければ、自分自身の成長にもつながりません。これ以上会社で働いても学びが少ないのではないか、と不安を感じて転職を考える方も多くいます。

新卒でも仕事を辞めたほうが良いケース

新卒で仕事を辞めたいと感じても、転職への不安や経済的な理由で退職に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。しかし、割り切ってすぐにでも辞めた方が良いケースがいくつか存在します。仕事を辞める判断基準の一つとして考えてみましょう。

体調や精神面に悪影響が出ている

長時間労働による疲労や人間関係のストレスで、自身の体調や精神面に悪い影響が出ている場合は早めに仕事を辞める決断をした方が良いでしょう。仕事によるストレスはうつ病や不眠症の大きな要因です。取り返しがつかなくなる前に、早期退職を検討しましょう。

ハラスメントが横行している

パワハラやセクハラが横行している企業は、残念ながらまだまだ存在します。そのような企業では、仕事への意欲低下に留まらず、体調や精神面にも支障をきたします。我が身を守るためにも、退職を検討した方が良いでしょう。

また、悪質なハラスメントの場合は、いつ、誰に、何をされたのかについて、具体的なメモや証拠を残すことがおすすめです。

会社に将来性がない

会社の経営状況の悪さや将来性のなさに入社してから気づいた場合も、退職を検討した方が良いでしょう。本来であれば入社前にリサーチしておくべきですが、入社後急速に経営状況が悪化するなどさまざまなケースがあります。自身の成長のために、退職を決断しても良いでしょう。

新卒が仕事を辞めて転職するメリット

新入社員が仕事を辞めて転職活動を始めることには、メリットも存在します。やりたい仕事が明確で、離職理由がはっきりしている方は早期退職が自身の成長につながります。前向きに考えるためにも、事前にメリットを確認しましょう。

異業種にチャレンジしやすい

20代の中途採用は、経験よりも意欲が重視されがちです。したがって、異業種でもアピールの仕方を工夫すれば採用される可能性があります。仕事の経験が少ないからこその、柔軟性や物事の吸収の早さがメリットです。

転職活動をする際は、未経験者歓迎、未経験OKの企業を積極的に受けましょう。

第二新卒として転職活動ができる

大学卒業後1~3年内の転職者は、第二新卒として扱われます。一般的な中途採用とは異なり、第二新卒を積極的に採用する企業も多く存在します。求人案件も豊富にあるため、転職活動をスムーズに進められる可能性があるでしょう。

新卒が仕事を辞めて転職するデメリット

仕事を辞めることはかんたんですが、転職市場には高学歴やハイスキルの方も多いため若手が不利になる場合も考えられます。後悔が残る判断を下す前に、新卒で仕事を辞めるデメリットやリスクを確認しましょう。

企業からの印象が悪くなる

入社後数カ月で退職した場合、忍耐力がない、またすぐ辞めるかもしれない、などと採用担当者に思われる可能性があります。採用後に早期退職されると、企業としては損失になります。長く働いてくれる方に入社してほしいと思うのは当然でしょう。

仕事を辞めた理由を明確にし、働く意欲をうまくアピールできるよう面接対策を十分におこないましょう。

転職先でも同じような悩みに陥りやすい

新卒で抱きやすい不満は、どの企業でも避けられないケースがほとんどです。特に仕事へのやりがいは、長く勤めてやっと実感するものです。

転職が成功したとしても、次の職場で再び同じ悩みに陥る可能性があります。転職活動をする際は、前職での悩みを活かして自身に合う企業の特徴を考えましょう。

失業手当がもらえない可能性がある

失業手当とは、離職後から再就職までの期間、安定した生活を送りながら転職活動を進められるように支援する制度です。しかし、入社後すぐに退職した方は受け取れない可能性があるため注意が必要です。

