MENU

AIイラストを生成できるおすすめサイト5選|自動生成する手順やコツを徹底解説!

  • URLをコピーしました!

 

 

 

 

画像生成AIのツールは、サービスによって商用利用が不可となっていたり著作権についても細かく条件があったりしますので、ご自身でお調べの上ご利用ください。

GMOサインのAIに関する取り組み

画像生成AIは、私たちの生活にもかかわりつつあります。画像生成AIについて、メディアやSNSなどで目にしたことがある人もいるでしょう。最近では、AI技術を使って画像やイラストを自動生成するサービスを展開している会社も増えてきています。

しかし、この画像生成AIとは、現在どの程度のことが可能なのでしょうか?

目次

画像生成AIはどこまでできるもの?

画像生成AIとは、単語や文章の入力により、そのイメージに合致する写真やイラストを生成してくれるサービスのことです。

データベースには、膨大な画像やイラスト、絵画に関するデータが蓄積されています。そのデータをもとに、望んだキーワードに合致するものを選び出し、より要望に近く調整して写真やイラストを出力してくれるわけです。

複雑なリクエストにも対応

画像生成AIは、すでにかなりのレベルに達しているといって良いでしょう。ネットで紹介されているものの一つに「新宿の高層ビル群の中でサングラスをかけたパンダが見上げている写真」というものがあります。かなり複雑でシチュエーションを限定しているにもかかわらず、問題なく写真を生成できていました。

画像生成AIでは、被写体はもちろんのこと場所やシチュエーション、画角などの指定ができます。細かく指定したほうが、自分のイメージ通りの写真や画像の出力につながるわけです。

絵にするには?

絵にしてほしいシチュエーションを文章もしくは言葉にすることを「プロンプト」と呼びます。プロンプトだけを入力した場合、出てくるのは基本的に写真です。絵にしたければ、絵のテイストについて指定すると良いでしょう。

たとえば「イラスト風」や「アニメ風」「絵画風」といったように絵のテイストを指定すると、それに合わせた画風に仕上がります。このように画風まで指定すれば、それに合わせたテイストに仕上げてくれるため、かなりのレベルに達しているといえるでしょう。

新たな画像を生成できる

AIは学習能力を持ち合わせています。そのため、自分が欲しい画像のイメージをAIに読み込ませることで、より自分の思い通りの絵を出力することも可能なわけです。

仮に、ライオンの画像や写真が欲しかったとします。この場合、ライオンのあらゆる画像をAIに学習させれば、多少複雑で細かな要求を出しても要望通りの画像を生成してくれるわけです。

GMOサインAI

GMOサインは、AIを活用して契約業務をより高度に変革していきます。詳しくはこちら

AIでイラスト生成してくれるサイト5選を紹介

AIにより、イラスト生成をしてくれるオンラインサイトは複数存在します。ネットで欲しい画像やイラストのイメージを提示すれば、かんたんに画像やイラストが完成します。

イラスト自動生成サイトは、数多くありますが、その中でも以下で紹介する5つのサービスはユーザーの間でも高く評価されています。皆さんが利用しても、きっと満足度は高くなるでしょう。

サービスによって、商用利用が不可となっていたり著作権についても細かく、条件があったりしますので、そのあたりをお調べの上、ご利用ください。

MyEdit

MyEditはAI画像編集ツールを数多く搭載しているので、どのような画像やイラストでもかんたんに生成してくれます。ブラウザで利用できるサービスなので、アプリやソフトをインストールしなくても利用できます。パソコンだけでなく、スマホでも利用できるので、気軽に活用できるサービスです。

画像が必要であれば「AI画像生成」、イラストの作成であれば「AIイラスト化」を選択すると良いでしょう。無料で利用可能ですが、レベルが高くプロが描いたような画像やイラストが生成できます。

ペットの写真をAIイラスト化することも可能です!

MyEditは、AI画像生成以外にも高画質化や不要部分の除去、ノイズ除去など写真編集ツールも用意されています。編集ツールを駆使することで、より自分のイメージに近づけることもできるでしょう。

また、Vivid AIというスマホ用のアプリも用意されています。着せ替えや背景の置き換えなど、最新鋭のAI技術も導入されているので、スマホで画像編集やイラスト制作をする人におすすめです。

Fotor

Fotorもブラウザベースで画像生成や、編集ができるサービスです。13種類のスタイルがラインナップされており、その中で自由に画像やイラストを作り出すことが可能です。

たとえば「Japanese Anime」を選択すれば、皆さんが見慣れたアニメタッチのイラストに仕上がります。また「Psychedelic Pop」を選択すると、1960年代の少し懐かしいタッチのイラストが出てくるでしょう。

画像生成を希望するなら「AI画像生成」、イラストなら「AIイラスト化」を選択してください。こちらもスマホ向けのアプリが配布されているので、興味のある人はインストールしてみると良いでしょう。

