MENU

【保存版】転職の面接でよく聞かれる質問とその対策|注意点やおすすめの転職エージェントも紹介!

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

転職活動において避けては通れない面接ですが、大半の方は苦手意識があるのではないでしょうか。事前準備を徹底的に行っていなければ、予想外の質問に慌ててしまい後悔が残る面接となってしまいかねません。

ある程度ビジネス経験がある人材を採用する転職の面接には、新卒採用とは異なる特徴がいくつもあるため注意が必要です。そこで本記事では、転職の面接でよく聞かれる質問や逆質問をする際の注意点について詳しく解説します。自身の強みを最大限アピールするためにも、成功のコツを確認していきましょう。

目次

【転職の面接】面接官に好印象を与えるために

求職者は、面接官に好印象を与えたいと思うでしょう。特に新卒採用ではなく転職の面接の場合には、フレッシュさや初々しさとは別の部分で好印象を与えなければなりません。そのため面接官が重点的に見るポイントを把握して、効果的な面接対策を立てることをおすすめします。

そこで、面接で好印象を与えるための注意点をご紹介します。服装編・挨拶編・自己紹介編とそれぞれ詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

服装編

人の第一印象は3秒で決まると言われています。3秒で与えられる印象のほとんどは見た目であるため、身だしなみは非常に重要と言えます。

転職の面接の場合、リクルートスーツでは学生らしさが出てしまう可能性があります。新卒採用なら問題ありませんが、転職の面接では「この人に任せて大丈夫かな」などと頼りない印象を与えかねません。そのため淡い色味のシャツを選んだり、カットソーに変えたりするなどして洗練された印象を与える工夫をしましょう。

職種によっては、私服やカジュアルな服装を指定されるケースもあります。その場合は、企業の意図を考えなければなりません。建前である場合が多いですが、応募者の個性を見たり社風とセンスが合うか確認したりする目的なども考えられます。

そのため事前に企業リサーチを実施して、応募企業の社風に合った清潔感ある印象を与えられる服装を選びましょう。本当に私服などがOKの企業ならば、ジャケットや襟付きのシャツがおすすめです。

挨拶編

面接がスタートしたら、まずは「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えます。話し方のマナーとして、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

 ・面接官の目を見て話す
 ・笑顔でハキハキと答える
 ・言い切りで終える

特に言い切りで終える点は、面接官に好印象を与えるためには非常に重要です。語尾があやふやではコミュニケーションスキルが低いと判断されてしまいますので、事前に練習しておくことをおすすめします。

自己紹介編

面接では、序盤で自己紹介を求められるケースも少なくありません。自己紹介で伝えるべき内容は以下の3つです。

 ・名前
 ・現職(前職)の経歴や実績
 ・簡略化した志望動機

これらの3つを1分程度に簡潔にまとめて伝えましょう。できれば履歴書に書いてあることだけでなく、経歴や実績、志望動機などで面接官が意外に感じるような事実を話せれば相手を引き付けられるでしょう。

また自己紹介を求める目的には、応募者の緊張を和らげる・コミュニケーションスキルの確認・後の質問につなげることも挙げられます。書類からではわからない応募者の人柄や性質を確認しようとしている時間と考えましょう。

転職の面接でよくされる質問

転職の面接では、最後に質問を求められて言いよどんでしまったり、面接官と会話がかみ合わなかったりしてしまったなどと後悔するケースも多く存在します。転職の面接では、あらかじめ対策をしておけば焦らず面接を進められます。

そこで、転職の面接でよく質問される項目について詳しく解説します。落ち着いて対応するために確認しておきましょう。

退職理由

退職理由を聞く意図は、仕事に対する責任感や自社で長く働く意志の確認です。現職(前職)の不満や愚痴をそのまま伝えてしまうと、印象が損なわれてしまうので避けましょう。

スキルアップのため」「より良い環境で働くため」など前向きな理由で伝えられるようにしましょう。そうしておけば、退職理由から志望動機へとスムーズに流れを変えられます。

志望動機

志望動機を聞く意図は、志望度の強さや会社が目指すべきビジョンとのマッチ度の確認です。競合他社の中でもなぜその企業を選んだのか、明確に答える必要があります。

わかりやすく伝えるポイントは、話す順番です。最初に結論から述べると、効果的です。

たとえば、最初に「マーケティングの経験を活かし、新商品の企画に携わりたいため御社を志望しました」と伝えるとどうでしょうか。マーケティングに対しての自信や、入社後に企画がやりたい意志などが明確に伝わります。出だしのインパクトに、面接官は興味を持ちやすくなるでしょう。

