MENU

駐車場を契約する流れ|契約時に必要なものと初期費用、注意点は?

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

駐車場を借りる契約をおこなう際には、月極駐車場を借りたい旨を正式に伝えるための駐車場契約申込書を作成するのが一般的です。
しかし、駐車場契約申込書をどのような手順で作成すれば良いのかわからない方や駐車場の探し方がわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では駐車場を契約する流れを中心に、契約時に必要なものや初期費用、駐車場を契約する際の注意点を解説します。
月極駐車場の契約を検討している方は契約前に確認いただき、お役立てください。

目次

即日で契約できる月極駐車場はある?

月極駐車場は、基本的に即日では利用できません。
借主が駐車場契約申込書を貸主に提出してから駐車場の利用を開始できるまでに、いくつかのステップがあるためです。

駐車場を契約してから利用できるまでの期間は、駐車場契約申込書の提出後、平均1週間から3週間ほどが目安です。
管理者の同意が確認できたうえで駐車場に空きがあれば契約当日から利用できる場合はありますが、稀なケースとなります。

必要以上に手間をかけないためには、駐車場を契約する流れを把握したうえで、時間に余裕を持って月極駐車場を契約することが大切です。

駐車場を契約する流れ

駐車場を契約する流れは、大まかに以下の通りです。

1.問い合わせ
2.申し込み
3.審査
4.契約の締結
5.利用開始

ここからは、駐車場を契約するまでの5つのステップを解説します。

STEP
問い合わせ

まずは、駐車場のオーナーまたは管理会社に借りたい旨を伝えます。
駐車場のオーナーまたは管理会社の都合に合わせた手段で問い合わせましょう。

STEP
申し込み

駐車場のオーナーまたは管理会社と連絡が取れたら、指定された方法で駐車場を借りる申し込みをおこないます。
申込書に必要事項を記入したうえで、求められる書類を提出するのが一般的です。
求められる書類は駐車場のオーナーまたは管理会社によって様々なため、借りたい駐車場が確定した段階でなるべく早めに確認しましょう

オーナーや管理会社によっては、申し込みがオンラインで完結できる場合があります。
オンラインで駐車場の申し込みをおこなう場合には、免許証や車検証の写真を添付できるため紙媒体の申し込みよりも手間が少ないです。

STEP
審査

貸主であるオーナーまたは管理会社は借主が提出した申込書をもとに審査をおこなうため、審査落ちするケースにも気をつけましょう。

借主が未成年の場合や収入が不安定な場合には、審査落ちする場合があります。
他には、駐車場を利用する車が違法改造車の場合や契約理由が不適切な場合なども審査落ちしやすいケースです。
不適切な契約理由には「自宅から遠くても、賃料が安い」などが挙げられます。

審査落ち後の再審査は断られるケースが多いため、審査落ちするケースに気をつけて申込書を作成しましょう。

STEP
契約の締結

審査が通過した連絡の後は、契約の締結のために初期費用を支払います。
初期費用は、ケースごとに様々です。

契約の締結後は契約書が有効になるため、契約に関する不明点があった場合には締結前に確認しましょう。

STEP
利用開始

問題なく契約が締結できれば、契約書に記載された利用開始日以降に駐車場を利用できます。

駐車場の契約に必要なもの

駐車場の契約に必要なものは、オーナーや管理会社の意向によって様々です。
ここでは、一般的な審査で求められるものと厳しい審査の場合に求められるものを紹介します。

一般的な審査で求められるものは、以下の通りです。

・免許証のコピー
・車検証のコピー
・印鑑
・印鑑証明

厳しい審査の場合には、一般的な審査で求められるものに加えて以下のものが求められます。

・収入証明(所得証明・課税証明書・源泉徴収票など)
・住民票の写し
・任意保険証のコピー

印鑑証明や収入証明などは取得に多少の手間がかかることがあるため、駐車場の契約を決めたら早めに駐車場のオーナーや管理会社に確認しましょう。

駐車場の契約にかかる初期費用

駐車場契約に必要な初期費用の目安は、以下の通りです。

スクロールできます
前家賃 駐車場の使用料賃料1カ月分
保証金(敷金)設備が破損した場合に使用されるが、何事もなければ解約時に返金される賃料1~2カ月分
礼金オーナーや管理会社に支払うお礼であり、返金されないオーナーや管理会社によって様々
仲介手数料駐車場を紹介した業者に支払う手数料賃料1カ月分

初期費用は審査前に必要なケースもあるため、早めに準備しましょう。
また、駐車場によっては礼金や仲介手数料が発生しない場合があります。
どのような初期費用がかかるのかは駐車場によって異なるため、駐車場の契約を決めた段階で必要なものと合わせて早めに確認しましょう。

