MENU

30代男性の転職は難しい?おすすめの職種6選と年収、転職成功へのポイントを解説!

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

本ページはプロモーションが含まれています。

30代男性のなかには、「新しい職場を探したい」「転職でキャリアを見直したい」とお考えの方も多いでしょう。30代は職場で一定の経験を積んでおり、ワークライフバランスやキャリアアップを考える人が多くなる時期です。

本記事では、30代の転職が難しいといわれている理由や、経験者・未経験者どちらにもおすすめの職種、転職成功のポイントを解説します。実際に30代で転職を成功させた筆者による執筆のため、転職を考える30代男性の方は、ぜひ参考にしてください。

目次

30代男性の転職は難しいと言われる理由

なぜ30代男性の転職が難しいといわれているのか、その理由を2つご紹介いたします。難しいとされるのは、次の2つの理由からです。

  • 30代前半と後半で求められる能力の高さが違う
  • 企業は即戦力になる人材を求めている

それぞれの理由について、詳しくみていきましょう。

30代前半と後半で求められる能力の高さが変わる

30代男性の転職で最も重要となるのが、その人の持つ能力の高さです。20代なら若さや成長性を見込んで採用することもあります。

しかし、30代からは前職でどんなスキルを身に付け、入社後にどんな活躍をしてくれるかを重視されます。なかでも、30代後半からは給与も高くなるため、人件費を上回るほどのメリットがなければ転職は難しいでしょう。

特に30代後半からはリーダーやマネジメントを経験する人も多くなるため、転職のハードルも自然と高くなる傾向があります。

企業は即戦力になる人材を求めている

30代男性の転職が難しいもう1つの理由として、企業が即戦力になる人材を求める傾向にある点も大きいです。20代までなら教育で必要な人材を育てやすいですが、30代では知識の吸収力も衰えるため、同じようにはいきません。

元々能力の高い人を採用すれば、入社後すぐの活躍に期待が持てます。30代男性は社会人としてのキャリアも豊富です。そのため、企業も前職で培ったキャリアを自社で生かしてほしいと考えます。

30代男性が転職を成功させるには、志望企業にアピールして即戦力になりうると評価を得ることが重要です。

30代男性の転職におすすめの職種6選と年収相場

30代男性の転職には、スキルや即戦力としての価値が大事であると解説しました。本項では、30代男性の転職におすすめの職種6選と、職種ごとの年収の相場をあわせて紹介いたします。

  • 営業職
  • 介護職
  • マーケティング
  • IT系エンジニア
  • コンサルタント
  • ドライバー

営業職

営業職は年代を問わず人気が高く、未経験でも活躍しやすい職種です。自社の商品やサービスをプレゼンし、取引先に魅力を伝える能力が求められます。

コミュニケーション能力が高く、相手の気持ちを汲むことが得意な方は、営業職に向いています。営業職で培った経験・スキルは、さまざまな企業で需要が高いため、キャリアアップにもつなげやすいでしょう。

年収相場は550万〜650万円ほどで、業界によって年収に違いがあります。

参考:厚生労働省 jobtag 検索条件「営業職

介護職

少子高齢化が進む日本では、要支援・要介護認定を受ける高齢者も増加しています。介護職は求人が多く、体力面で優れている男性にとって転職しやすい業界です。

介護業界では30代でも若手とされ、未経験でも採用されやすいです。また、一定の実務経験を積み、実務者研修を修了することで、国家資格の介護福祉士試験の受験資格を得られます。

年収の相場は400万円前後で、ケアマネジャーや施設管理者にキャリアアップすると年収も高くなります。

参考:厚生労働省 jobtag 検索条件「介護

マーケティング職

マーケティング職は企業の商品・サービスの売れる仕組みを考え、改善点を発見して売上につなげる職種です。近年はWebサイト・オンラインショップ・SNSを活用し、KPIの設定やCTAを促進するWebマーケティングが重視されています。