Canva

こちらもブラウザベースのサービスです。ソフトやアプリをインストールすることなく利用できるお手軽さが、ユーザーの間で高く評価されています。多種多様なスタイルに対応しているので、キーワードを入力すれば自分のイメージ通りの画像やイラストを生成できます。

自分の思い通りの画像を作るためには、できるだけ細かく指定するのがおすすめです。スタイルを変えるだけでも、見た目の印象が大きく変わります。また、Canvaでは画像編集機能が搭載されている点にも注目しましょう。画像に対して装飾を設定できるので、細かなところまで徹底的にこだわることが可能です。

Bing Image Creator

Bing Image Creatorは、マイクロソフト社が提供するAI画像生成サービスになります。ここでもピックアップしたように、AI画像生成サービスは、英語ベースのものが多いです。そのため、プロンプトを入力する際に英語入力が求められ、細かく設定すると、手間や時間がかかる可能性がありました。しかしBing Image Creatorは、日本語プロンプトにも対応しています。語学力にあまり自信がない人でも安心して利用できるのがおすすめの理由です。

Bing Image Creatorは、ブラウザベースなので、ソフトをインストールする必要はありません。しかし、同じマイクロソフトのリリースしているMicrosoft Edgeからでないと利用できません。また、マイクロソフトのアカウントでログインする必要もあります。もし、アカウントをまだ持っていなければ、アカウント開設手続きを済ませましょう。

PicWish

画質にこだわったAI画像生成サービスを探しているのなら、このPicWishがおすすめといえます。PicWishの良いところは、ユニークな選択肢が多数用意されているところです。スタイルのメニューの中にはイラストのほかにも、二次元といった選択肢が用意されています。AI画像生成サービスの中でも、あまり見たことのないスタイルといえるでしょう。

そのほかにも出力サイズのバリエーションが充実しています。たとえば1:1であれば、SNSのアバターに活用できるでしょう。16:9という選択肢もありますが、こちらを利用すれば、かんたんにオリジナルの壁紙を生成できます。

ただしPicWishの場合、無料で利用できるわけではないので注意が必要です。ポイント従量制になっていて、ダウンロードするためには一定のポイントが必要です。しかし、ポイントが必要になるのは、ダウンロード時となります。そのため、いったん加工まで行い、仕上がりに納得できたところでポイントを購入することも可能です。


GMOサインAI

GMOサインは、AIを活用して契約業務をより高度に変革していきます。詳しくはこちら

AI画像やイラストを自動生成する手順を解説

AI画像やイラストを自動生成する方法は、それほど難しくはありません。今回はMyEditを使った方法についてみていきますが、ほかのサービスを利用した場合でも手順に大きな差はありません。また、基本的にスマホでもパソコンでも手順は一緒だと思ってください。

STEP

MyEditにアクセスする

まずはMyEditにアクセスしてください。

左側にメニューが表示されますので、画像生成を希望するなら「AI 画像生成」を選択してください。

もしイラストを作りたければ「AI イラスト化」を選びましょう。

「AI 画像作成」を選択した後に、中央部分にある「AI画像を無料で生成」ボタンをクリックしてください。

STEP

キーワードを入力する

左上に、出力を希望するイメージの入力欄があります。
こちらに欲しい画像のイメージを文章で入力しましょう。

ただし、MyEditは英語にしか対応していない点に注意が必要です。
日本語ではなく英文で指定しましょう。

すると右側に入力したイメージに近い画像が表示されますので、お気に入りのものを選択しましょう。

STEP

ダウンロードする

画像の右下のところにダウンロードボタンが表示されます。
ダウンロードしたい画像が見つかったら、この部分をクリックしてください。
そうすれば、ダウンロード作業が自動的に開始されます。
ただし、MyEditの場合、無料で画像生成できるのは1日5回までです。
この点にも留意して、サービスを利用してください。

まとめ

AI画像生成サービスは、現時点でもかなりのレベルにまで進化しているといって良いでしょう。具体的にイメージしている内容を文章にすれば、それに合致する画像やイラストを自動的に生成してくれます。

アイコンなどに使用する画像の素材はネット上でも収集可能です。しかし、ありふれたものではなく、オリジナルの画像を使いたければ、AI画像生成サービスの利用をおすすめします。

当記事で、紹介した5つのサービスは、いずれも高画質の画像をかんたんに作り出せます。しかもほとんどのサービスが無料で利用できるので、利用料金を気にする必要はありません。

ほとんどのサイトが英語での入力が必要なため、日本人にとっては、敷居が高いと感じるかも知れません。しかし、一度AI画像生成サイトを利用し、実力をチェックしてみてはいかがでしょうか。

GMOサインのAIに関する取り組み

 

 

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次