MENU

電子署名は本当に安全?真正性の重要性や証明方法について詳しく解説!メリットや注意点も紹介

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

近年ではビジネスで電子契約が導入する企業が増えており、電子署名が用いられるケースが一般的になりつつあります。しかし、電子契約ではwebでやり取りする相手が取引先本人であるかどうか厳重に確認する必要があります。

そこで本記事では、電子署名を真正性を証明するための方法や技術について詳しく解説します。

目次

電子署名には真正性が重要である理由

対面で行う契約では、取引先が目の前で署名押印するため、真正性を疑う必要はありません。しかし、電子署名では相手が本人であるかどうかや契約書が取引先や当方で作成した正しい内容であるかを確認するために真正性が求められています。

もし第三者など外部の人間と契約してしまったり、契約内容が改ざんされていたりした場合には、多大な損害やトラブルを招きかねません。そこで電子署名では、真正性を証明するための本人確認や契約内容の真実性が重要なのです。

電子署名の真正性はどのように証明されるのか

電子署名を行う人間が本人であることを確認できれば、その電子署名の真正性が証明できたと言えます。そのため、真正性の証明においては本人確認をどのように行うかがとても重要です。そこで、電子署名の真正性を証明する方法について詳しく解説します。

最もポピュラーな方法は電子サイン

電子署名の真正性を証明する方法には、電子サインが最も多く使われています。身近なシーンでも用いられており、PCにマウスでサインしたりタブレットからタッチペンでサインしたりする作業が電子サインに分類されます。

ただし、電子サインは主に本人の同意を得たという意思表示を確認するために使われます。そのため、真正性を担保するには電話での認証や本人が利用しているメールアドレスに認証コードを送るなどの方法を合わせて確認するのが一般的です。

あわせて読みたい
電子サインと電子署名の違いとは?それぞれの役割や特徴、利用シーンを解説! コロナ禍で話題になったテレワーク。離れた場所で仕事するのは新鮮な気分だという方も多いようです。しかしこのテレワークを妨げる業務が「押印」です。押印が必要な書...

ビジネスでは電子認証が一般的

企業間の契約締結などのビジネスシーンで採用されている方法は、電子認証です。電子認証とは、電子署名と暗号化通信などの複数の技術を合わせて作られている仕組みであり、セキュリティ面で優れています。

電子認証を使うには、事前に認証局から電子証明書を発行してもらう手続きが必要です。発行してもらう際に本人確認を行うため、当該電子証明を用いた電子署名ならば、本人であることが高精度で保証されます。

文書の改ざんがないことを証明するタイムスタンプ

文書が改ざんされていないことを証明できるタイムスタンプという機能もあります。電子文書には、データの改ざんやすり替えのリスクが伴います。そこでタイムスタンプを利用すれば、文書が変更された日時などが付与されるため、改ざんなどがあった場合には速やかに気づけます。

あわせて読みたい
タイムスタンプとは?役割と必要な理由、仕組み、おすすめサービス 電子ファイルの信頼性を高めるために重要な技術が「タイムスタンプ」です。タイムスタンプを付与することで、電子ファイルだけでは実現できなかったさまざまな「証明」...

電子認証にはどんな技術が使われているのか

電子署名に高い真正性を求めるなら、電子認証がおすすめです。電子認証には複数の技術が使われていますので、どのような技術が用いられているのかご紹介します。

ハッシュ値で改ざんの有無をチェックできる

電子認証では、「ハッシュ値」というセキュリティ機能が搭載されています。ハッシュ値とは、ハッシュ関数によってデータ単位で算出される数値であり、同一の文字列ならハッシュ値は同一になりますが、わずかでも違っていれば、算出されるハッシュ値は全く異なる値となります。この仕組みによって、復号したデータの改ざんの有無を確認できるのです。

あわせて読みたい
ハッシュ値にはたくさんの特徴や役割がある!具体的な使い方を理解しよう! ハッシュ値とは、ハッシュ関数というプロセスを通して算出されるもので、文字列の桁数を一定の桁数にそろえたものを指します。ハッシュ値に変換する対象は、電子文書の...

