MENU

【保存版】転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことまとめ|選ぶときのポイントやいい担当者の見分け方も解説

  • URLをコピーしました!

 

 

 

 

本ページはプロモーションが含まれています。

転職エージェントを使って転職活動を行っている方も多いでしょう。また、転職者の増加や、転職市場の拡大に伴い、転職エージェントに関して耳にする人も増えたと思います。

しかし転職エージェントの使い方がわからない人も多いのではないでしょうか。実際に、うまく使いこなせず、転職に失敗する人もいます。また転職自体が初めての場合には、本当に転職がうまくいくのか不安に思うこともあるでしょう。

そのため当記事では、転職エージェントとの面談でやってはいけないことを解説します。

目次

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと7つ

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないことは以下のとおりです。

・約束を守らない
・予定の時間を過ぎても話すのをやめない
・職務経歴書などで嘘をつく
・過剰な要求をする
・転職への熱意が伝わらない言動をとる
・態度が悪い
・他社の転職エージェントの悪口を言う

約束を守らない

転職エージェントとの面談の約束を守らなければ、心象を悪くしてしまいます。転職エージェント側は、約束や期日を守れない人は、ビジネスパーソンとして信頼できないと考えるからです。

期日を守れないようであれば、「面接日に遅刻するのでは?」と考えてしまい、求人の紹介をためらってしまいます。しかし、どうしても約束の時間に来られない場合や予定を変更したい場合もあるでしょう。そのような場合には、早めに連絡を入れて別日に変更してもらえるようにしましょう。

連絡する時は、直通の電話や担当者へのメッセージツールを使い、連絡の行き違いを防ぎましょう。

予定の時間を過ぎても話すのをやめない

面談の時間を超過するのは絶対にやってはいけません。時間にルーズな印象を与えますし、ビジネスマナーとしても褒められたものではありません。

採用面接では、限られた時間でアピールしなければなりません。そのため面接中は、面接官の質問に対して端的に回答する必要があります。転職エージェントとの面談は、採用面接のリハーサルと考えて行動しましょう。

もし時間内に終わらない場合は、別日に時間を確保したり、相手に時間を確認したりしましょう。また面談の時間を短くするためにも、事前に質問したい内容や気になる点をメールなどで共有するのがおすすめです。

職務経歴書などで嘘をつく

自分のスキルや経歴を偽るのはやめましょう。転職エージェントは、求人を選定する時に、経歴やスキルなどを確認するからです。

もしスキルや経歴を詐称してしまうと、あなたの条件に合致した求人を紹介してもらえなくなります。たとえば資格を所持していると偽って内定をもらっても、入社した後で苦労するのは求職者自身です。実態の伴わないスキルや経験では、企業で浮いてしまったり、トラブルに巻き込まれたりします。

また経歴を詐称した場合、懲戒解雇の対象になることもあります。企業にとって不利益な人材を紹介した転職エージェントは、評判が下がってしまいます。転職エージェント側も経歴詐称する求人者とは関わりたくないでしょう。そのため、面談では絶対に嘘をつかないようにする必要があります。

過剰な要求をする

転職エージェントが提供しているサービス以上のことを求めてはいけません。

具体的には以下が挙げられます。

・プライベートに関わる情報の開示
・紹介できない求人の要求
・営業時間外に面談を行おうとする

このような行為は転職エージェントから迷惑に思われますし、社会人としても行ってはいけません。必ず利用する転職エージェントのサービスや対応できることなどを事前に把握しましょう。

転職への熱意が伝わらない言動をとる

転職エージェントは多忙であることが多くなっています。そのため、転職にやる気のない人を相手に割く時間はありません。転職エージェントとしても、熱意を感じられる人を優先的に対応するでしょう。

転職エージェントは紹介した求職者を採用した企業から報酬を得ています。転職の意思が高い人を優先した方が収入も増えるため、当然の対応と考えられます。

そのため「登録してみたけど、転職予定はない」「すぐに転職はしないけど、アドバイスが欲しい」など転職意欲が低い態度は見せないようにしましょう。

態度が悪い

転職エージェントの面談で高圧的な態度を取ってはいけません。ビジネスマナーが身についていないと見られてしまい、エージェントが求人を紹介をしてくれません。

常に謙虚な姿勢で面談をし、転職エージェントからの意見は素直に受け取りましょう。その意見を受け止め、改善すれば転職がうまくいくようになります。また、不明点や指摘などに対して質問をすれば、印象が良くなります。

