MENU

代表権のない取締役の役割と権限とは?電子署名や押印の有効性も解説

  • URLをコピーしました!

会社の取締役には大きくわけて、会社を代表する権限を持つ者と持たない者が存在します。代表権のある取締役が社内外に対して会社を代表する決定を行う一方で、代表権のない取締役はどのような役割と権限を持つのでしょうか?

本記事では、代表権のない取締役の役割と権限を詳しく解説し、電子署名や押印などの代表行為における有効性についても触れていきます。また、法的な観点から、このような取締役が企業組織や企業ガバナンスにどのように影響を与えるのか、その重要性についても考察していきます。代表権のない取締役に関する理解を深めることで、より強固な組織運営と効果的な意思決定が可能となるでしょう。

目次

代表権のない取締役とは

代表権のない取締役の概要や彼らの果たす役割、会社法における位置づけなどを解説します。

代表権のない取締役の定義と役割

代表権のない取締役とは、その名の通り、法律的に会社を代表する権限が与えられていない取締役のことです。代表権を持つ代表取締役が会社の法的な意思決定や取引を代表して行う一方で、そのほかの取締役は主に内部の管理や監督に従事します。代表権は持ちませんが、取締役会での意思決定や戦略立案などの企業運営には積極的に関わり、会社の内部体制を整える上で重要な役割を果たしています。

代表権のない取締役は、会社がより専門的で効率的な運営を行うために大切な役割を担っているのです。

あわせて読みたい
【経営者なら知っておくべき!】取締役会とは?設置義務の有無とメリット、デメリット 会社の業務執行を担う取締役会は、経営において重要な地位にあります。しかし、その設置義務については曖昧な方も多いのではないでしょうか。取締役会設置会社であるに...

法人を代表する権限がない場合の対応

代表権のない取締役には直接的な代表行為の執行権限がないため、電子署名や押印などの行為に関しては、法的な制約が存在します。代表権のない取締役が文書や契約にサインする場合、通常は代表取締役や他の権限を有する役員との同意や承認が必要です。

ただし、取締役会の決定や内部規程によって一定の事項について現実的な実行権限が付与される場合があります。ここで重要なのは、取締役会の決定や委任の範囲内で適切な職務を行うこと、そして代表権の範囲についての明確な理解と適用です。

会社法における位置づけ

法的な観点からみると、取締役は会社法によって定義され、その構成および職務が規定されています。

(取締役会の権限等)

第三百六十二条 取締役会は、すべての取締役で組織する。

2 取締役会は、次に掲げる職務を行う。

一 取締役会設置会社の業務執行の決定

二 取締役の職務の執行の監督

三 代表取締役の選定及び解職

3 取締役会は、取締役の中から代表取締役を選定しなければならない。

4 取締役会は、次に掲げる事項その他の重要な業務執行の決定を取締役に委任することができない。

一 重要な財産の処分及び譲受け

二 多額の借財

三 支配人その他の重要な使用人の選任及び解任

四 支店その他の重要な組織の設置、変更及び廃止

五 第六百七十六条第一号に掲げる事項その他の社債を引き受ける者の募集に関する重要な事項として法務省令で定める事項

六 取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業務並びに当該株式会社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要なものとして法務省令で定める体制の整備

七 第四百二十六条第一項の規定による定款の定めに基づく第四百二十三条第一項の責任の免除

5 大会社である取締役会設置会社においては、取締役会は、前項第六号に掲げる事項を決定しなければならない。

(取締役会設置会社の取締役の権限)

第三百六十三条 次に掲げる取締役は、取締役会設置会社の業務を執行する。

一 代表取締役

二 代表取締役以外の取締役であって、取締役会の決議によって取締役会設置会社の業務を執行する取締役として選定されたもの

2 前項各号に掲げる取締役は、三箇月に一回以上、自己の職務の執行の状況を取締役会に報告しなければならない。

引用元:会社法 | e-Gov法令検索

代表権のない取締役も、この法律の範囲内で活動し、取締役会の一員としての責任を果たします。会社法では、取締役の任務を明確にし、会社および株主の利益を守るためのガバナンス構造が明らかにされています。

あわせて読みたい
【会社法上のルールを解説!】取締役会の決議事項や開催頻度などの基礎知識 取締役会とは、会社を運営するための意思決定機関です。その重要性から会社法などでルールが厳格に定められています。そこで本記事では、取締役会の決議事項や開催頻度...

代表権のない取締役の権限と責任

代表権のない取締役は、会社の内部管理や監督といった重要な役割を担っていますが、具体的にどのような権限を持ち、どのような責任に直面するのでしょうか。

内部管理・監督としての役割

代表権のない取締役は、主に会社の内部管理と監督を行う役割を持っています。これには、予算計画のレビュー、企業戦略の策定、内部統制システムの監視などが含まれます。取締役会では、これらの取締役は議論に参加し、意思決定に影響を与える立場にありますが、会社を代表する契約や法的行為に直接署名・押印する権限は持っていません。代表権のない取締役の責任は、主に組織内での管理的な側面に重きを置かれ、会社の長期的な成功に向けた戦略の策定と実行の監督に関連しています。

あわせて読みたい
取締役会における監査役の出席は義務なのか?役割や権限について徹底解説! 株式会社の中でも取締役会設置会社では、原則として監査役を置くことが必要です。監査役と取締役の違いや、具体的にどんな役割を果たすのかを理解しておきましょう。特...

