MENU

AIに向いている業務は?本当に業務効率化できる?AI活用のメリットや具体例を徹底解説!

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

AI技術を利用するにあたっては、注意点もございます。
リスクを理解した上でご利用されることを推奨いたします。

現代ではAIはパソコンを使った業務に限らず、様々な業務で広く活躍しています。物流や建設業など実際の現場で多く使われていますので、具体的な活用事例について詳しく解説します。

AIを使っていない企業でも、AIをうまく利用できる方法があるかもしれませんので、ぜひ参考にしてください。

目次

そもそもAIとは?

AIという言葉を耳にしたことがある方も多いかと思いますが、そもそもAIとは「Artificial Intelligence」の略称であり、日本語では「人工知能」を意味します。その名の通り知的活動をプログラム上で再現したシステムであり、入力された情報に応じて人間のように考えて結果を出力する仕組みになっています。

AIの利用法は極めて多様であるため、活用したシステムや製品が多く開発されており、今後も伸びる分野であると期待されています。

AIがもたらすメリット

AIは人間のような知的活動を行うシステムであるため、従来人間が行ってきた作業をAIによって自動化できるメリットがあります。具体的にどのようなメリットがあるのか詳しく解説します。

ルーティンワークの代行

データの入力作業や分析作業などのルーティンワークでは、AIは人間よりも早く処理できるため、生産性の向上につながります。そのため従業員は判断力が求められる重要な業務に集中できるようになります。

効率的な資料作成

プレゼンテーションなどに使う資料作成では、情報の収集からデザイン加工まで多くのプロセスが必要となります。しかし、AIを使えば一連の作業をスムーズに行えるため時間や手間を大幅に省けるのです。

問い合わせの対応

ユーザーからの問い合わせの対応にもAIを活用できます。ユーザーから頻繁に寄せられる質問について回答を用意しておき、ユーザーの質問内容を分析したうえで最適な回答を返信します。そのため問い合わせ対応に割く人員を節約でき、コストカットも見込めます。

AIが役立つ業務

次にAIが役立つ具体的な業務についてご紹介します。企業の業種によってAIが活躍する範囲は異なりますので、自社に合った使い方をチェックしてください。

物流の在庫管理

物流の現場における在庫管理では、AI技術を応用した画像処理システムによって商品の個数カウントや検品などを自動化しています。物流系企業では大きな商品や膨大な量の在庫を取り扱うので、運搬や検品作業で人手がかかります。

そこでAIを導入して大幅に作業を効率化しているのです。また検品時に大きな商品を移動させる手間も省けますので、従業員の安全性を高めるメリットもあります。

建設業の不具合検知

建設現場等で設備の不具合を検知する業務でも、AIを応用すれば効率化できます。AIは現場における点検箇所の異常を高い精度で検知できるため、安全に点検作業を進められます。

また人による点検が難しい設備もAIは検知できるメリットがあり、システムによる素早い処理も可能であるため非常に有用です。

工事現場の点検業務

工事現場における道路等の点検業務でもAIが使われています。AIはひび割れなどの異常を高精度で検知できます。

そのため従業員が目視で実施している作業もAIに任せられるので、リスクアセスメントにも役立ちます。

AIは今後も様々な業界への参入が期待されている

AIは自律的に考えて行動できるシステムであるため、多くの分野に応用できるでしょう。また汎用的に使えるので、様々な業界への導入が期待されています。

一見AIと使う機会がないような企業でも、専門家などに相談すれば業務に役立つかもしれません。業務の改善などでお困りの方は、ぜひ一度AIの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

GMOサインのAIに関する取り組み

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次