マーケティングの専門知識とデータの分析力、提案力が求められます。極めれば企業に就職してマーケターになる道のほか、独立して企業やフリーランスになることも可能です。

マーケティング職の年収相場は、600万円前後です。立案した戦略が成約や売上につながれば、年収の大幅な向上も期待できます。

参考:厚生労働省 jobtag 検索条件「マーケティング

IT系エンジニア

IT業界は年々市場規模を拡大しており、エンジニアの人手不足が続いています。キャリアアップにはプログラム言語などのスキルが必須ですが、未経験でも転職のチャンスはあります。

近年はプログラミングの通信講座やスクールも充実しており、スキルを身に付ければ30代でも転職しやすい業界です。IT業界は20代の人材も多く、30代でマネジメントができる人材は貴重です。

IT系スキル以外にも、マネジメントスキルをアピールできれば、転職活動で有利になるでしょう。

IT系エンジニアの年収相場は、550万〜650万円です。システム設計や上流工程を担当できるエンジニアほど、年収も高くなる傾向があります。

参考:厚生労働省 jobtag 検索条件「ITエンジニア

コンサルタント

コンサルタントは、企業や個人事業主を顧客として、経営課題の発見と改善計画の提案、経営戦略のアドバイスを行う職種です。経営・マーケティング・キャリアなど、コンサルタントにもさまざまな専門分野があります。

コンサルタントになること自体に資格は不要ですが、コンサルティングファームに転職するには、税理士や公認会計士資格、高い学歴などが求められます。

しかし、転職に成功すれば前職の経験を生かしやすく、業界に特化したコンサルタントとして活躍できるでしょう。

年収相場は550万〜800万円とかなり幅があります。経営コンサルタントやM&Aコンサルタントなど、企業の経営方針に関係する分野ほど年収も高くなります。

参考:厚生労働省 jobtag 検索条件「コンサルタント

ドライバー

30代男性のなかでも、自動車の運転を得意とする人にはドライバーの仕事がおすすめです。タクシーやバス、トラック、トレーラー、ダンプカーなど、日本の交通インフラや建設業を中心に活躍できます。

学歴や経験に関係なく働きやすく、ドライバーに必要な資格を取得すれば採用されやすい点もおすすめポイントです。企業によっては採用後に免許取得の助成制度もあり、自己負担もほとんどなしで免許を取得できます。

経験を積むことで運行管理者へのキャリアアップのほか、個人事業主として開業する道も選べます。

ドライバーの年収相場は350万〜500万円です。タクシードライバーやルート配送員はやや年収が低めな一方、トラックドライバーを含む大型車のドライバーは年収が高めな傾向です。

参考:厚生労働省 jobtag 検索条件「ドライバー

30代男性の転職で重視すべきポイント

30代での転職は、キャリアにおけるラストチャンスになる可能性が高いです。30代の転職を最後に、そのまま定年退職まで働く覚悟を持つ人が多いからです。

最後の転職になるからこそ、転職先企業は慎重に見極めなければ後悔につながります。どのようなポイントを重視すべきなのか、具体的な内容を紹介いたします。

ワークライフバランスはとれているか

30代男性にとって、仕事へのやりがいと並んで重要なことがあります。それは自分や家族との時間です。

仕事のためにプライベートの時間を削れば、ワークライフバランスを保てない日々を送ることになります。実際に筆者の知る30代男性は、月50時間ほど残業していましたが、子どもの誕生を機に残業月10時間以内の仕事に転職しています。このように転職において、ワークライフバランスを重視する例は、枚挙にいとまがありません

転職先を選ぶ際は、毎月の残業時間や休日出勤の有無、年間の休日数などを確認し、仕事とプライベートのバランスが保てているかを重視しましょう。

給与や待遇は良いか

30代男性であれば、家庭を持っている人もいるでしょう。家族を養っていくために十分な給与があるか、賞与は何カ月分か、家族手当や住宅手当などの手当の有無まで細かく確認しましょう。