他社の転職エージェントの悪口を言う

他社の転職エージェントをけなす態度を取るのも評価を下げてしまいます。以前利用したサービスで嫌な思いや不便な経験があると、どうしても不平不満を言いたくなります。

ですがビジネスパーソンとして、他社の悪口は禁句です。このような態度を取ってしまうと、優良求人を紹介してくれません。本気でサポートする転職エージェントの気持ちに応えるためにも、悪口を言うのは控えましょう。

転職エージェントにマイナスの印象を抱かれるとどうなるのか

転職エージェントに対するNG行動をとってしますと、マイナスの印象を持たれてしまいます。そしてマイナスの印象を抱かれるデメリットは、以下のとおりです。

・担当者から連絡が来なくなる
・紹介求人が来なくなる
・応募してもその後の選考の連絡が来なくなる

担当者から連絡が来なくなる

転職エージェントも人間のため、印象が悪い人には連絡をしなかったり、求職者を放置したりするおそれもあります。こちらから連絡を送っても返信が遅くなったり、来なくなったりします。

転職エージェントは1人で複数人のサポートをしていることが通常です。そのため、優先順位の低い求職者への連絡は自然と減ってしまいます。

もちろん連絡が偶然遅くなることもあります。しかし、連絡が全く来ない場合は見捨てられたり、悪く思われたりしていると考えて間違いないでしょう。

紹介求人が来なくなる

転職エージェントにとって、求人を出す企業も顧客です。企業になるべく良い印象を持ってもらうためにも、良い求職者を優先的に紹介したいと考えます。

面談の時点で求職者に問題がある場合、転職エージェントは企業へ紹介しにくくなります。これまで良い関係を長く続けてきた企業に、悪い印象を持たれたくはないため、紹介求人を出し渋るかもしれません。

転職エージェントの印象で求人の良し悪しが変わってしまうため、マイナスの印象を抱かれないようにしましょう。

応募してもその後の選考の連絡が来なくなる

転職エージェントに悪印象を抱かれると、応募してもその後の選考の連絡が一切来ない場合もあります。理由は求職者の優先度が低く、選考が進んでも進まなくても、重要と考えられていないからです。このような場合には、書類選考通過や1次面接の予定の告知などが伝えられません。

他にも選考を進めるうえで重要な注意事項やアドバイスなど、内定をもらうためのサポートが得られなくなるデメリットもあります。

転職エージェントに好印象を持たれるためにはどうすればいいの?

転職エージェントに悪い印象を持たれるのを防ぐためにも、以下のことを意識しましょう。

・必要な書類を出す
・転職の理由を明確にする
・わからないことは質問する
・言葉遣いに注意する
・清潔感のある身だしなみに整える
・希望の業界や条件をまとめておく
・自己アピールなど自分の強みを事前に把握する
・積極的に応募する
・転職希望日を明確にする

必要な書類を出す

職務経歴書や履歴書を面談の前に事前に用意しましょう。必要な書類を準備するのは時間も手間もかかります。そのため、事前に準備しておけば、その分転職への熱意をアピールできるからです。

ただし、初めて転職を行う方や履歴書や職務経歴書を用意する余裕がない方は、無理に準備する必要はありません。転職エージェントのサイトには、必要事項を記入するだけで書類が完成するテンプレートが用意されている場合もあります。また、転職エージェントと相談しながらの作成も可能です。

焦って作っても、自分の強みのアピールにはつながりません。転職のプロと一緒に作る方がより良いものができるでしょう

転職の理由を明確にする

転職エージェントに好印象を持ってもらうためには、転職理由を明確にし、ポジティブな理由で転職を考えましょう。ネガティブな理由で転職をすると、「また同じ理由で辞めてしまう」「他責思考で良くない」という印象を持たれてしまうからです。

ポジティブな理由で転職するためにも、ポジティブな理由への言い換えが必要です。具体的には以下が挙げられます。

ネガティブポジティブに言い換え
待遇が悪かった実績が認めてもらえる環境で働きたい
達成感が無い明確な目標を設定し、目標達成に向けて頑張って働きたい
人間環境が悪いチームワークの良い環境で働きたい
残業が多い仕事のオンとオフをはっきりさせて働きたい

