MENU

契約書レビュー(リーガルチェック)の費用相場は?弁護士への依頼方法も解説

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

契約書を作成する際には契約書のレビュー(リーガルチェック)が行われるのが一般的です。契約書レビューの目的は、契約内容の正確性と契約当事者の利益および義務が適切に表現され、双方にとって公平であることを確認することです。

本記事では契約書レビューの必要性や手順、費用相場などを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

契約書レビューとは

契約書レビューとは、契約書の法的妥当性やリスクなどを、専門家がチェックすることを意味します。契約書が法的に有効なのか、予期せぬリスクや不利益を避けられるかなどがチェックできるため、多くの企業が実施しています。

契約書レビューはリーガルチェックとも呼ばれます。

契約書レビューは、一般的に弁護士や法務担当者によって行われるものです。専門家によるサポートを受けることで、契約の安全性と有効性を高められるでしょう。

なぜ契約書レビュー(リーガルチェック)が必要なのか

契約書レビューは、契約の際に起こりうるトラブルや誤解を防ぐために必要です。契約書が法的に妥当でない場合、予期せぬ問題や損失を招く可能性があります。また、契約書に不備がある場合は契約無効となるケースもあるため、企業活動に大きな支障をきたすリスクも考えられるでしょう。

これらのリスクを回避するためにも、契約書レビューの適切な実施は大切です。

契約書レビュー(リーガルチェック)によるメリット

契約書レビューによるメリットは以下の3つが挙げられます。

法的リスクの最小化

契約書の法的な問題点を特定し修正することで、将来的なトラブルや訴訟リスクを減らすことができます。たとえば、契約書に不備や不正があると契約が成立せず不利益が生じる可能性がありますが、契約書レビューはこれらのリスクを回避できます。

契約の明確化

契約書の内容を明確にすることで、双方の権利と義務がはっきりし、誤解や不一致の防止につながります。曖昧さを含む契約書はトラブルや対立を引き起こす原因になることがあるため、契約書レビューを行って契約条件をしっかりと確定させることが重要です。

ビジネスの信頼性向上

法的に妥当な契約書を用意することで、取引先や顧客からの信頼を獲得し、ビジネスの信頼性を高めることが可能です。

契約書レビュー(リーガルチェック)を受けるタイミング

契約書レビューを受けるタイミングは、主に以下のような場合です。

新しい契約を結ぶ前

ビジネス取引を開始する前に、契約書のリーガルチェックを行うのがおすすめです。契約内容を確認すれば、潜在的なリスクを事前に把握できます。

既存の契約を更新する際

契約の更新時にも契約書レビューが必要です。これは契約書に変更点がないか確認しなければならないためです。

法律が変更されたとき

法律や規制の変更があった場合、契約書が最新の法律に準拠しているかを確認するために、契約書レビューを行います。

あわせて読みたい
契約書レビューとは?やり方とリスク回避のために見るべき5つのポイントを徹底解説 ビジネスを行う上で、取引先と契約書を交わす場面は多くあります。契約書には金額や納期などをはじめ、重要な情報が多く記載されており、お互いに齟齬がないよう確認す...

契約書レビューの費用相場

契約書レビューを依頼する前に、どの程度の費用が相場を知っておきましょう。依頼先や契約書の種類によって金額が異なりますので、参考にしてみてください。

弁護士に依頼する場合の相場は?

弁護士に契約書レビューを依頼する際の費用は、契約の内容や弁護士によって異なります。以下で具体的なケースをもとに、費用相場を見ていきましょう。

スポット依頼(シンプルな契約書の場合)

売買契約書や賃貸借契約書、請負契約書などは、比較的安価に依頼できます。これらの契約書は内容が比較的シンプルであり、弁護士もチェックしやすいため、5万円程度が費用相場です。

スポット依頼(複雑な契約書の場合)

業務委託契約書や取引基本契約書など内容が複雑な契約書は、10万円から15万円程度の費用がかかります。これらの契約書は、チェックに手間と時間がかかるため、費用が高くなる傾向にあります。

顧問契約の場合

継続的に弁護士のサポートを受ける顧問契約を結んでいる場合、契約書レビューの費用は顧問料に含まれることが多く、別途費用がかかるケースは少ないかもしれません。顧問料は月額で、サービス内容に応じて3万円から10万円程度が相場です。リーガルチェックの月平均本数に応じて、月額は変動します。