転職すると一時的に年収が下がることも多くなっています。どの程度年収が下がるのか、生活のやりくりで対応できる範囲かどうかまで含めて考えるべきです。

逆に、給与や待遇の条件が良すぎる求人や仕事内容や待遇が不明確な求人は、ブラック企業のおそれがあるため要注意です。仕事内容と給与・待遇のバランスは、ブラック企業を見分ける判断基準として活用してください。

前職での経験を生かせるか

30代男性の転職では、前職で培った経験を次の職場で生かすことも視野に入れましょう。たとえば、営業職としての経験がある人は営業職の求人に応募し、経験をアピールすると採用率が上がります。

また、30代でまったく未経験の分野に転職するのはリスクが高いです。自分の適性と合っていない可能性があるだけでなく、若手よりも成長しにくく、ミスマッチにつながるかもしれません。

前職での経験もふまえて、転職先でどう生かしていけるか考えてみてください。

30代男性が転職を成功させるためのポイント

30代男性は20代の転職者とは違い、自分のアピールポイントや対策を練って転職活動に臨む必要があります。本項では、30代男性が転職を成功させるために、やっておくべきポイントを紹介いたします。

経験やスキルを棚卸しする

30代まで働いてきた方であれば、それまでにさまざま経験を積み重ねているはずです。転職活動では、自分の経験を人事担当者にアピールし、良い印象を与えなければなりません。

しかし、自分の経験やスキルを言葉にするのは、あらかじめ振り返りをしなければうまくいきません。転職活動を本格化するのなら、休日にある程度時間を確保し、経験とスキルの棚卸しを行ってください。

棚卸しをするなかで、自分の市場価値も把握しやすくなり、転職先選びでも迷うことが少なくなるでしょう。

転職目的を明確にする

30代男性の転職は、人生で最後の転職になることが多いです。明確な目的もなく転職すると、転職後にミスマッチを起こし、再度転職を考えるようになるかもしれません。

ミスマッチを防ぎ、転職を成功させるためには、転職後に何をしたいのかを明確にしましょう。明確な目的があれば転職先選びでも条件を設定しやすく、転職後のキャリアアップも期待できます。

転職の目的を達成するために、転職先に求める条件にも優先順位をつけるとより効果的です。

中長期のキャリアプランを検討する

30代で転職する場合、長ければ30年、短くても20年は同じ会社でキャリアを積むことになるでしょう。転職後にどんなキャリアプランにしたいのか、中長期で計画を考えてください。

あまり細かく設定する必要はありませんが、1年・3年・5年・10年などの大まかな区切りでプランを立てましょう。なりたい自分をイメージしておくことで、目標達成とモチベーションの維持にもつながります。

自己分析と企業研究を徹底する

新卒・第二新卒や20代の転職にくらべて、30代男性の転職は自己分析と企業研究が重要になります。数多くの企業のなかから、なぜその企業を選んだのか、自分の適性や長所・短所などを客観的に分析しましょう。

30代はもはや先輩や上司から教えてもらう立場ではありません。そのため、受け身ではなく自発的に動ける人ほど高く評価されます。たとえ未経験分野への転職だったとしても、自分から学ぼうとする積極性をアピールすると効果的です。

企業研究についても必要な知識を調査しておけば、人事担当者に好印象を与えられるでしょう。

転職エージェントに登録する

30代男性の転職は、20代にくらべて採用のハードルが高いことは確かです。1人で転職活動を進めると、効率的な進め方がわからず、プライベートの時間も転職活動にあてることになります。

1人での転職活動は、肉体的負担もさることながら、非効率的でもあるため、転職エージェントに登録するのがおすすめです。転職エージェントはさまざまな企業や業界に精通しており、あまり知られていない内部情報を入手していることもあります。