面談前に転職理由を整理しておくと、スムーズに理由を伝えることが可能です。

わからないことは質問する

転職エージェントとの面談で、わからないことはすぐに質問しましょう。不明点の解消により、的確なアドバイスが可能となるため、早期の転職につながります。

特に初めての転職の時は、転職の流れや待遇アップの相談などわからないことが多いです。また、紹介された業界特有の専門用語や、必要なスキルなど転職活動時には多くの疑問が浮かんできます。不明点や疑問点を放置して希望企業からの内定が得られないことは、避けなければなりません。

言葉遣いに注意する

面談中は丁寧な言葉遣いを心がけましょう。転職エージェントは、面談の態度から企業との面接をイメージするため、丁寧な言葉遣いほど好印象を持たれます。

相手を見てハキハキと話したり、背筋を伸ばしたりして、相手に良い印象を持ってもらえるようにしましょう。また、自分の態度に問題が無いか友人や第三者から見てもらい、客観的に自分を改善することも効果的です。

ただし、最初から完璧な言葉遣いを目指す必要はありません。少しずつ学びながら改善し、面接本番までに万全の状態となっていれば問題ありません。

清潔感のある身だしなみに整える

転職エージェントと面談する時は、企業との面接と考えて身だしなみを整えましょう。服装に指定はありませんが、スーツなど仕事で着用する服装の方が真面目な印象を持たれ、高評価につながります。

さらに男性ならひげを剃ったり、女性なら派手目なメイクを控えたりしましょう。オンラインでの面接時は気が緩んでしまいがちです。しかし、しっかりとした格好で臨んだ方が良い印象を与えます。

希望の業界や条件をまとめておく

転職エージェントと面談をする前に、予め自分で希望の業界や条件を把握しましょう。予め情報を収集することで、面談の流れが早くなり、自分に合う求人を見つけやすくなるからです。

転職活動はスタートダッシュが肝心です。自己分析や自分が進みたいキャリアなどを考え、漫然とした転職活動にならないようにしましょう。もし迷っている場合は、キャリアアドバイザーなどを活用して、自分のキャリアを相談してみるのも一つの方法です。

ただ条件を考える時は、注意が必要です。同じ職種でも違う業界に行けば、給与の形態やテーブルが違うため、条件に合わない可能性もあります。また好条件を求め続けると、転職エージェントも探し出すのが難しくなります。そのため、自分からある程度譲歩することも必要です。

自己アピールなど自分の強みを事前に把握する

面談前に予め自分の強みやアピールできるポイントを見つけましょう。転職の動機や入社した企業でどのような貢献が可能かを棚卸しします。

具体的には、友人の発言や前職の同僚から評価された経験、作ってきた実績などが挙げられます。なぜ結果が残せたか、なぜ上手くいったのかなど、方法や要因の把握も重要です。特に実績を具体的な数字で示せると、企業との面接時にアピールしやすいです。

ただし、自分の強みがわからない人や、どの長所が一番優れているのかわからない人は、転職サイトなどの自己分析サービスを使ってみましょう。すべてが当てはまるわけではありませんが、大まかな自分の強みや方向性がわかります。

積極的に応募する

転職に熱意があると伝えるためにも、積極的に応募しましょう。求人を選り好みしすぎたり、全く応募しなかったりすれば、エージェントからやる気がないと判断されてしまいます。

また求人に応募する時は、条件をしっかりと見てから応募しましょう。条件に合わない求人に応募しても、転職エージェントの負担が増えるだけです。そのため、転職エージェントと予めある程度条件をすり合わせてから応募しましょう。

転職希望日を明確にする

転職希望日を明確にしましょう。特に早期の転職を考えている人は、転職エージェントから好印象を持たれます。転職エージェントのビジネスモデル上、早く求職者を内定させた方が報酬も早く得られるからです。

そのため早期の転職意思を表明し、具体的な予定を伝えましょう。具体的な期間は、数カ月や半年以内がオススメです。仮に最初の面談から上手くいったとしても、転職には早くて一カ月程度はかかります。書類選考や面接の予定にもよりますが、最低でも数カ月はかかると転職エージェントは考えています。

転職エージェントと面談、内定するまでの流れ

転職エージェントと面談から内定までの流れは以下のとおりです。

Step1.お互いの自己紹介
Step2.職務経歴書と今までのキャリアの棚卸し
Step3.転職理由や目標の把握
Step4.求人の紹介
Step5.書類の添削
Step6.面接対策を受ける
Step7.面接や内定の手続き

