MENU

電子レシートとは?消費者・企業双方のメリット・デメリット

  • URLをコピーしました!

従来の紙で発行していたレシートに代わり、電子レシートを導入する企業が増えています。2018年には経済産業省により電子レシート実証実験も行われました。電子レシートには、紙レシートにはないメリットが多くあるため、消費者・企業双方がメリットを受けられます。

セキュリティの懸念などのデメリットもありますが、紙から電子レシートへの切り替えはそれを上回るメリットが考えられます。今回は電子レシートとは何かを解説し、消費者と企業双方のメリットとデメリットを解説しました。

目次

電子レシートとは?

電子レシートとは、従来紙で受け取っていたレシート(購買データ)を電子データ化したものです。電子レシートはスマホ内に記録されることが想定されており、スマホアプリを使って電子レシートを受け取ります。

あらかじめスマホに電子レシートアプリをダウンロードしておき、会計の際にアプリを起動して、個人認証のためにレジでバーコード(またはQRコード)を読み取ってもらい、レシートを受け取ります。

電子レシートは経済産業省によって2018年に導入実験が行われ、さらに2020年6月にはPOSレジメーカーが小売店向けに、電子レシートシステムを無料で提供することを発表するなど、今注目が集まっています。

では、なぜ政府や民間企業は電子レシートの普及に積極的なのでしょうか。その理由は電子レシートを導入するメリットにあります。

電子レシートを導入するメリット

紙のレシートにはない電子レシートのメリットを消費者側、事業者側の立場から挙げてみましょう。

消費者側の電子レシートによるメリット

まず、電子レシートを使うことでペーパーレス化が可能になり、消費者の財布にレシートが貯まることもなくなります。また、レシートを紛失してしまうといったことも防げます。

電子レシートを使うことで、レシートは新しい生活のツールになると考えられます。例えば電子レシートを家計簿アプリや健康管理アプリ、SNSなどと連携させることで、家計簿の自動作成や、購入した食品のカロリーの自動計算といったことも可能になります。

また、電子レシートは検索機能で必要なレシートを素早く探すことができ、統計などを用いて自分の買い物の傾向を把握し、お金の使い過ぎを防ぐといったことも期待できます。

個人事業主であればレシートは経費支出の領収書となりますが、電子レシートは経費精算や確定申告のデータ化、集計、提出などに役立つ可能性もあります。

事業者側の電子レシートによるメリット

事業者側にも多くのメリットがあります。まず、発行するレシートの紙代や印紙代などの経費を削減できます。また、レシートのロール交換が不要になりますし、レジの混雑緩和や人件費の削減にも寄与すると考えられます。さらに電子レシートは、紙レシートには書き切れないような詳細情報を掲載することや、電子レシートアプリを通じて消費者に自社キャンペーンサイトを閲覧してもらえるといった使い方も考えられます。

そして電子レシートを受け取った消費者の合意を得ることで、大量の購買履歴データを蓄積することができます。このデータを使えば、購買履歴データから、ターゲットを絞り込んだセール情報の配信や有益な情報を提供するなど、マーケティングや販売促進戦略にも大いに役立つでしょう。

電子レシートを導入するデメリット

電子レシートには大きなメリットがありますが、デメリットも少なからずあります。ここでは消費者側と事業者側のデメリットをお伝えします。

消費者側の電子レシート導入によるデメリット

セキュリティの問題です。顧客である個人の購買履歴データは大切な情報のため厳重に管理されますが、ネットワーク上を行き来するため、第三者に情報が閲覧されてしてしまうなどの可能性がゼロとは言えません。

またレシートをすべて、スマホでまとめて閲覧できるはメリットと言えますが、見方を変えるとスマホを盗まれたり、中を見られたりすると、個人のすべての情報を見られてしまうことになります。スマホのセキュリティには一層気を配る必要があるでしょう。

事業者側の電子レシート導入によるデメリット

事業者側は電子レシートに対応したレジとシステムを用意する必要があります。すべてのレジが電子レシートに対応しているわけではありませんし、仮に電子レシートに対応しているレジがあるとしても、レジの機能が自社のシステムに連携できるとは限りません。

電子レシートを導入するためには、レジの入れ替えやレジの機能やシステムに合わせた業務フローの改善なども求められます。

付加価値が高い電子レシートは今後紙レシートに代わる

紙のレシートを電子レシートに変えれば、事業者にとっては、レシートの受け渡しや用紙代の削減、購買履歴データを活用したマーケティングなどのメリットがあります。また、消費者からしても、データとしてスマホで管理できるため、従来の紙のレシートのように、財布の中に貯まってしまうことも、わざわざ不要なレシートを受け取る手間がなくなります。さらに、電子レシートをSNSや家計簿アプリなどと連携させることで、レシートが生活により役立つものになるでしょう。

これらを実現するには、強固なセキュリティ対策や個人のスマホの管理、対応レジの導入なども求められますが、それ相応かそれ以上のメリットがあるため、今後電子レシートが紙のレシートに代わる日もそう遠くないと考えられます。

▶関連記事:デジタルトランスフォーメーションの取り組みについて解説

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
資料請求チャート
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次