暗号技術を使った通信

電子認証では、電子データを送信する際にも暗号技術による高いセキュリティが備わっています。データをすべて暗号化したうえで送信するため、第三者からでは内容を把握できないという安全性があります。

公開鍵と秘密鍵でさらに高いセキュリティを担保できる

電子認証では、公開鍵と秘密鍵という2種類の鍵を使います。これらは元データからハッシュ関数を使って作成された署名データであり、送信者が鍵を使って作成します。

データの受信者は秘密鍵に対応している公開鍵を使うことで、暗号化された署名データを復号し、ハッシュ値を出します。そして、送信側と受信側が同じハッシュ値になれば、そのデータは改ざんなどが行われていない同一のデータだと証明できるのです。

電子署名におけるメリット

電子署名を使えば、真正性の証明やセキュリティの向上に役立ちますが、他にも様々なメリットがあります。そこで、電子署名の利用によるメリットについて詳しく解説します。

あわせて読みたい
電子署名と電子証明書の違いは?それぞれの仕組みとメリット・注意点 電子署名とは、電子文書に同意する際に行う署名のことで、電子証明書とは電子文書が改ざんされていないことを証明するものです。 この記事では、電子署名と電子証明書の...

契約作業の効率化

電子署名を利用すれば、契約に必要な作業を効率化できます。紙を使った契約では、自社における承認作業が必要となるだけでなく、相手先への訪問や郵送などの手間がかかります。しかし、電子署名ならばオンラインで承認作業や送信ができるため、スムーズに契約が進みます。

書類の保管スペースを省ける

また契約書を電子化すれば、紙の契約書を保管していたスペースが不要になり、ファイリング作業などの労力も削減できます。業種によっては契約書の枚数が多くなり、倉庫をレンタルしなければいけないケースなどもありますが、電子契約ならばこうしたスペースが不要なので、省スペース化やコスト削減につながります。

コンプライアンスの強化

電子署名を使った電子契約を利用すれば、複数のセキュリティ機能によって安全性の高い契約プロセスが実施できます。

また紙の契約書における紛失のリスクがなく、クラウド上に情報を保管しておけば誰が参照したかという履歴も残せるのでコンプライアンスの強化にも役立ちます。

電子署名の注意点とは

電子署名は優れたセキュリティ性を誇る便利なサービスですが、うまく使いこなすためには注意点もあります。電子署名を十分使いこなすためのポイントをご紹介しましょう。

あわせて読みたい
電子署名を行う4つの方法|認証の仕組みとメリット・注意点も解説 契約書や誓約書などは、その文書の当事者や作成者の意思を証明するものとして、社会的に非常に重要な役割を担っています。そのような文書が書面で作成されている場合、...

電子署名が適用できない契約がある

電子契約は国が主導して推進しているサービスですが、すべての契約に電子契約が使えるわけではありません。たとえば不動産の売買や定期借地契約では、紙面における契約が義務付けられていますので、気をつけましょう。

秘密鍵の管理には要注意

電子署名の真正性を担保するセキュリティ機能の一つに秘密鍵がありますが、契約締結後にも管理しなければいけません。なぜなら、もし第三者の手に渡ってしまうとデータを改ざんされるリスクが考えられるからです。

企業によっては電子契約を導入していないところもある

近年では、多くの企業が電子契約を導入しています。しかし、すべての企業で導入しているわけではないので、取引先が電子契約を使っていなければ契約形態について調整する必要があるでしょう。

電子署名を利用するなら、「電子印鑑GMOサイン」が便利!

電子印鑑GMOサイン」は、電子署名や電子サインに対応しているため使いやすいサービスになっています。またファイルや通信の暗号化を行っていますので、第三者からの不正アクセスや改ざんを厳重に防ぐ仕組みを採用しております。真正性も証明されていますので、安心してお使いいただけます。

これから電子署名の利用を検討されているならば、ぜひ「電子印鑑GMOサイン」をご利用ください。

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次