自己PR

自己PRを聞く意図は、入社後活躍できる人材か、会社の成長に貢献できるかどうかの確認です。簡潔にまとめた自己紹介とは違い、自身の経験を掘り下げて具体的に伝える必要があります。

現職(前職)で何を経験したか、その経験から何を得たか、入社後活かせる経験は何かなどの自身の強みに触れてから、入社したい強い意志につなげる流れで話しましょう。自己PRでも、「私の強みは〇〇です」と結論から話すと効果的に伝わります。

しかし、自身の強みが企業とマッチしていなければ意味がありません。企業リサーチを入念に行い、企業が求めるものを理解したうえで自己PRを考えれば自身の強みが伝わりやすくなります。

資格・スキル

「何か資格は持っていますか」と質問されるケースがあります。この場合には、入社後に活かせる資格のみを伝えましょう。また、なぜその資格の取得を目指したのか、資格をどのように活かしたいのかなど、より具体的な質問を投げかけられても対応できるように整理しておくと良いでしょう。

その企業で活かせる資格がない場合は、「〇〇の資格取得に向けて勉強中です」「〇〇の資格に挑戦しましたが、落ちてしまったので再度チャレンジ予定です」など努力をアピールすると効果的です。

キャリアプラン

キャリアプランを質問する意図は、仕事に対しての向上心や目標設定力の確認です。企業が目指しているビジョンとかけ離れた回答をしてしまうと、企業リサーチができていない判断されてマイナス評価につながるため注意が必要です。将来の企業で自身がどのようなポジションで働きたいのかを明確にしておきましょう。

キャリアプランに具体性を持たせるためには、「入社3年後には~」「10年後には~」などと数字を交えて伝えると良いでしょう。またキャリアプランを実現させるために今努力していることや、これから経験を積みたい内容なども付け加えた回答が理想的です。

なお、キャリアプランに似た質問として「将来の夢は何ですか」「キャリアビジョンを教えてください」などのパターンも考えられます。意図は同じですので、同様に対処すれば良いでしょう。

転職の面接で逆質問する際の注意点

面接の最後に、「何か質問はありますか」と逆質問を求められる場合があります。この際にとっさに思い浮かばず沈黙してしまったり、ありきたりな質問をして面接を終えてしまったりするなど失敗例が多く見られます。しかし、逆質問は面接官に熱意をアピールできる最後のチャンスと言えます。

そこで、企業が逆質問をする意図やNG回答例などを詳しく解説します。

企業が逆質問する意図

企業が逆質問をする意図は、応募者の熱意や意欲の確認です。面接官が質問できる時間には限りがあるため、逆質問によって応募者が面接でアピールしきれずにいた実績や企業への関心度を再度確認しようとしています

また逆質問によって、コミュニケーションスキルを推し量っている場合も考えられます。どのような場合でも逆質問を利用して、改めて入社意欲をアピールしましょう。

やる気を見せられる逆質問例

やる気を見せられる逆質問をして、面接官の印象に残ることが大切です。良い印象を与えられる逆質問の回答例を見ていきましょう。

 ・私の〇〇の実績はプロジェクトでどのように活かせると思いますか。
 ・御社で活躍されている方の共通点は何ですか。
 ・コミュニケーションスキルを活かしたいのですが、他部署との交流はどの程度ありますか。
 ・御社が今不足していると感じる点は何ですか。

入社後の自身をイメージさせるような逆質問をすると、面接官に効果的にアピールできます。自身の強みを絡めて逆質問できると、さらに良いでしょう。

面接段階により逆質問の内容を変える

一次面接や最終面接など、面接の段階によって適した逆質問の内容が異なるため、注意が必要です。一次面接は、人事の採用担当者や応募部署の現役社員が面接官に選出される場合が多くです。

一次面接で重点的に見られるポイントは、ビジネスにおける基本的な能力やコミュニケーションスキルです。したがって「営業部ではどのような方が活躍されていますか」「部内の雰囲気を教えてください」など、組織の基本的な部分の質問が適していると考えられます。

