MENU

【完全ガイド】初心者が知るべき株式投資と新NISAの活用法

 

おトクなキャンペーン実施中【2024年8月31日まで】

2024年8月31日までのお申し込み限定で、GMOサインの「無料プラン」をご利用中の方が有料プラン「契約印&実印プラン」へプランアップしていただくと、お申し込み月を含めた2カ月分の月額基本料金・送信料が“無料”でご利用いただけます。

GMOサインをお得に利用開始できるチャンスですので、この機会をお見逃しなく!

\ 電子印鑑GMOサインの「無料プラン」をご利用中の方必見 /

おトクなキャンペーン実施中

2024年8月31日までのお申し込み限定で、GMOサインの「無料プラン」をご利用中の方が有料プラン「契約印&実印プラン」へプランアップしていただくと、お申し込み月を含めた2カ月分の月額基本料金・送信料が“無料”でご利用いただけます。

GMOサインをお得に利用開始できるチャンスですので、この機会をお見逃しなく!

世界では多くの人が将来に向けた資産形成を目指し、高い利回りを期待できる株式投資に注目しています。株式投資とは、企業の一部を所有してその成長や利益を共有する方法です。

特に2024年1月からは株式投資の特定の非課税制度として知られる「NISA」が、新たに進化した姿でスタートして注目されています。新NISAは長期的な資産形成を目指す方々にとって、利益の非課税化という大きなメリットをもたらす株式投資の方法です。

そこで本記事では、初心者向けに株式投資の基本から新NISAの効果的な活用方法まで詳しく解説します。年間の投資枠の拡大や、非課税期間の無制限化など新NISAの魅力について分かりやすくお伝えします。

目次

株式投資の基本

株式投資とは、企業の株式を購入してその企業の業績に応じた利益を得る投資方法です。しかし、株式投資には損失を負うリスク も伴いますので、利益を得られる反面損失を被る可能性を理解しておく必要があります。

株式投資のメリットとデメリット

株式投資には、以下のようなメリットがあります。

● 資本利得:企業の成長に伴い株価が上昇すれば、売却時に購入価格を上回る利益が得られます。
● 配当金:企業の利益を主に分配される形で受け取れる利益です。
● 流動性:公開企業の株式は、通常証券取引所で簡単に売買できます。

しかし、以下のようなデメリットも存在します。

●  価格変動リスク:市場の変動によって株価は常に変化しますので、予測不能な要素によって価格が下がる場合があります。
●  流動性リスク:取引量が少ない株式は売却が困難になるケースがあり、価格の影響を受ける場合があります。
● 情報に基づくリスク:情報が不足している場合には、不利な投資判断をしてしまう可能性があります。

株式投資におけるメリットとデメリットをそれぞれ理解して、安全性の高い投資を心がけましょう。

株式投資の基本用語

株式投資では、以下の用語を理解しておきましょう。

  • 株価:1株あたりの価格であり、市場の供給と需要によって決定されます。
  • 銘柄:株式市場における企業の株式を指し、各銘柄は独自の特性や価値を持ちます。
  • 配当:企業が利益を株主に分配することです。通常は現金で支払われます。
  • 投資信託:多くの投資家から集めた資金をプロのファンドマネージャーが株式や債券など様々な金融商品に分散投資する仕組みを指します。
  • リスク:予期しない市場の変動や特定の事象によって、損失が生じる可能性を意味します。
  • 市場価値:企業の総株式数と現在の株価を掛け合わせた総額で、企業の規模を示します。

新NISAとは

2024年1月にスタートした新しいNISAは、長期的な資産形成を国が後押しするための制度です。通常株式投資などから得られる利益には20%程度の税金(所得税と住民税を含む)が課されます。しかし、新NISAの枠内で行われる投資による利益は一定の条件の下で非課税となります。

そのため投資家はより多くの利益を手元に残すことが可能になり、効率的な資産形成を実現できるため、非常に魅力的な制度となっているのです。

新NISAの概要

新NISA制度とは、従来のNISAをベースにして、さらに利用者に有利な変更が施された制度です。非課税期間の無期限化や利用しやすい投資枠の設定など、長期投資を促進する特徴があります。この制度を活用することで、通常20%かかる投資利益の税金が免除されますので、資産の成長速度を加速させることができます。

NISAと新NISAの違い

新NISAは従来のNISAに比べて、税制面でのメリットが大幅に向上しています。特に非課税期間が無期限に拡張され、より柔軟な投資枠の選択が可能になった点が大きな違いです。そのため、投資家は時間をかけて資産を成長させることができ、将来にわたって安定した資産形成を目指すことが可能になりました。

つみたてNISANISA新NISA
対象者日本在住の18歳以上の人
非課税保有期間最大20年
(最長2042年まで)
5年間
(最長2027年まで)
無期限
制度の利用 1年ごとに「つみたてNISA」または「NISA」を選択NISA枠内で併用可能
つみたて投資枠 成長投資枠
年間投資枠40万円120万円120万円240万円
非課税保有限度額累計800万円累計600万円生涯投資枠1,800万円
1,200万円
(内訳)