履歴書の添削や面接練習、各種日程調整、転職先との年俸交渉まで行ってくれるため、忙しい30代男性にもおすすめの無料サービスです。

利用する際は、1社に限定するのではなく、2〜3社を併用しましょう。担当者との相性もありますから、自分に合った転職エージェントを選ぶこともポイントです。

30代男性の転職におすすめの転職エージェント8選

30代男性の転職を成功させるには、転職エージェントの活用も鍵になります。30代男性が利用する際におすすめのサービスを8種類ご紹介いたします。

リクルートエージェント|総合型転職エージェントの定番

公式サイトhttps://www.r-agent.com/
公開求人数40万6,795件(2023年7月時点)
非公開求人数30万2,778件(2023年7月時点)
対応地域全国・海外
エージェントのタイプ総合型エージェント

リクルートエージェントは、転職業界最大手のリクルート社が運営する転職エージェントサービスです。総合型の転職エージェントとして、幅広い業界、職種の求人を掲載しています。

20代から30代まで、幅広い年代の転職をサポートしており、実績もトップクラスです。リクルートエージェントだけの非公開求人数も多く、転職者の8割がサービスを利用しているとされています。

さまざまな求人をバランスよく探すなら、リクルートエージェントに登録するのがおすすめです。

doda|2023年の顧客満足度No.1のサービス

公式サイトhttps://doda.jp/
公開求人数20万3,289件(2023年7月時点)
非公開求人数3万4,920件(2023年7月時点)
対応地域全国・海外
エージェントのタイプ総合型エージェント

パーソルキャリアが運営するdodaも、転職業界では大手のサービスです。2023年の顧客満足度No.1を獲得しており、利用すれば手厚いサポートが期待できます。

特徴は同社が提供する転職エージェントと転職サイト、どちらも利用できる点です。自分で転職先を探したいときは転職サイト、キャリアアドバイザーの相談したいときは転職エージェントと使い分けられます。

充実したサポートで転職活動を進めたい30代男性は、dodaの利用をおすすめします。

マイナビエージェント|30代前半の転職に強いサービス

※マイナビのプロモーションを含みます。

公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
公開求人数4万5,889件(2023年7月時点)
非公開求人数1万7,987件(2023年7月時点)
対応地域全国・海外
エージェントのタイプ総合型エージェント

マイナビエージェントは、マイナビグループが運営する就職支援サービスです。総合型エージェントのなかでも、20代〜30代前半までの若手の転職に強みがあります。

登録者も34歳までの方が80%ほどを占めており、若手向けの求人を中心に扱っています。支社が北海道から福岡まで全国9箇所に置かれており、地方の求人も豊富な点が特徴です。

地方で転職先を探したいとお考えの30代男性は、マイナビエージェントの利用がおすすめです。

パソナキャリア|30代のハイクラス転職におすすめ

公式サイトhttps://www.pasonacareer.jp/
公開求人数3万5,821件(2023年7月時点)
非公開求人数非公開(総求人数の61.0%)
対応地域全国・海外
エージェントのタイプハイクラス特化型

パソナキャリアは、パソナグループが運営するハイクラス特化型の転職エージェントです。ハイクラス向けの求人を豊富に扱っており、キャリアアドバイザーも専任で経験豊富な人材が集まっています。

30年の運営実績があり、年収アップ率61.7%の好成績を残しています。30代からの転職は年収減少がネックですが、パソナキャリアなら年俸交渉も安心して任せられるでしょう。

非公開求人の多くが年収700万円以上となっており、転職で高年収を目指したい30代男性におすすめのサービスです。

ビズリーチ|スカウト型のハイクラス特化転職エージェントサービス

公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
公開求人数8万6,967件(2023年7月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国・海外
エージェントのタイプハイクラス特化・スカウト型

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営するスカウト型の転職エージェントサービスです。特徴は登録の際にプロフィールを記入することで、企業から声がかかるスカウト型である点です。

求人は管理職や専門職を中心としたハイクラス求人が中心で、高年収の方ほどスカウトされやすい仕組みになっています。ハイクラス求人からのスカウトになるため、転職により年収の大幅上昇が見込めます。