原則として、離職日以前2年間に被保険者期間が12カ月以上なければなりません。

失業手当が受け取れる条件を満たすまで働くのも一つの手でしょう。

新卒の転職活動が成功する人の特徴

新卒で退職を考える場合、誰しも次の仕事が決まるのか不安に感じるものです。新卒で仕事を辞める判断基準として、転職に成功しやすい人の特徴を確認しましょう。

仕事辞めたい理由が明確な人

ただ仕事が辛いから辞めたい、やりがいが感じられないなどの理由で転職を考える方は、確実にうまくいきません。一方、辞める理由がはっきりしている方は転職活動に成功しやすいでしょう。

なぜなら、次の職場に求めるものや譲れないポイントなど、企業を探す軸ができているからです。自己分析と企業分析がしっかり行える方が多いでしょう。

キャリアダウンに抵抗がない人

転職しても、必ずキャリアアップできるわけではありません。キャリアダウンに抵抗がない方が、応募できる企業の選択肢が一気に増えます。なかでも異業種に挑戦する場合は、給与ダウン、キャリアダウンは仕方のないことです。それよりも、新卒の転職は視野を広く持つことを重視しましょう。

転職エージェントを頼る人

新卒の転職は、第二新卒を積極的に採用している企業が狙い目です。第二新卒への求人案件を多く抱える転職エージェントもあるため、味方に付ければ転職活動がスムーズに進む可能性があります。

そのほか、徹底的な自己分析や面接対策など、さまざまなサポートが受けられるため登録しておきましょう。

新卒の転職活動が失敗しやすい人の特徴

反対に、新卒の転職に失敗しやすい方も特徴があります。退職を踏みとどまる理由にもなるため、次の項目を確認しましょう。当てはまる場合は、慎重に退職を考える必要があります。

新卒と同じ感覚で転職活動を行う人

第二新卒とはいえ、新卒とは求められるものや評価のポイントは異なります。新卒の就職活動のように、やる気やフレッシュさをアピールしても企業には決して響きません。

少ないながらも、前職での実績や磨いたスキルなどをアピールする必要があります。前職での経験をまとめ、自身の強みは何か、応募先の企業で活かせるスキルは何かを考えておきましょう。間違っても学生時代に頑張ったことなどを述べてはいけません。

大企業ばかり受ける人

大企業ばかり受けている方は、新卒の転職に失敗する可能性が高いです。まず、大企業に入社したい理由は何かを考えてみましょう。「大企業ならば安心だ」などの曖昧な動機で転職活動を行っても、自身の軸のなさを企業に見抜かれる結果は目に見えています。

また、大企業だとしても仕事の大変さや人間関係でのストレスは同じようにあります。再び理想と現実のギャップに悩まされないためにも、自己分析を十分に行い、自身にマッチした企業への入社を目指しましょう

仕事を辞めてから転職活動を行う人

新卒の転職活動は、働きながら進めることがおすすめです。特に新卒の場合は、金銭的な余裕がまだない頃です。転職活動の期間が未定であるにもかかわらず退職してしまうと、経済的に厳しい状況に陥るでしょう。焦ってすぐに次の企業への入社を決めてしまうケースも考えられます。妥協しないためにも、仕事を続けながら慎重に転職活動を進めましょう。

第二新卒の転職活動に強いエージェント4選

第二新卒は、転職エージェントを活用してスムーズな転職活動を目指しましょう。

ここからは、第二新卒に強いおすすめの転職エージェントを紹介します。おすすめポイントを詳しく紹介するため、気になる転職エージェントがある場合は、ぜひ登録しましょう。

【doda】キャリアアップしたい方におすすめ

dodaは求人数の多さだけでなく、専任アドバイザーからのサポートが受けられるため、キャリアアップを希望する方におすすめの転職エージェントです。dodaは求人数が多く、ハイキャリア求人の取り扱いも豊富です。年収アップにつながる案件を探したい方向けといえるでしょう。

専任アドバイザーによる徹底したサポートが特徴であり、第二新卒ならではの対策も行えます。転職活動が初めての20代でも、安心して相談できるでしょう。また、転職サポートを受けながら、自身でも求人を検索できる機能があります。応募企業のリサーチが自身でできるため、納得しながら転職活動を進められます。