Step1.お互いの自己紹介

電話やメールで予定日を決め、転職エージェントと初めての面談を行います。お互いの自己紹介や自分がアピールできる部分を話します。

また転職エージェントは、転職までの流れやサービスの使い方などを紹介し、何が得意かなども伝えられます。この時点で、自分が志望する業界があれば、そのエージェントで対応可能か相談しましょう。場合によっては、他のエージェントへすぐに変更できます。

Step2.職務経歴書と今までのキャリアの棚卸し

職務経歴書や履歴書は、面談が始まる前にすべて準備しましょう。転職エージェントサイトで記入し、そのデータを書類として対応しても問題ありません。

ただし、今後のキャリアが決まっていない方は転職エージェントと相談をしながら、方向性を決めた方が良いでしょう。

Step3.転職理由や目標の把握

必要な書類を確認した後は、転職理由や今後のキャリアを考えていきます。

具体的には以下のとおりです。

・転職希望日
・志望する業界・職種
・希望条件(収入、福利厚生)
・今後どのようにキャリアを進めていくか
・なぜ現職・前職から転職したいのか
・その他の要望・希望

転職エージェントはここから、現在の転職市場を基に転職が可能かどうかや、求人が紹介できるかどうかを判断します。

Step4.求人の紹介

面談中もしくは面談終了後に、提出した職務経歴書や経験、希望を基に転職エージェントは求人を紹介します。大抵の場合は、求職者の希望に合致する求人を数件出してくれるため、必ずすぐに目を通しましょう。

また、紹介求人を見た時に自分が思っていたものと違った求人が紹介されたと感じる場合もあるでしょう。そのような場合には、すぐに転職エージェントに相談し、要望を伝えましょう。ただし、それでも希望した求人と違っていたら、違うエージェントに変更したり、違う転職エージェントを使ったりなどの対策を行いましょう。

Step5.書類の添削

求職者側でも、自分の志望する業界や企業に合わせて書類を編集し、準備しましょう。またエージェントに添削してもらい、より良い履歴書や職務経歴書を準備し、書類通過率を上げましょう。

書類を書く時は、事実ベースで書き、エージェントにより企業に良い印象を持ってもらえるような書類にします。ただ1人で書くのが難しい場合やわからない場合は、すぐに質問し、一緒に書類を作り込んでいきましょう。

Step6.面接対策を受ける

転職エージェントに依頼すると、面接の練習も一緒に考えてくれます。応募している企業や業界を中心に、面接の傾向やどのようなアピールをするべきかといったアドバイス、改善点などを教えてもらえます。

書類面接が通っても、面接が通らなければ内定はもらえません。そのため面接練習も積極的に活用し、早期に内定がもらえるように練習を行いましょう。

Step7.面接や内定の手続き

面談の日時は求職者の希望も取り入れながら、担当者が調整します。求職者は面接に向けて準備をしますが、仮に落ちてしまってもフィードバックがもらえます。フィードバックを反映して、今後の面接に活かしましょう。

また無事に内定が出た場合は、給与や入社日の調整もエージェントが行ってくれます。退職手続きについても、上司への報告の仕方や退職日までの動きについてサポートしてくれます。特に初めての転職では、わからないことも多いため、不安や質問があれば積極的に相談に乗ってもらいましょう。

転職エージェントを選ぶ時のポイント

転職エージェント選びを間違えないためにも、以下の3つのポイントを押さえましょう。

・大手転職エージェントを選ぶ
・自分が希望する業界で選ぶ
・複数の転職エージェントを使う

大手転職エージェントを選ぶ

大手転職エージェントは、業界や職種関係なく大量の求人を持っています。また、大手転職エージェントしか持っていない優良な求人も多数取り揃えています。そのため、大手転職エージェントを選べば、求人選びに困りません。

各業界のスペシャリストも在籍しており、詳しい経営状況や何を求めているのかなど、求職者へ配慮した求人票を用意しています。

自分が希望する業界で選ぶ

自分が志望する業界に特化した転職エージェントにも登録しましょう。業界特化型転職エージェントは、求人数では大手に勝てませんが、業界への知識が豊富なエージェントにサポートしてもらえます。

そのため、大手転職エージェントのように、幅広く知識はあるが詳しくはないといったリスクを防げます。また希望にマッチする希少な求人や、専門的なキャリアのアドバイスも可能です。

