MENU

画像生成AIを導入するメリットや活用事例を紹介!起こりうるリスクについても解説

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

画像生成AIのツールは、サービスによって商用利用が不可となっていたり著作権についても細かく条件があったりしますので、ご自身でお調べの上ご利用ください。

メディアでもしばしば画像生成AIが取り上げられています。デザイナーが実際に手掛けたものと比較しても、決してそん色ないレベルの画像を作り出せるレベルに到達しているほどです。

今後画像生成AIは、私たちの生活に密接にかかわってくる可能性が高いでしょう。

目次

画像生成AIが今注目を集めているのはなぜ?

画像生成AIは、なぜ注目されているのでしょうか。高い注目を集めていることには、いくつかの理由があります。

Stable Diffusionが一般向けに公開されたから

画像生成AIがにわかに注目を集めるようになったのは、Stable Diffusionが理由いわれています。Stability AIは、イギリスのAI開発メーカーが手掛けているサービスですが、一般向けに公開もされています。一般への公開により、一気に私たちに身近な存在になったわけです。

Stable Diffusion以前にも画像生成AIは存在しています。しかし、ベータ版などの限定公開だったり、有料でしか利用できなかったりと制約がありました。しかし、Stable Diffusionは、無料で利用できます。しかも生成された画像は商用利用も認められたのです。その結果、世界中の企業が導入を目指しました。

将来性も高く期待できる

画像生成AIは、将来性も十分期待できる領域とみられています。画像生成AIに限らず、AI自体の市場規模は今後どんどん拡大していくとみられています。

2021年の国内におけるAI市場の規模は約2,800億円といわれています。これが2026年には、8,120億円規模になると見込まれています。つまり5年間で、約3倍に市場規模が拡大する見込みです。しかも2021〜26年の5年間の年間平均成長率が24.0%という予測も出ています。

【参考】IDC Japan:国内AIシステム市場予測を発表

このようなデータを見ても、AI市場、ひいては画像生成AIも当面の成長が見込まれています。成長性の高さも、現在画像生成AIが注目を集めている理由の一つです。

かんたんに画像生成できるのも魅力

画像生成AIが注目を集めている理由として、だれでもかんたんに扱えるところも無視できません。通常システムを使いこなしたり、デザインを作ったりする際にはプログラミング言語などの専門知識やスキルが要求されます。

しかし、画像生成AIを使って画像を作るのに、専門スキルは何も必要ありません。ただ単に作ってほしい画像のイメージや条件などをテキストで入力するだけです。パソコンのキーボードを操作する程度の技術があれば、使いこなせるわけです。しかもテキストを入力すれば、数十秒程度で注文の画像やイラストが作れます。

このような使い勝手の良さも、画像生成AIが注目を集めている背景として存在します。

画像生成AIを導入するメリット

画像生成AIが注目を集めているのは、かんたんにいえば活用することでメリットを享受できるからです。しかも多角的な恩恵を受けられる可能性があるので、多くの企業が画像生成AIの導入を始めたり、本格的な検討を始めたりしているわけです。

作業の効率化

先ほども紹介したように、画像生成AIはテキストを入力すれば数十秒で希望する画像やイラストが生成されます。つまり、画像を作るにあたっての時間を大幅に短縮できるわけです。イラストやデザインの作成効率が飛躍的に向上するため、スタッフを別の作業に割り振ることもできます。

人間の場合、その日の体調などによって、画像作成にかかる時間も出来もムラが生じがちです。しかし画像生成AIであれば、いつでも同じようなクオリティの画像を常に作り出してくれます。作業効率だけでなく、高いパフォーマンスを維持できるのも魅力の一つです。

考え付かなかったアイデアを生み出す可能性

画像生成AIであれば、私たち人間のような常識や先入観などのしがらみがありません。このため、人間がこれまで考えもつかなかったような画期的な画像やイラストが作成できる可能性があります。これも画像生成AIを導入するメリットの一つです。

画像生成AIは、これまでになかったシチュエーションでも要求すればそれにマッチした画像を作り出してくれます。たとえば、ネットで紹介されていた画像として、「新宿の街並みを歩くサングラスをつけたパンダ」があります。このような組み合わせは、私たち人間ではなかなか思いつかないシチュエーションです。このように斬新な画像を作りたければ、画像生成AIを使ったほうが良いでしょう。

また、画像生成AIは一つのテキスト入力で、画像やイラストを複数生成できるのもメリットの一つです。しかも数分単位の早さで、複数の候補を提供してくれるため、より自分たちのイメージに近い画像を選択できるのもメリットといえます。

操作性が高い

画像生成AIは、予備知識のない人でも手軽に使いこなせます。この優れた操作性もメリットの一つです。画像のイメージを入力すれば良いため、スマホやパソコンを普段から使用している人ならだれでも活用できます。

