MENU

スマートコントラクトとは? 概要やメリット、活用事例を紹介

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

現代ではインターネットの普及により、電子取引も当たり前になってきました。電子取引では、仮想通貨取引がとくに有名ですが、この取引を記録する手法として取り入れられたブロックチェーン技術は、現在多くの業界で活用されています。

そんなブロックチェーン上のプログラムとして注目されているのが、スマートコントラクトです。当記事ではスマートコントラクトについて、概要やメリット、活用事例をあわせて紹介します。電子契約がスマートコントラクト技術によって今後どう変わっていくのか、気になる方はぜひチェックしてください。

目次

ブロックチェーン上の技術スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で自動的に実行されるプログラムのことを指します。プログラムにあらかじめ決められたルールを記述しておくと、その条件が満たされた時に、契約や取引が自動的に承認されます。

規定の金額を投入して、ボタンを押すことで商品が出てくる自動販売機は、売買契約が自動処理されています。これを電子上で行っているのが、スマートコントラクトと思えば良いでしょう。

ブロックチェーン

スマートコントラクトを理解するためには、ブロックチェーンについて知っておかなければなりません。

ブロックチェーンとは、暗号技術を用いて取引の履歴を1本の鎖のようにつなげ、正確に記録するための技術です。この仕組みと分散ネットワークという性質から、ブロックチェーン技術を用いたデータの改ざんは、極めて困難とされています。ブロックチェーン技術は、そのセキュリティ性の高さから、仮想通貨以外への導入も進められています。

スマートコントラクトのメリット

電子契約を条件に基づいて自動で行ってくれるスマートコントラクトには、さまざまなメリットが存在します。

契約におけるコスト削減

契約方法を紙媒体から電子契約へと移行した時点で、押印や郵送などの手間は省け、コスト削減になっています。電子契約の自動化によって、人の手が介入する場面が減り、さらなるコスト削減が期待できます。自動で契約できるため、素早く締結まで進められるのもメリットです。

人的ミスの防止

スマートコントラクトでは、決められた処理を自動で実行するため、人間による確認ミスがなくなります

人間同士の契約では、手続きが複雑になるほどミスも多く、金額次第でその損害も膨れ上がります。自動化による人的ミス防止で、より信頼性も高くなり、安心して取引先との契約にあたれるでしょう。

改ざん防止

紙でも電子でも、管理が不十分では、契約書を改ざんされてしまうリスクがつきまといます。しかし、スマートコントラクトはその性質上、データの改ざんが難しいといえます。また、透明性があり、第三者でも記録を確認しやすいため、セキュリティ性が非常に高いです。

契約をスムーズに行える

これまでの契約では、両者で話し合い、手作業によって各種手続きを実施するなど、締結までに段階を踏んでいたため、多くの時間と手間を要する場面も見られました。しかし、スマートコントラクトであれば、条件を満たすことで自動的に契約締結まで進むため、手間がかからずスムーズです。

あわせて読みたい
契約管理とは?効率の良い管理方法からセキュリティ対策まで解説 仕事を続けていると、取引先や顧客と契約を行う機会も徐々に増えてきます。契約を交わす場合は基本的に契約書を作成することになりますが、契約書で交わした内容には案...

スマートコントラクトの活用事例

スマートコントラクト技術は、そのメリットの多さから、さまざまな業界で取り入れられています。各業界での活用事例を紹介します。

金融業界

金融業界では、二者間での取引や決済、資産管理や支払い処理などの場面で、スマートコントラクトが導入されています。ブロックチェーンでは、取引履歴が公開されるため、透明性を確保でき、セキュリティ性を高く保つことが可能です。こうした金銭が絡む取引は、可視化により利用者の安心感も強くなるため、金融業界に多くのメリットをもたらします。

ゲーム業界

スマートコントラクトの技術はゲーム業界でも活用されています。なかでも、仮想通貨のEnjin Coinによるブロックチェーンゲームは有名です。ゲームをしながら仮想通貨を増やすなど、最近では仮想通貨と連動させたエンターテイメントも広がりつつあります。

不動産業界

不動産業界ではさまざまな契約が交わされます。これらも電子化が進んできており、その一環でスマートコントラクトの導入も始まっています。多額の金銭が関わる不動産取引では、厳重な本人確認が求められることが多くなっています。こうした複雑な手続きがすべてスマートコントラクトで自動化されることにより、大きく効率化を図れるようになるでしょう。

スマートコントラクトが残す課題

メリットが多く、導入が進められているスマートコントラクトですが、まだ発展途上のシステムでもあり、課題は数多く残されています。以下に、解決が注目されている課題を紹介します。

臨機応変な対応が困難

スマートコントラクトの技術は、データの改ざん防止に大きな効果がある一方、一度登録したデータを修正するのが難しいといった柔軟性の低さが課題になっています。セキュリティ性を高めるためには、データ変更を許容しないのがベストなため、どう臨機応変に対応可能とするかが課題のひとつです。

透明性の高さとプライバシー保護の相性

スマートコントラクトの技術は透明性が高く、データの信憑性のあることがメリットです。しかし、その分プライバシー情報を取り扱いづらいという課題もあります。プライバシー情報を載せてしまった場合、悪意ある第三者に利用されてしまう危険性もゼロではありません。スマートコントラクトの技術を、匿名のもとで活用できるようなプラットフォームの開発も現在進行中です。

明確な法律の整備

仮想通貨やブロックチェーン技術などは発展途上であり、法整備も十分に進んでいません。さまざまなリスクの観点から、公のシステムなどで実装することは警戒されている実情もあります。技術的な課題を明確にして、法整備を進めていくことが早急に求められています。

あわせて読みたい
契約不履行とは?問題発生時の対応と未然に防ぐための方法 契約を行ううえで、避けては通れない「契約不履行」。きちんと内容を理解していないと、万が一のトラブルがあったときの対処に困ってしまいます。ここでは、契約不履行...

スマートコントラクトはさらなる実用化に期待

スマートコントラクトは、電子化が進む現代をさらに発展させる技術として注目されており、さまざまな業界で導入が進められています。法整備や懸念点など、課題を残している部分はあるものの、将来的に多くのメリットをもたらしてくれる技術であるため、今後もさらなる実用化が期待されています。

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次