JAC Recruitment|外資系・グローバル企業への転職に強み

公式サイトhttps://www.jac-recruitment.jp/
公開求人数8万6,967件(2023年7月時点)
非公開求人数非公開
対応地域北関東(群馬/栃木/茨城/埼玉)・神奈川・愛知・静岡・大阪・京都・兵庫・中国エリア(広島/岡山)・福岡・海外
エージェントのタイプハイクラス・ミドルクラス転職エージェント

JAC Recruitmentは、ハイクラス求人が多く、外資系やグローバル企業の求人に強い転職エージェントサービスです。海外企業の求人を多く取り扱っていることから、キャリアコンサルタントは英文のレジュメも添削してくれます。

また、キャリアコンサルタントが企業と直接やりとりを行うため、転職支援を1人の担当者に任せられ、企業情報を得やすい点も特徴です。

年収500万円以上で、外資系のハイクラス求人を探したい方は、JAC Recruitmentがおすすめです。

ミドルの転職|30代以上のミドル層に特化した転職エージェントサービス

公式サイトhttps://mid-tenshoku.com/
公開求人数16万9,749件(2023年7月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国・海外
エージェントのタイプスカウト型・総合型エージェント

ミドルの転職は、名前の通り30代・40代のミドル層を対象に、経営幹部や部長クラスのハイクラスへの転職に特化したサービスです。スカウト型で全国の求人に対応している点が特徴です。

求人数は他のスカウト型よりも多く、大企業の幹部職を含む優良求人を多数取り扱っています。30代以上の男性で、年収1,000万円以上を目指したい方におすすめです。

type転職エージェント|30代からのIT業界転職におすすめ

公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
公開求人数2万9,229件(2023年7月時点)
非公開求人数1万8,563件(2023年7月時点)
対応地域全国(ただし関東圏中心)・海外
エージェントのタイプIT・営業特化型ハイクラス転職エージェント

type転職エージェントは、IT業界や営業職、マーケティング職を中心に求人を取り扱っているサービスです。東京・神奈川・千葉・埼玉などの関東圏を中心に紹介しているため、求人数は少なめです。

一方、独自の非公開求人を多数取り扱っており、type転職エージェントでしかみつからない求人もあります。関東の都市部でITエンジニアや営業職に転職したい方は、type転職エージェントがおすすめです。

30代男性が転職活動でアピールしやすいポイント

30代男性が転職活動でアピールするなら、企業が求めているスキルや条件を意識しましょう。本項では、転職活動でアピールする際に、有利になるポイントを紹介いたします。

マネジメントやリーダーシップの経験

30代男性は社会人として10年程度の経験があり、なんらかの責任ある立場を経験した方が多いです。マネジメントやリーダーシップの経験があれば、転職でアピールすると効果的です。

マネジメントやリーダーの経験がなければ、新人や後輩の指導係、研修の指導者経験でも構いません。人の先頭に立ち、導いた経験があればアピール材料になります。

ただし、30代後半になると、豊富なマネジメントスキルが求められますから、年代によってアピール方法を変更しましょう。

社会人生活で築いた人脈

30代後半まで社会人経験があれば、私生活や仕事でさまざまな人脈を築いてきたはずです。企業が求める人材とは、仕事の能力だけでなく、人脈の広さやつながりの深さ、企業の利益につながる有益なパイプを持つ人です。

直接的にアピールするのは、相手に嫌らしい印象を与えかねません。どの業界と仕事経験があるのかなどをさりげなく伝えましょう。転職先が求める人脈とマッチすれば、採用率が大幅に向上します。