会社運営における実務的権限

代表権のない取締役は、日々の業務においてもさまざまな実務的な権限を持っています。これは、特定の専門分野やプロジェクトに関する決定、中期計画の策定、人材育成などの領域に及ぶものです。

また、取締役会において特定の決議があった場合、それに基づいて特定の行動を取る権限を持つこともあります。ただし、これらの権限は常に会社の内部規程や取締役会の指示の範囲内で行使されます。

取締役会との関係性と責務

取締役会との動的な関係性は、代表権のない取締役の責務を形作ります。代表権のない取締役は、取締役会の意思決定に積極的に関与しながらも、代表取締役に対しては監督的な役割を担い、会社の運営が適切な方向に進むようにチェックします。

また、会社が直面するリスクを管理し、法令遵守を確実にするための措置を講じるなど、企業ガバナンスの面での重要な責任も持っています。このように、代表権のない取締役は会社組織内で重要な役割を果たし、組織の健全な発展と成熟に寄与しているのです。

あわせて読みたい
取締役会とは?設置義務はある?役割や開催の流れを解説!メリット・デメリットも紹介 株式会社には、機関として取締役が存在します。そして、会社の業務執行に関わる意思決定機関として取締役会が設置されることも多くなっています。取締役会については、...

代表権のない取締役の法的行為とガバナンスへの影響

企業における法的行為とガバナンスの質は、代表権のない取締役の役割によって大きく形作られます。以下では、この役員の法的行為に関する権限と、彼らの存在が企業ガバナンスに及ぼす影響について掘り下げていきます。

電子署名や押印における権限の範囲

電子署名や押印は、企業の取引において重要な意味を持つ法的行為です。通常、これらは企業を法的に代表する権限を持つ取締役によって行われます。しかし、代表権のない取締役でも、特定の条件下や限定的な範囲でこれらの行為を行うことが認められる場合があります。この場合、取締役会の決議や代表取締役からの特定の委任に基づいており、その行為の範囲と条件が明確に定められているのが一般的です。これにより、代表取締役の負担を軽減するとともに、効率的な経営をサポートしています。

なお、権限のない者が押印や電子署名を代理することについては、次の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
押印権限のない者がハンコを押した契約書の危険性|民法と会社法の観点から 会社の実務では、社長に代わって部長や課長などが契約書に署名押印することが慣例となっているケースが多々あります。しかし契約の有効性を厳密に考えた場合、このよう...

企業ガバナンスにおける重要性と効果

代表権のない取締役は、企業ガバナンスの中核的な存在です。代表権のない取締役が、組織の意思決定に対してさまざまな視点からチェックを行うことで、組織は数多くのリスクに対してより柔軟に対応でき、適切なコンプライアンスの維持が可能となります。さらに、スキャンダルや不正の未然防止や、その際の対応においても、代表権のない取締役の監督的な役割が重要であり、リスク管理や透明性の向上に直接貢献します。

課題と今後の動向

現代の企業環境は日々変化しており、代表権のない取締役の役割も進化し続けています。企業におけるDX化の進行に伴い、法的行為についてもデジタル化が進む中、電子署名などの新しいテクノロジーをどう取り入れ、利活用していくかが今後の課題です。

また、企業ガバナンスに対する国際的な取り組みや規制の動きに応じ、取締役の権限と責任の構成も変化していくでしょう。これらの動向に注目し、企業は取締役としての人選や育成に、よりいっそうの注意を払う必要があります。将来的には、より多様な経歴を持つ代表権のない取締役が登場し、彼らの役割がより明確にされることが期待されます。

まとめ

本記事では、代表権のない取締役の役割と権限、および企業内での処理方法やガバナンスへの影響について詳しく解説しました。代表権のない取締役は、会社内部の管理および監督に集中し、企業経営における重要な意思決定プロセスに貢献するでしょう。

なお、電子署名や押印などの法的行為に関しては、取締役会の決議や代表取締役からの特定の委任があった場合に、特定の条件下や限定的な範囲でこれらの行為を行うことが認められます。

企業ガバナンスにおいては、代表権のない取締役は多様な視点をもたらし、リスク管理やコンプライアンスの強化といった重要な役割を担います。役員としての研修や育成、適切な役割分担とコミュニケーションが、彼らの効果的な活動と組織の成功を支える鍵だといえるでしょう。

あわせて読みたい
【2024年最新版/比較表付き】電子契約サービス27社を徹底比較!どこを選ぶべき?特徴や料金、使いやす... 紙の契約書を作成して署名・押印した後に相手方にも同じように署名・押印してもらうという契約業務は、非常に手間がかかります。電子データで契約書の作成から契約締結...
電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次