契約書のレビューを依頼する際には、契約内容や自社の事業内容を正確に伝えることが重要です。また、契約書に記載されている内容が自社にとって不利ではないか、法律上の問題はないかを確認するためにも、専門家の意見を聞くことが必要と考えましょう。

契約書の種類による費用の違い

契約書のレビューにかかる費用は、契約の種類や内容の複雑さによって左右されます。前述したように、定型的な契約書の場合は比較的安く済むケースが多いでしょう。たとえば売買契約書や賃貸借契約書などは、一般的なビジネス取引で頻繁に使用されいます。そのため、どの部分をチェックすべきかが明確で、弁護士にとってレビューしやすい傾向にあり、価格設定にもそれが反映されるのです。

一方で、業務委託契約書や取引基本契約書など、専門的な知識を要する契約書の場合、費用は高額になる傾向があります。これらの契約書は、事業の特性や取引内容を理解しなくてはならず、法的なトラブルが起こるリスクも決して低くはありません。そのため、レビューに通常よりも多くの時間が必要となり、価格も高く設定されます。

費用を抑える方法はある?

費用を抑えるには、顧問契約を検討する方法が挙げられます。月額費用がかかるものの、契約書レビューの費用が含まれるケースがあるため、コストパフォーマンスに優れる契約方法です。

また、AI契約書レビューサービスを利用することで、短時間かつ低コストでレビューを受けることもできます。近年では利便性の高いサービスが多数あるため、ぜひ検討してみてください。

あわせて読みたい
【徹底比較】AI契約書レビューおすすめ6選 | 費用や口コミ、機能を紹介!契約審査においてAI自動レビュ... 契約書のレビューは、企業にとって重要ながら時間と手間のかかる業務です。しかし、ここ数年急激な広がりを見せるAIを活用することで、この課題を効率的に解決できるよ...

契約書レビューを依頼する流れ

契約書レビューを専門家に依頼するためには、どのような手順を踏めば良いのでしょうか。以下で詳しく見てみましょう。

依頼前に準備すべきこと

契約書レビューをスムーズに進めるためには、事前準備が重要です。以下の流れで、効率良く契約書レビューの準備を行いましょう。

契約書の原案準備

契約の基本的な枠組みを示す原案を用意します。契約の目的、範囲、期間、費用など、契約のメインとなる要素を明確に記載しましょう。たとえば、商品の販売契約の場合は、販売する商品の種類、数量、価格、納期などを具体的に記載します。

要望の明確化

契約書に含めたい要望や条件を明確にします。たとえば、万が一納品が遅延した場合のペナルティや、品質保証に関する項目など、契約においてとくに重視したいポイントをリストアップしましょう。また、クライアントに対して求めたい内容や自社が負いたくないリスクについても、この段階で整理しておきます。

こうした準備を行うことで、依頼を受けた専門家が契約の意図や背景を正確に理解しやすくなり、契約書レビューの際に有益なアドバイスを得ることが可能になります。

弁護士への依頼方法

契約書レビューには、適切な弁護士の選定が重要です。以下のポイントを考慮して依頼しましょう。

専門性

契約書の内容や取引の業界に精通している弁護士を選びましょう。たとえば、不動産取引に関する契約書の場合、不動産法に詳しい弁護士が、国際取引の契約書であれば国際法や関連する国の法律に精通している弁護士を選ぶ必要があります。

経験

弁護士の持つ契約書レビュー経験も、重要な選定基準となります。経験豊富な弁護士であれば、契約書にどのようなトラブルリスクがあるかを見抜きやすいため、適切なアドバイスを受けることが可能です。

コミュニケーション

弁護士とのコミュニケーションがスムーズに行えるかも重要なポイントです。要望や疑問点を安心して伝えられる、また伝えた内容を理解してもらえる弁護士を選ぶことが大切と考えましょう。

また、契約書レビューを依頼する際には、弁護士に対して以下を伝えましょう。

契約書の原案

契約書のレビューを依頼する際には、まず契約書の原案が必要です。原案がない場合は、契約の概要や目的、重要な条項などを明確に伝えましょう。

企業の背景情報

企業の業種、規模、事業内容、これまでの取引実績など、企業の背景情報を伝えます。弁護士は企業のビジネスモデルやリスク許容度を理解できるので、より適切なアドバイスを得ることが可能です。

取引の詳細

取引の相手方、取引の内容、期間、金額など、取引情報についても説明しましょう。もし過去に問題となった事項があれば、その点も伝えます。

要望

企業側の要望や譲れないポイントがあれば、明確に伝えておく必要があります。契約書レビューでの優先順位や期限も伝えておけば、よりスムーズにレビューを進められるでしょう。