画像生成AIの中には、チャット形式で画像を生成してくれるサービスもあります。このようなサービスであれば、友達や家族とLINEする感覚で、画像生成が可能です。このような手軽さも魅力の一つといえるでしょう。

画像生成AIの活用事例を紹介

画像生成AIは利便性の高さが魅力ですが、実際にどのような場面で使えば良いかわからない人もいるでしょう。しかし、画像生成AIはいろいろなシチュエーションで重宝するツールです。

サイト制作

今ではどの企業や店舗でも、ホームページを開設している場合が多くなっています。このWebサイトの制作時に、画像生成AIを利用するのはおすすめの手段です。

画像生成AIを使用すれば、サイト内の画像やイラストをかんたんに生成できます。テキストだけよりも画像やイラストの入っているサイトの方が見やすいです。目立つため、目につきやすく、アクセス数も増えるでしょう。また、画像生成AIを使用すると、Webレイアウトなども作ってくれます。ホームページ作りのほとんどを画像生成AIに任せられるわけです。

ゲームやアニメ制作

ゲームやアニメは、世界中で人気のコンテンツです。画像生成AIを活用すれば、オリジナルのゲームやアニメをかんたんに制作できます。

たとえば、ゲームの場合であれば背景やアイテム、オブジェなどの作成に画像生成AIを用いるとスピーディにイメージ通りのものを作ってくれます。ただし、キャラクターの表情や動きなど細部にわたって指示を出さないといけないものに関しては苦手です。

もっとも、苦手なのは現時点での話で、AIが学習すればきれいでスムーズな動きのできるキャラクターを生成できるようになるかもしれません。現時点でもキャラクター以外の部分を画像生成AIに任せて、余ったリソースをキャラづくりに回す形で作業効率の向上が見込めます。

アニメの場合、ラフ画を作成する際のサポートや着色作業で画像生成AIを活用するケースが増えています。さらに画像やラフ画をアップロードすると、自動的にイラストを作成できるような画像生成AIサービスも出てきています。このことにより、オリジナルのアニメ作品が迅速に作成できるわけです。

CM制作

実際のCM制作の世界でも、画像生成AIは活用されています。実例として、コカ・コーラのCMで画像生成AIが使われています。美術館を舞台にして、展示されているいろいろな名画の中にコカ・コーラが登場するCMを見たことはありませんか? このCMは、画像生成AIメインで作成されています。

また、キンチョールのCMにもAI技術が使われているといわれています。まず画像のアイデアを制作し、これをブレストする手法です。その結果、今までとは全く異なる新しいテイストに仕上がって話題になりました。

インテリアデザイン

画像生成AIは、インテリアデザインの世界でもすでに導入されています。無料で使用できるStable Diffusionなどは実際に現場で使われています。

Stable Diffusionには、DepthGuidedと呼ばれるモデルがあります。こちらのモデルでは、画像の奥行きを推測する機能が搭載されています。このため、奥行きのあるインテリアデザインが可能です。従来のソフトと比較して、よりリアルなデザイン案を提示できるわけです。

そのほかにINTERIOR AIと呼ばれるツールも、インテリアデザインの世界でしばしば導入されています。なぜインテリアデザインの世界で、INTERIOR AIが重宝されているのでしょうか。それは部屋の写真をツールにアップロードすることで、インテリアデザインのアイデアを自動的に提示してくれるからです。また、異なるスタイルのインテリア案も提示してくれるので、スピーディかつさまざまなアイデアが出てくるわけです。

画像生成AIのリスクを理解しよう

画像生成AIはメリットのある半面、リスクもあるといわれています。特に注意しなければならないのが、知的財産権侵害のリスクがある点です。

画像生成のためには、AIにさまざまな画像を学習させなければなりません。しかし、学習状況によっては、オリジナル作品に酷似したものが出てくる可能性もあります。

また、だれでもかんたんに画像を作れてしまうことにより、これまで画像を作成していたクリエイターの仕事を奪う可能性も懸念されています。これまでクリエイターが担ってきた作業を、画像生成AIがかんたんかつ迅速に行うため、AIを重宝する人も多くなるでしょう。

このような問題点をどう克服するかが、今後の画像生成AIの課題といえます。

まとめ

画像生成AIの登場によって、だれでも思い通りの画像やイラストを制作できるようになりました。しかも数秒で画像を作ってしまうので、作業効率性は飛躍的に向上するとみられています。

著作権侵害の問題やクリエイターとの兼ね合いなどクリアしなければならない課題もありますが、今後順調に成長し続ける注目のマーケットであることは間違いありません。

GMOサインのAIに関する取り組み

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次