コミュニケーション能力の高さ

平成30年に厚生労働省が発表した平成30年若年者雇用実態調査の概況によると、対象企業の7割以上が若年労働者にコミュニケーション能力を求めています。

この結果から、企業が正社員採用する際に求めるのは、技能や経験以上にコミュニケーション能力であるとわかります。仕事は多くの社員が連携して進めていくものです。

経験や技能が重要なことは当然ですが、30代男性にふさわしいコミュニケーション能力も転職ではアピール材料になります。

参考:厚生労働省 平成30年若年者雇用実態調査の概況 P7 (2)正社員の採用選考にあたり重視した点

学習意欲の高さ

30代男性は安定を求める傾向があります。しかし、転職活動では学習意欲の高さやチャレンジ精神が高い人ほど評価されます。

平成30年若年者雇用実態調査の概況では、企業の約8割が職業意欲・勤労意欲・チャレンジ精神のある人材を重視しています。

30代男性の転職を成功させるには、学習意欲や勤労意欲のアピールが欠かせません。

【まとめ】30代男性の転職は早いほど有利

転職市場において、30代男性の価値は非常に高いです。20代にくらべて経験豊富で、専門技術に特化した年代として企業からも重宝されます。

一方で、30代前半と後半では求められるスキルやレベルが変わるため、転職後のキャリアを考えるなら、少しでも早く転職する方が有利です。

仕事と家庭のワークライフバランスを検討しながら、働きがいのある企業への転職を成功させましょう。

転職エージェントおすすめ3選!

ここでは転職活動をする上でチェックすべき転職エージェント(おすすめの転職サイト)をご紹介します。転職エージェントを利用することによって、通常の転職活動では見つけられないような非公開求人を紹介してもらえたり、転職に関する豊富な知識と経験を持つコンサルタントによるサポートが受けられるなど、さまざまなメリットがあります。転職エージェントを上手に活用して、理想の転職を叶えましょう!

リクルートエージェント

圧倒的知名度を誇る「リクルートエージェント」。転職成功No.1の実績を持ち、厳選した21万件以上の非公開求人から提案してくれます。さらに、専門コンサルタントがフルサポートと充実したサービスを受けることができます。なかなか言づらい年収や条件、入社日程などの交渉を代行してくれるため、希望の転職先が見つけやすいのも魅力です。無料で利用できるので、迷ったらまずは相談してみるのがおすすめです。今すぐ転職したい方はもちろん、転職するかどうか迷っている方でも無料で気軽に相談可能です。

doda

doda」は、転職に関する情報が満載の転職サイトです。求人数はなんと20万件以上!多種多様な求人から探せるので、あなたの希望のお仕事がきっと見つかります。転職活動をする上でわからないことや困ったことが起きた時に気軽に相談できるのも魅力です。また、転職のノウハウが学べるセミナーや、選考前に企業と話せるイベントなど、転職活動に役立つさまざまなサービスを提供しているので、初めての転職でどう進めればいいのかわからないという方にもおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント」はオリコン顧客満足度調査において、満足度総合No.1を獲得した転職支援サービスです。各職種の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが求人紹介から内定まで一貫してサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心して利用できます。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報を教えてくれます。なんと転職後の年収UP率は驚異の61.1%!WEB面談や電話でも対応してくれるので、直接会わなくても気軽に相談することができます。

企業の採用業務を効率化するなら【GMOサイン】

新卒や中途採用の募集業務、契約業務を紙で行っている企業担当者の方は、GMOサインでペーパーレス化を進めてみませんか。

契約業務を一元化できるCLMサービスなら【契約レビューパック】

契約レビューパックは、文書の草案から決裁者の承認、電子署名と文書管理まで一元化可能な、契約業務のCLM(契約ライフサイクルマネジメント)サービスです。

「他社のサービスはフィードバックが通知されない」「緊急性の高い案件がわかりにくい」「従来の文書管理ツールは機能がバラバラで使いにくい」などの悩みも、契約レビューパックならすべて解決できます。

業務フローに沿って運用すれば、契約業務のすべてに対応可能です。また、初めて導入する企業様には、運用コンサルティングや説明、各種設定サポートも行い、全面的にバックアップいたします。

まずは約1カ月間のお試しフリープランで利用していただいてから、ぜひ導入をご検討ください。

\ 月額料金&送信料ずっと0円 /

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次