複数の転職エージェントを使う

一つの転職エージェントに頼らず、複数の転職エージェントを使うことも重要です。比較することで、現在の転職市場や自分の市場価値を客観的に見定めましょう。

良い転職エージェントでも、人によっては相性の良し悪しがありますし。また、特定の転職エージェントにしかない求人も存在します。複数の転職エージェントに登録すれば、優良な求人を見逃さず、さらに自分に合った転職エージェントを見つけられます。

良い転職エージェント担当者の見分け方

良い求人を見つけるには自分に合った、良い転職エージェントを見つけることが大事です。良い転職エージェントを見つけるには以下がおすすめです。

・キャリアについて親身に相談に乗ってくれる
・希望する業界や職種に知見がある
・希望に合わせた求人を提案する
・専門的な視点から適切なアドバイスをしてくれる

キャリアについて親身に相談に乗ってくれる

求職者のキャリアについて、親身に相談に乗ってくれる転職エージェントかどうかは大事なポイントです。

面談してすぐに、今までのキャリアや、希望する業界・職種に沿った求人を紹介するエージェントもいます。最近で、AIの進歩も目覚ましく、単に条件に合った求人紹介ならエージェントでなくても可能です。転職エージェントが必要な理由は、求職者自身でも気付けなかった可能性や将来を教えてもらえることです。

親身に相談に乗ってくれるエージェントであれば、志望の業界でどのようなキャリアを積みたいかなどの希望を把握しながら、アドバイスを与えてくれます。

希望する業界や職種に知見がある

転職エージェントにも向き不向きがあり、求職者が希望する業界の市場や労働状況などを知らないケースもあります。

転職エージェントを活用する理由として、仕事内容の把握や詳細な求人情報の収集が挙げられます。しかし詳しい情報を持っていない転職エージェントでは、面談や相談の意味がなく、面接練習でもより踏み込んだ質問ができません。

転職エージェントが希望する業界や職種に対して深い知見がない場合には、変更をお願いしましょう。

希望に合わせた求人を提案する

求職者は、転職エージェントとの最初の面談で、希望の職種や条件を提供しています。エージェントは、それを踏まえたうえで求人を紹介することが通常です。しかし、一部の転職エージェントは、希望を無視して全く関係のない求人を紹介する場合があります。

求職者のキャリアを考えて、「希望を叶えるためには、この業界の経験が必要」といった提案なら、問題ありません。しかし、できる限り早く報酬を得ることを目的に、希望を無視して企業に求職者を紹介するエージェントもいるため、注意が必要です。

専門的な視点から適切なアドバイスをしてくれる

転職活動を1人で行うのは難しく、希望するキャリアを目指すためには転職エージェントの適切なアドバイスが重要です。

たとえば、内定を複数もらった時に、全社が魅力的だったとします。すべての企業が魅力的に見える求職者には優先順位をつけるのが難しく、どのように順位をつければ良いのか悩んでしまうでしょう。

そんなときに転職エージェントが「どれでも良い」「好きなように選べば良い」などの曖昧な返答をするような場合は気をつけましょう。そこでしっかりと「転職軸からすれば、2つ目の企業がお勧めです」など、具体的かつ的確なアドバイスをしてくれるかどうかが重要です。

転職エージェント利用者の体験談

転職エージェントを活用した利用者の声を紹介します。

転職エージェントに無視された

転職エージェントに登録して面接した後に無視されたケースです。エージェントからの返信やサポートがなく、明らかに見捨てられています。

転職の軸は必ず持つこと

転職時に求職者は、何を求めて転職するのか良く考えなければなりません。転職エージェントは転職活動をサポートしますが、エージェントによっては内定が出そうな求人しか紹介しないからです。しっかりと転職軸を設定してから活動を行いましょう。

希望の求人を持ってこない

転職エージェントが、希望の求人を紹介しないケースもあります。これはできる限り多くの求職者を、どこでも良いから転職させた方が収入も増えるからです。

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェントは以下の5つです。

・dodaエージェント
・マイナビエージェント
・リクルートエージェント
・パソナキャリア
・ビズリーチ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

dodaエージェント

dodaエージェントは、パーソルキャリアが運営するサービスで、業界の中でもトップクラスの求人数を持っています。未経験可の求人や社会人経験のみを見ている企業など、第2新卒の方でも使いやすいサービスです。

