働き方

2021年7月29日

2021年8月4日

契約締結日とは?契約書の作成に必要な日付の知識

契約書を作る際、記載する日付はとても重要な役割を持っています。この日付の意味を誤って認識していたり、空欄のままにしたりといった間違いをすると、契約が自分に不利益なものとなることもあります。

ここでは契約書にある日付の「契約締結日」、混同されがちな「契約開始日」そして「記入日」について説明します。

契約締結日の基礎知識

契約書の作成において、契約締結日をいつにするのか、どのように決めるのかはとても重要です。ここでは契約締結日とは何か、契約書を書いた日付との違い、契約締結日の決め方を解説します。

契約締結日の基礎知識

契約締結日とは?

契約締結日とは、当事者間で実際に契約を締結した日です。双方の記名押印や署名が揃った日といってもよいでしょう。契約書で「契約内容の効力」が発生する日付、すなわち「契約開始日」が定められていない場合は、この日付が契約開始日(効力発生日)となります。

▶参考:契約書に記載するのは西暦・和暦のどちら?

契約書を書いた日付との違いは?

契約締結日とは別に、署名欄などに「記入日」や「署名日」といった日付がある場合があります。これは文字通り、署名や捺印を行った日付を書くもので、契約締結日や契約開始日とは関係ありません。

この日付は契約書を交わすときに、すべての当事者が同じ場所で同時に署名するような場合は当事者全員が同じ記入日になりますが、書類を郵送などでやり取りする場合は、当事者間で記入日が異なることも当然あります。

契約締結日の決め方

契約締結日を決めるには、いくつかの方法があります。「契約開始日に合わせる方法」、「契約する当事者の中で、最初に契約書に署名した日」、同様に「最後に署名をした日」、さらに「当事者間で契約の内容に合意した日」などです。いずれにしても、当事者間で契約締結日をいつにするのか、契約交渉中にあらかじめ決めておきましょう。

契約締結日と契約書の効力発生日を変える方法

先ほど触れたとおり契約締結日とは、実際にその契約を締結した日です。しばしば混同されますが、契約締結日は実際に契約が開始される、すなわち「契約開始日」とはイコールではありません。(契約開始日や期間が定められていない場合はこの日付が契約開始日となります)。ここでは契約締結日と、契約開始日を別の日付にする場合について、具体的な例をもとに解説します。

契約締結日と契約書の効力発生日を変える方法

効力発生日を過去に設定する

契約開始日(効力発生日)を、契約締結日より過去の日付にする場合があります。例えば、契約締結前に始まってしまった取引に対して契約を締結する場合や、秘密保持契約を情報公開後に締結するといった場合に、特定の過去の日付から効力を発生させるのです。

こうした、契約締結日よりも過去の日付から効力を発生させる契約を、遡及契約や遡及適用といい、契約書内に条文として記載します。遡及適用の書き方は次のようになります。

(例1)「契約締結日にかかわらず、××年〇月△日より遡及的に効力を有する」
(例2)「契約締結日にかかわらず、有効期間は××年〇月△日より1年間」
(例3)「本契約は、令和●年●月●日に遡って適用する」

効力発生日を未来に設定する

実際の契約開始日(効力発生日)よりも前に契約を締結することもよくあります。例えば、来月から始まるプロジェクトについて秘密保持契約をあらかじめ締結する場合や、来月から始まる業務委託契約などを結ぶ場合が該当します。こうした場合も、契約書の条項に効力の発生する日付や期間を明記します。書き方は次のようになります。

(例1)「効力発生日は××年〇月△日とする」
(例2)「本契約は、令和●年●月●日から適用する」
(例3)「本契約の有効期限は、令和●年●月●日から1年間とする」

契約締結日に関する注意点

契約締結日を決めるときに、気をつけなければならないポイントがあります。ここでは契約締結日を決める際の注意点を2つ解説します。

バックデートは絶対に避ける

バックデートとは、実際に契約を締結した日付よりも過去の日付を契約締結日とし、契約書に記載することです。

例えば、2020年4月1日、秘密保持契約を締結しないまま担当者が相手方に秘密情報を開示してしまったとします。秘密保持契約を締結していないことに気付き、慌てて契約交渉を行って、2020年5月1日に契約内容が双方で合意できたとします。

このようなときに、契約締結日を2020年4月1日と過去の日付で締結することがバックデートと呼ばれるものです。

バックデートは絶対に避ける

バックデートは先ほど解説した遡及契約とは違い、「●月●日に遡って適用」といった記載がないため、いつ、どのような理由でその契約を交わしたのか分かりにくくなります。また、2020年4月1日に契約は存在しなかったわけですから、契約書に書かれていることが虚偽であるともいえ、企業のコンプライアンスという観点からも大きな問題です。

もし過去に遡って契約開始日を設定したいのであれば、正しい契約締結日を記載し、条項で開始日や期間の遡及を明記しましょう。

契約書面の改ざん防止では電子契約もおすすめ【電子契約とは?】

契約書の日付の記入漏れに注意する

契約締結日の記入漏れにも注意が必要です。すでに押印や署名がされている契約書であるため、空欄の場合は契約相手や第三者が任意の日付を書くこともでき、記入漏れによって大きな不利益を被る可能性があります。

同じように、契約締結日を後から書くなどといった方法も問題となります。こちらも契約締結日を誰もが任意に書くことができるためです。

まとめ|契約書の作成では日付がとても重要

契約締結日は契約を締結した日付で、契約開始日は契約の内容について法的効力が発生する日付ということが分かりました。これらを混同してしまうと自分に不利益な契約を交わしてしまうことにも繋がるため、注意が必要です。

また、契約締結日よりも前に契約開始日を設定したい場合には、安易に過去の日付を契約締結日にするのではなく、契約書内に適用期間などを明記する遡及適用を行うことがトラブルを避けるための重要なポイントです。

▶参考記事:電子契約書の導入メリットについて詳しくはこちら

収入印紙の必要がない電子契約の導入ガイドを配布中!

導入ガイドのイメージ画像

導入ガイドをダウンロードする

関連記事

ハンコ脱出作戦 編集部

筆者

ハンコ脱出作戦 編集部

このライターの記事一覧を見る

  • 電子印鑑GMOサインが選ばれる理由
  • 電子契約とは
  • 脱印鑑ブログ 公式Twitter

公式SNS

電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子契約に関わる様々な情報を配信!

「ハンコ脱出作戦」とは?

日本の脱印鑑文化を応援するブログメディアです。
電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子印鑑、電子契約の最新情報をお伝えしています。

電子契約サービスを検討中の方向けに、
役立つ資料を提供しています。

電子契約サービスの基礎知識や選び方、導入ステップなどを分かりやすく紹介しています。
無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

資料請求

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集