【キャリアスタート】異業種にチャレンジしたい方におすすめ

キャリアスタートは、第二新卒など20代の転職を全面的にサポートする転職エージェントです。求職者の分析を行い、性格や特性を見極めながら求人を紹介してくれるだけでなく、企業のインタビューや調査も徹底しているためマッチング率が高いという特徴があります。

キャリアスタートには、企業の情報が豊富に掲載されています。そのため、入社後にギャップを感じて再び同じ悩みに陥るケースを避けられるでしょう。未経験OKな案件を多く扱っており、異業種へのチャレンジも可能です。

【マイナビエージェント】自身のペースで転職活動を進めたい方におすすめ

※マイナビのプロモーションを含みます。

マイナビエージェントは、独占求人や非公開求人を多く扱う大手の転職エージェントです。幅広い業界の案件を紹介してくれるため、異業種にチャレンジしたい方にもおすすめです。

マイナビエージェントでは、書類の添削や面接対策など、細やかなサポートもおこなってくれます。転職が初めての第二新卒でも安心できる転職エージェントといえるでしょう。平日の夜や土曜日も面談に対応しているため、今の仕事を続けながら無理なく転職活動を進められるでしょう。

【リクルートエージェント】マッチング率を重視したい方におすすめ

リクルートエージェントは、利用者の多くが20代である点が特徴の転職エージェントです。幅広い業種の案件が受けられるため、次の仕事への希望がまだ定まらない方は登録しておくと良いでしょう。

転職後の離職率が非常に低いことからもわかるように、リクルートエージェントは応募者と企業の相性を見極めたうえで求人案件を紹介しています。業界最大手のリクルートエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

【企業必見】第二新卒を採用するメリット

転職が当たり前である現代、世間には転職活動中の第二新卒がたくさん存在します。一方、売り手市場の加速により、新卒の採用に苦戦している企業が多く存在していることも事実です。第二新卒は20代と若く、社会人経験が浅いからこそ柔軟に対応できるなどのメリットがあります。

ここからは、第二新卒の採用を考えている企業のために第二新卒の採用から得られるメリットを紹介します。

眠っている優秀人材を獲得できる

第二新卒の採用はまだまだ定着しておらず、見落とされている優秀人材が多く眠っています。一般的な中途採用よりも優秀な若手が確保しやすいでしょう。また、資格などスキルがあるのに活かせる職場ではなかった、働きたい部署に配属されなかったなどの理由で退職した場合もあるでしょう。そのような早期退職でも仕事へのポテンシャルが高い人材であれば、採用先でも早期の活躍が期待できます。

会社文化への抵抗が少ない

前職に長期間勤めていた人材を中途採用する場合、前職のやり方や本人のプライドが邪魔してなかなか社内風土や文化になじめないケースは珍しくありません。

一方、第二新卒であれば前職の会社に勤めていた期間が短いため、会社に適応しやすいと考えられます。若手ならではの素直さもあり、新しい仕事をどんどん吸収して成長してくれるでしょう。

教育コストがかからない

短いながらも前職の経験があるため、新卒のように教育コストがかかりません。ビジネスマナーを学ぶような研修を開催する必要もなければ、仕事の飲み込みも早いと考えられます。企業へ定着もしやすいでしょう。

【採用担当者必見】第二新卒採用に関するよくある質問

第二新卒に着目している企業はまだ少ないものです。限られた情報の中で第二新卒の採用活動を進めるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。ここからは、第二新卒の採用に関してよくある質問を紹介します。あらためて、第二新卒についての知識を深めましょう。

第二新卒の採用はいつ行うべきなのか

第二新卒を採用する場合のもう一つのメリットは、通年採用が可能である点です。新卒採用は一括採用、4月入社が一般的ですが、第二新卒は通年採用が可能であるため、企業側のタイミングで採用活動を始められます。