新NISAの選び方

新NISA口座を開設する際には、各金融機関が提供する条件を比較することが重要です。手数料や取り扱い商品の多様性、サポートの質など自分の投資スタイルに最も合った金融機関を選ぶことが肝心です。また非課税の恩恵を最大限に活用するために、自身の投資計画に合わせた適切な枠を選択することにも気をつけましょう。

新NISAのメリットとデメリット

新NISAには多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。うまく新NISAを利用するために、メリットとデメリットをそれぞれ把握しておきましょう。

メリット

新NISAのメリットは以下の通りです。

● 長期的運用が可能
● 非課税枠の再利用が可能
● つみたて投資枠と成長投資枠の併用

それぞれ詳しく解説します。

長期的運用が可能

新NISA制度は長期的な資産運用を進める国の理念から、非課税期間が無期限化されています。そのため非課税期間の終了を気にすることなく、時間をかけて資産を成長させることが可能となり、将来のための安定した資産形成が期待できます。

非課税枠の再利用が可能

新NISAでは、非課税保有限度額は1800万円までと設定されています。またNISA枠で購入した商品を売却した場合、翌年以降にその売却した枠を再利用して、同じ商品をNISA枠で再度購入することができます。このように、より柔軟な資産運用戦略を立てることができるのです。

つみたて投資枠と成長投資枠の併用

2023年以前のNISAでは、通常の「NISA」と「つみたてNISA」のどちらにするのか年度途中で変更することができず、また併用することもできませんでした。しかし、新NISAでは定期的な積立投資と個別の成長投資を組み合わせることができるようになりました。そのためリスクを分散しつつ、長期的な資産増加を目指すことが可能になりました。

デメリット

新NISAのデメリットは、以下の通りです。

● ロールオーバー不可
● 元本割れリスク、損益通算不可

それぞれ詳しく解説します。

ロールオーバー不可

ロールオーバーとは、「乗り換え」を意味します。2023年以前に運用しているNISAと新NISAは分離されるので、旧式NISAで運用している資産をそのまま新NISAにロールオーバーすることはできません。2023年以前に運用しているNISAを新NISAにロールオーバーする場合には、一度売却してから新NISAで新しく商品を購入する必要があります。

元本割れリスク、損益通算不可

新NISAを利用しても、投資元本が保証されるわけではありません。また損益通算や他の収入との相殺ができないため、投資のリスク管理には注意が必要です。

株式投資の始め方

株式投資は適切な知識を備えてから始めることで、将来の資産形成に大きく貢献する可能性があります。そこで証券会社での口座開設の方法と、初心者におすすめの銘柄選びのコツを紹介します。

証券会社での口座開設と手続きについて

証券会社での口座開設は、株式投資を始める第一歩です。インターネット証券会社を利用する場合、オンラインで簡単に申し込みが可能です。

主に必要な書類は、以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • マイナンバー確認書類
  • 銀行口座

手続きを完了して口座が開設されれば、いよいよ投資を開始できます。

初心者向け銘柄選びのコツ

銘柄選びは、投資の成功において非常に重要な要素です。初心者の場合、以下のポイントを意識しましょう。

● 分散投資:リスクを管理するために、複数の銘柄や業界に分けて投資する方法が基本です。
● 長期的な視点:短期的な価格変動に焦らずに、長期的な成長が見込める企業に注目しましょう。
● 自分の興味のある業界や企業を選ぶ:関心のある分野の企業は情報収集や分析が楽しくなりやすいので、モチベーションが維持できます。

株式投資を始めるにあたって、正しい知識と準備は不可欠です。証券会社での口座開設手続きを済ませて適切な銘柄選びを行えば、賢く投資を始められるでしょう。

あわせて読みたい
【株式投資の始め方】株の買い方・口座開設の流れ・投資方針を解説!リスクや対策についても紹介 2023年5月に三井住友カード株式会社が20代の若者1,000方を対象に行った調査によると、20代の約3割が投資を行っています。また「現在はしていないが、近いうちにしたいと...
あわせて読みたい
株式投資入門|初心者でも気軽に始められる株式投資のコツやメリット/デメリットも解説 将来のために資産形成を始めたい、経済的な自由を手に入れたいと考えたことはありませんか?株式投資は、多くの人々にとって魅力的な資産運用方法の一つです。そこで本...