駐車場の契約で印紙税が必要なケース

駐車場の契約で印紙税が必要なケースは、更地を駐車場として借りるときに必要な土地賃貸借契約書を作成する場合です。

土地賃貸借契約書は印紙税の課税対象となっているため、土地賃貸借契約書を紙媒体で締結する場合には印紙の貼り付けが必要になります。
作成する契約書に印紙が必要かどうかは、国税庁の印紙税額一覧表で確認できます。

【参考】国税庁の印紙税額一覧表

あわせて読みたい
印紙税とは?課税文書の種類や納付方法、各種制度をわかりやすく解説!非課税となるケースも紹介 印紙税とは取引などの経済活動にかかる税金であり、収入印紙を購入して納付します。また収入印紙を利用する際にはルールが定められているため、チェックしておく必要が...

駐車場や車庫を借りる場合には、土地賃貸借契約書ではなく不課税の駐車場賃貸借契約書を作成するため、印紙税はかかりません

更地を駐車場として借りる場合のみ印紙が必要となるため、金額に応じた印紙を契約書に貼り付けることを忘れないようにしましょう。

駐車場の契約時の注意点

駐車場を契約する際に車庫証明を取得する場合には、契約前に車庫証明の取得に必要な条件を満たせているかどうかを確認しましょう。

車庫証明とは、車を適切な場所に保管していることを証明する書類です。
自動車の保管場所に関する法律によって、適切な車の保管場所は自宅(個人の場合)から直線距離にして2km以内と定められています。

また、駐車場によっては車庫証明を取得できないケースがあるため、車庫証明が必要な場合には駐車場の契約前に車庫証明の取得が可能かどうかを確認しましょう
車庫証明の取得には自動車保管場所届出書や保管場所標章交付申請書など、様々な書類が必要ですが、駐車場によっては車庫証明の書類の準備をサポートしてもらえる場合があります。

駐車場を契約する際に、車庫証明を取得する場合には条件を満たせているかどうかに注意しましょう。

契約する駐車場を探す際のポイント

契約する駐車場を探す際のポイントは、以下の通りです。

●自宅からの距離がどのくらいか
●車を問題なく駐車できるかどうか
●車全体を収容させられるかどうか

車を停める駐車場を探す際には、インターネット検索が一般的です。
インターネットで検索することで複数駐車場の賃料や距離を一気に比較できるため、効率的に駐車場を探すことができます。
ただし、インターネットで希望の駐車場が見つかった後は、すぐには申し込まずに車を問題なく駐車できるかどうかを実際の駐車場を見て確認しましょう

駐車場を借りる際に気をつけたいポイントは、駐車区間のサイズと防犯面です。
駐車予定の車が、駐車区間のサイズに問題なく収まるかどうかを確認します。

そして、駐車場の防犯面にも注意が必要です。
人目につきにくい場所や暗い場所にある駐車場は、車上荒らしなどの犯罪に巻き込まれるリスクが高まります。
駐車場を決める前に、駐車場近辺の治安や防犯設備などを確認しましょう。

駐車場の主な種類

駐車場の主な種類は、平面駐車場と立体駐車場です。
平面駐車場は屋外で車を平置きしますが、立体駐車場は建物や機械装置で車を重ねて駐車します。

平面駐車場は、地上に車を平置きする駐車場です。
立体駐車場と比べてランニングコストがかかりにくいため、同じ立地状況の場合には立体駐車場よりも平面駐車場のほうが初期費用が安くなります。

立体駐車場は、建物や機械によって駐車スペースを立体化させています。
平面駐車場と異なる点は、立体駐車場は多くの場合、建築物に分類されることです。

そして立体駐車場は、自走式立体駐車場と機械式立体駐車場に分けられます。
自走式立体駐車場は建物内を車で走行して駐車スペースに向かいますが、機械式立体駐車場は機械によって車を駐車スペースまで移動させることが特徴です。

駐車場賃貸借契約書の無料テンプレート

駐車場賃貸借契約書の準備にあたっては、ケースごとに適切な契約書を用いましょう。
以下は、駐車場賃貸借契約書のサンプルです。必要事項を記入してご利用ください。

【参考】駐車場賃貸借契約書のサンプル

駐車場の契約には注意点の把握が大切

この記事では、駐車場の契約についてご紹介しました。
駐車場の契約は、貸主の意向次第で初期費用や取り揃える書類が異なるため、希望の駐車場が決まった段階で確認することが大切です。

しかし、駐車場の契約書は電子契約で締結できます。
電子印鑑GMOサインは、法的に有効なクラウド型の電子契約サービスです。
駐車場賃貸借契約書も非対面の電子契約で締結できるため、時間や労力の削減に役立ちます。
手間に感じる駐車場の契約を電子印鑑GMOサインなどの電子契約サービスを利用して締結可能かを確認してみましょう。

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次