とはいえ、第二新卒のなかでも優秀な人材を確保したいとなると、7~9月あるいは1~3月に採用活動を行うと良いでしょう。なぜなら、第二新卒の転職活動が活発になる時期だからです。10月や4月入社を目指して動き出す第二新卒を狙いましょう。

第二新卒を採用する際に注目すべきポイントとは

第二新卒を採用する際に見るべき3つのポイントを紹介します。それは仕事への意欲、前職を辞めた理由、前職での成功体験です。早期退職者であっても、仕事への意欲があれば採用後の活躍が期待できます。仕事への意欲を確認するためにも、前職を辞めた理由について注意深く質問しましょう。辞めた理由があやふや、環境や人のせいにしている、などの場合はどの会社でも長続きしない可能性があります。また、前職での成功体験からは相手のビジネススキルが確認できるでしょう。

第二新卒はまたすぐに辞めるのではないか

第二新卒の採用を考える際、またすぐ辞めてしまうのではと不安に感じる採用者も多いのではないでしょうか。一度退職を経験すると、退職へのハードルが一気に下がります。また不満が募った場合は転職すればいいや、と考える第二新卒も少なからずいるでしょう。

書類選考や面接で、仕事に対する今後のビジョンを見抜くように心がけましょう。ビジネスビジョンを持つ人材は、企業にとって魅力的です。なぜ早期退職することとなったのか、自分の強み・弱みは何なのか自己分析できている第二新卒であれば、活躍が期待できます。

新卒で仕事を辞めたいと悩んでいる方はまず相談しよう

新卒なのに仕事を辞めたいなんて口にしたら怒られるだろうか、と1人で抱え込まずに、まずは上司や家族に相談してみましょう。働いていれば、誰でも一度は仕事を辞めたいと感じる経験があるものです。適切なアドバイスがもらえるかもしれません。

誰かに相談したうえでそれでも仕事を辞める意志が強い場合は、退職前にしっかりと準備しておきましょう。働きながら転職活動へと踏み出すことがおすすめです。また、転職エージェントのアドバイスを受けながらの転職活動であれば、無理なく次のステップへと進めます。

数年後に、あのとき辞めておけばよかったと後悔しないためにも、新卒の転職メリットを活かして前向きに転職活動を進めてください。

転職エージェントおすすめ3選!

ここでは転職活動をする上でチェックすべき転職エージェント(おすすめの転職サイト)をご紹介します。転職エージェントを利用することによって、通常の転職活動では見つけられないような非公開求人を紹介してもらえたり、転職に関する豊富な知識と経験を持つコンサルタントによるサポートが受けられるなど、さまざまなメリットがあります。転職エージェントを上手に活用して、理想の転職を叶えましょう!

リクルートエージェント

圧倒的知名度を誇る「リクルートエージェント」。転職成功No.1の実績を持ち、厳選した21万件以上の非公開求人から提案してくれます。さらに、専門コンサルタントがフルサポートと充実したサービスを受けることができます。なかなか言づらい年収や条件、入社日程などの交渉を代行してくれるため、希望の転職先が見つけやすいのも魅力です。無料で利用できるので、迷ったらまずは相談してみるのがおすすめです。今すぐ転職したい方はもちろん、転職するかどうか迷っている方でも無料で気軽に相談可能です。

doda

doda」は、転職に関する情報が満載の転職サイトです。求人数はなんと20万件以上!多種多様な求人から探せるので、あなたの希望のお仕事がきっと見つかります。転職活動をする上でわからないことや困ったことが起きた時に気軽に相談できるのも魅力です。また、転職のノウハウが学べるセミナーや、選考前に企業と話せるイベントなど、転職活動に役立つさまざまなサービスを提供しているので、初めての転職でどう進めればいいのかわからないという方にもおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント」はオリコン顧客満足度調査において、満足度総合No.1を獲得した転職支援サービスです。各職種の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが求人紹介から内定まで一貫してサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心して利用できます。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報を教えてくれます。なんと転職後の年収UP率は驚異の61.1%!WEB面談や電話でも対応してくれるので、直接会わなくても気軽に相談することができます。

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次