各業界のトレンドや職種別に検索ができ、dodaの他のサービスとも連携すれば、面接確約オファーなどのメリットもあります。他にも以下のサービスが使え、求職者の不安を払拭できるように努めています。

・面接や書類の添削
・転職セミナーの参加
・自己分析

マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます。

マイナビエージェントは、転職活動が初めての方でも安心して相談できる転職エージェントです。第2新卒や20代の転職活動に力を入れており、若いうちからキャリアアップを考えている人はぜひ登録しましょう。

また大手転職エージェントの中でも、面接対策や書類の添削といったサポートが手厚くなっています。職務経歴書や履歴書の書き方がわからない方でも、安心して任せられるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、最も多くの求人を取り扱っている転職エージェントです。転職成功実績も業界トップクラスで、非公開求人も多数あるため、多くの方におすすめです。

転職エージェントも質が高く、厳しい添削を希望する方は、リクルートエージェントへ登録しましょう。

パソナキャリア

パソナキャリアは2019年から2021年のオリコン顧客満足度1位に選ばれた転職エージェントです。丁寧なサポートで、転職に不慣れな方でも安心して利用可能です。

求人紹介の時は求職者に細やかなヒアリングを行い、希望にマッチする求人を的確に提案してくれます。転職エージェントは、企業の採用担当と密に連絡を取っており、企業の雰囲気や求めている人物像を細かく把握しています。そのため、求職者と企業のニーズを的確に擦り合わせることが可能であり、転職後のミスマッチも起きにくいです。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス転職を専門にした国内最大手の転職サービスです。他の転職エージェントと違い、自分の市場価値を確かめたり、ハイクラスな求人を探したりできます。

担当者のアドバイスも的確であり、条件の良い求人を紹介してくれます。また、担当者が企業の面接や給与交渉などのサポートも行い、求職者の転職活動の負担を減らしてくれます。

転職エージェントに見捨てられないように注意しよう

今回は転職エージェントとの面談でやってはいけないことや、好印象を残すコツを解説しました。転職エージェントを使う時は、面談時に失礼の無いようにしましょう。

転職エージェントと良い関係を作らなければ、良い求人を紹介してもらえず、内定までのサポートもしてくれません。また、給与交渉の時にも転職エージェントのサポートが重要です。最短最速で好条件の企業から内定を得るためにも、転職エージェントと良い関係を持ち、希望のキャリアを実現できるようにしましょう。

転職エージェントおすすめ3選!

ここでは転職活動をする上でチェックすべき転職エージェント(おすすめの転職サイト)をご紹介します。転職エージェントを利用することによって、通常の転職活動では見つけられないような非公開求人を紹介してもらえたり、転職に関する豊富な知識と経験を持つコンサルタントによるサポートが受けられるなど、さまざまなメリットがあります。転職エージェントを上手に活用して、理想の転職を叶えましょう!

リクルートエージェント

圧倒的知名度を誇る「リクルートエージェント」。転職成功No.1の実績を持ち、厳選した21万件以上の非公開求人から提案してくれます。さらに、専門コンサルタントがフルサポートと充実したサービスを受けることができます。なかなか言づらい年収や条件、入社日程などの交渉を代行してくれるため、希望の転職先が見つけやすいのも魅力です。無料で利用できるので、迷ったらまずは相談してみるのがおすすめです。今すぐ転職したい方はもちろん、転職するかどうか迷っている方でも無料で気軽に相談可能です。

doda

doda」は、転職に関する情報が満載の転職サイトです。求人数はなんと20万件以上!多種多様な求人から探せるので、あなたの希望のお仕事がきっと見つかります。転職活動をする上でわからないことや困ったことが起きた時に気軽に相談できるのも魅力です。また、転職のノウハウが学べるセミナーや、選考前に企業と話せるイベントなど、転職活動に役立つさまざまなサービスを提供しているので、初めての転職でどう進めればいいのかわからないという方にもおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント」はオリコン顧客満足度調査において、満足度総合No.1を獲得した転職支援サービスです。各職種の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが求人紹介から内定まで一貫してサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心して利用できます。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報を教えてくれます。なんと転職後の年収UP率は驚異の61.1%!WEB面談や電話でも対応してくれるので、直接会わなくても気軽に相談することができます。

 

 

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次