契約書レビューの際の注意点

契約書レビューをスムーズに行うためには、以下のような点に注意しなくてはなりません。

重要事項の確認ポイント

契約書レビューでは、とくに重要事項の確認が大切です。重要事項が明確に記載されているか、契約当事者の権利と義務が明確に記載されているか、さらには契約を解除する条件もわかりやすく定められているかをチェックしましょう。

これらのポイントを確認することで、将来的に起こりうるトラブルを避け、双方にとって公平な契約関係を構築できます。

契約書レビューで見落としやすい部分

契約書レビューでとくに注意が必要な点として、違約金や損害賠償の条件などがあげられます。また、秘密保持条項や法的適用範囲も確認しましょう。これらの部分は契約書レビューにおいて見落とされがちですが、トラブルリスクを回避するためにチェックが欠かせません。

違約金や損害賠償の条件が厳しすぎたり、秘密保持条項が不適切であったりすると、ビジネス上のリスクが高まります。そのため、契約書レビューでこれらの項目に問題がないか確認し、トラブルを回避することが大切です。

契約書の形式と内容の整合性

契約書の形式と内容の整合性も確認しなくてはなりません。契約書が法的に遵守されているか、用語が正しく使われているか、矛盾する条項がないかなどを確認する必要があります。

あわせて読みたい
AI契約書レビューは違法?法務省の最新ガイドラインと契約書管理の効率化に欠かせないリーガルテックの... IT技術の進化により、これまで手作業でなければできなかった業務の多くで、デジタル化やAI活用が進んでいます。契約書管理もその一つで、契約者管理システムの登場によ...

契約書レビュー支援ツールならGMOサイン「契約レビューパック」がおすすめ

契約書のレビューは、ビジネスにおいて非常に重要な工程です。しかし、企業の法務部門の人員は少なく、時期によっては大量の契約書を管理しなければならず、大きな負担を感じている企業も多いのではないでしょうか。す。

そのような企業にこそおすすめしたいのが、電子印鑑GMOサインの「契約レビューパック」です。契約レビューパックは、契約書のレビューから電子契約の締結。契約書の保存までの一元管理が可能です。導入によって複数のツールを使い分ける手間が省け、作業の効率化を図ることができます。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

一元管理による効率化

契約書のレビューから電子契約、契約書の保存までのプロセスを一つのプラットフォームで管理できるため、情報の一貫性が保たれ、作業の効率が大幅に向上可能。

コスト削減

複数のシステムやツールを利用する必要がなくなるため、それに伴うコスト削減を実現。

時間の節約

一連のプロセスがスムーズに進むため、契約書のレビューにかかる時間を大幅に短縮可能。

契約書のデータベース化により、契約書の検索や管理も容易となります。GMOサインの契約レビューパックは、ビジネスにおける契約プロセスをスムーズかつ効率良く運用できるため、多くの企業におすすめです。

契約レビューパックの主な機能
  • AI-OCR機能による契約に必要な情報の自動抽出
  • Slack連携
  • 契約書作成の進捗状況可視化
  • 書類の修正やレビュー履歴の自動保存
  • 自社の運用に合わせ契約に関するステータス項目のカスタマイズ
  • 担当部署や契約内容に合わせ柔軟に設定できる承認フロー設定機能
  • 修正されたドキュメントの変更箇所や履歴の比較を行える差分比較機能

トライアル利用も可能です!興味のある方はまずはお気軽にお問い合わせください。

GMOサイン契約レビューパックの紹介資料

まとめ

契約書レビューは、リスク回避のためにも欠かせない工程と言えます。新規契約はもちろん、契約更新や法律変更など、さまざまなタイミングで契約書レビューを専門家から受ける必要があるためです。

電子契約サービス国内シェアNo.1(※)の電子印鑑GMOサインは、契約書の作成から電子契約締結、契約書の管理まで基本的な機能を無料でお試しいただけるプランを提供しています。月5件までなら実際に電子契約の締結を行えるため、契約書管理システムや電子契約サービスの導入を検討されている方は、ぜひ下記ボタンよりお申し込みください。

\ 月額料金&送信料ずっと0円 /

※お試しフリープランに利用期限はありません。またいつでも解約可能です。

※1 「電子印鑑GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントとする 。自社調べ(2023年11月)
※2 電子署名およびタイムスタンプが付与された契約の送信数(タイムスタンプのみの契約を除く。電子署名法の電子署名の要件より)。自社調べ(2023年12月)

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次