新NISAで株式投資を始めるには

新NISA制度を活用すれば、株式投資における税金の負担を軽減して、長期的な資産形成を目指すことが可能です。そこで、新NISA口座での効果的な投資戦略と利用時の注意点について解説します。

新NISA口座での投資戦略

新NISA口座を最大限に活用するための投資戦略では、以下の点を考慮することが重要です。

  • 長期的な視野:新NISAは長期的な投資向けの制度です。そのため短期的な利益追求ではなく、長期的な成長が見込める銘柄を選びましょう。
  • 分散投資:投資リスクを軽減するために、複数の銘柄にわたって投資することが重要です。特に新NISAでは、非課税利益を最大化するためにバランスのとれた組み合わせを構築しましょう。
  • 定期的に組み合わせの見直し:市場の変動によって、投資先の状況は常に変わります。そのため定期的に商品の組み合わせを見直し、必要に応じて調整を行うことが重要です。
あわせて読みたい
株式投資の勉強は何から始める?|勉強方法をご紹介。成功のためにあった投資スタイルを選ぼう 株式投資を始めたいけれど不安があり、その上何から勉強すれば良いのかわからない。このように、株式投資の勉強は何から始めるべきなのか分からない方が多いのではない...

新NISA利用時の注意点

ただし新NISAを利用する際には、以下の点に注意することが重要です。

● 非課税枠の限度枠の確認:新NISAには年間の非課税枠が設定されています。この枠を超える投資は通常の税率が適用されるため、枠内で効率的に投資を行いましょう。
● 選択したプランの変更:一度選択した新NISAのプランは、期間中の変更が限られています。そのため、投資目的や戦略に合ったプランを慎重に選びましょう。
● 元本割れのリスク:株式投資にはリスクが伴います。新NISAを利用しても元本が保証されるわけではないため、投資は自己責任で行う必要があります。

株式投資に役立つツール

株式投資を成功させるためには、正確な情報や分析ツールが欠かせません。そこで、株式投資をサポートする役立つツールを紹介します。また知識を深めるための方法もお伝えしますので、ぜひご覧ください。

株式投資をする上で役立つツール

株式投資では情報が非常に重要なので、収集に役立つツールなどを紹介します。

● 証券会社
大手証券会社では、独自の分析ツールや市場データを提供しています。これらは投資判断において大きな参考となります。

● 投資情報サイト
ウェブでは、多くの投資情報サイトが有用な市場分析や企業情報を提供しています。リアルタイムの情報配信や様々な投資家との情報交換など多くの使い道があります。

 投資管理アプリ
アプリでは、株式投資で保有する資産や銘柄を正確にチェックできます。そのため、資産管理や投資計画の立案に役立ちます。

株式投資や新NISAに関する知識を深めるための方法

● 書籍
書籍では、基本的な株式投資に関する知識や新NISAの上手い使い方など基本から応用まで幅広くカバーしています。

● オンラインセミナー
証券会社などでは、投資に関するオンラインセミナーが提供されています。初心者から上級者まで、自分のレベルに合った学習が可能です。

新NISAを使って株式投資をうまく行いましょう

本記事では、株式投資と新NISAの活用法について分かりやすく解説しました。株式投資にはメリットとリスクが伴います。しかし、基本的な用語を理解して適切な戦略で臨めば、将来の資産形成に大きく貢献する手段となり得ます。

また新NISAは、長期的な視野で資産を増やしたい人にとって、非課税で投資ができる大きなチャンスです。非課税枠の再利用が可能であり、長期的運用やつみたて投資枠と成長投資枠の併用など様々な魅力があります。

ぜひ新NISAをうまく使って、株式投資をうまく進めていきましょう。

あわせて読みたい
株式投資を始めるなら、今がおすすめ!|初心者向け株式投資スタートガイド 東京株式市場において、日経平均株価がバブル経済期を超える史上最高値を更新したニュースをご存じでしょうか。現在日本の株式市場では、経済のデフレ脱却期待や好調な...
あわせて読みたい
【初心者向け】10万円の資金で始める株式投資|失敗しないための4つのポイント 10万円で株式投資を始めたいけど、失敗が怖い… と思っていませんか? そんな初心者の方のために、失敗を避けるための4つのポイントをまとめました。 この4つのポイント...

 

おトクなキャンペーン実施中【2024年8月31日まで】

2024年8月31日までのお申し込み限定で、GMOサインの「無料プラン」をご利用中の方が有料プラン「契約印&実印プラン」へプランアップしていただくと、お申し込み月を含めた2カ月分の月額基本料金・送信料が“無料”でご利用いただけます。

GMOサインをお得に利用開始できるチャンスですので、この機会をお見逃しなく!

\ 電子印鑑GMOサインの「無料プラン」をご利用中の方必見 /

おトクなキャンペーン実施中

2024年8月31日までのお申し込み限定で、GMOサインの「無料プラン」をご利用中の方が有料プラン「契約印&実印プラン」へプランアップしていただくと、お申し込み月を含めた2カ月分の月額基本料金・送信料が“無料”でご利用いただけます。

GMOサインをお得に利用開始できるチャンスですので、この機会をお見逃しなく!

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次