二次面接では、より働く意欲がアピールできるような逆質問が良いでしょう。「即戦力になる人材はどのような人物だと思いますか」「営業部には転職して活躍している方はいますか」などの質問ならば、企業について自ら学ぼうという姿勢をアピールできます。

最終面接は、企業のトップと話せる貴重な機会です。企業の役員クラスが面接官である場合が多く、入社後のビジョンや貢献度を判断します。「〇〇様は何を大切にして仕事をなさっていますか」「〇〇の商品がヒットした理由は何だとお考えでしょうか」など、企業に対しての強い興味や入社への意気込みがアピールできると効果的です。

逆質問のNGパターン

逆質問は、どのような内容でも良いわけではありません。内容によっては悪い印象を与えてしまうため、注意が必要です。

たとえば、ホームページや採用ページを確認すればわかるような内容を質問してはいけません。事業内容や主な取引先などを質問してしまうと、入社したい企業について調べてもいないのかと意欲を疑われてしまいます。できれば応募先企業だけでなく、意欲や知識を示すために競合他社も入念にリサーチしておきましょう。

また、給与や福利厚生についての質問は控えましょう。企業を選ぶうえでは重要なポイントですが、逆質問には適していません。「仕事よりもお金や休みを優先するのか?」とマイナスの印象を与えてしまいます。

面接に失敗しないための対策や準備

面接は多くても3回程度実施する企業が大半でしょう。限られた時間で自身を最大限アピールすることに、不安がある方も多いはずです。面接のよくある質問や逆質問の内容も重要ですが、転職の面接を成功させるためには対策や準備が必要です。

転職の面接のために必要な対策と準備を詳しく解説します。本章でご紹介する重要な4つのポイントを参考にして、完璧な状態で面接当日を迎えられるようにしましょう。

履歴書や職務経歴書の準備

通常、履歴書や職務経歴書は面接が決まる段階には書き終えているでしょう。しかし、面接対策は履歴書や職務経歴書を作成する時点から始まっていると言っても過言ではありません。

多くの面接を経験してきた面接官にとっては、付け焼刃のような応募書類ではすぐに見抜かれてしまいます。そのため、履歴書や職務経歴書でセルフプロモーションを図ることが重要です。ただ職歴をなぞるだけではなく、自己PRを詰め込むように意識して作成しましょう。

徹底的な企業リサーチ

面接で焦らないために、企業リサーチを徹底的に行いましょう。企業のホームページを確認するだけでなく、商品の口コミや競合他社などについて把握しておく必要があります。

最近では、SNSを運用している企業も珍しくありません。そのため企業アカウントをフォローしておき、最新の情報をチェックできる状況にしておきましょう。

模擬面接

転職活動中ならば、転職エージェントを利用している方も多いのではないでしょうか。転職エージェントでは、企業の求人案内を紹介するだけでなく面接対策として模擬面接も行っているはずです。そのため面接前に模擬面接を経験しておき、転職のプロからアドバイスをもらいましょう。

また面接が進むごとに、模擬面接を行っておくことをおすすめします。前回の面接の改善点をアドバイスしてもらいながら、次の面接対策が練られるでしょう。

面接後のフォロー

面接後のフォローとは、面接のフィードバックだけでなく、担当者から企業採用者への後押しです。面接で手ごたえが感じられない場合は、転職エージェントに依頼してフォローを依頼しましょう。単純に面接がうまくいかなかったからではなく、面接の内容をありのまま伝えて、適切なフォローを依頼する必要があります。

面接対策が手厚い転職エージェント3選

面接が進むにつれ、転職エージェントを利用してサポートしてもらえば良かったと感じる方も少なくありません。転職では孤独な戦いが続くので、長い転職活動には相談相手や客観的なアドバイスをくれる人物が必要不可欠です。

そこで面接対策のサポートが手厚い転職エージェントをご紹介します。エージェントそれぞれの面接対策の特徴を詳しく解説しますので、転職エージェント選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

マイナビエージェント

※マイナビのプロモーションを含みます。

マイナビエージェントは、入念なヒアリングが特徴です。転職のプロであるキャリアアドバイザーがキャリアの棚卸をサポートしてくれるため、自身の強みがより明確になります。

転職の面接では、自身の強みが企業にどのようなメリットを与えるのかを具体的に伝える必要があります。客観的な立場からのアドバイスがあれば、自身では気づかない強みやスキルに関する新しい発見があるでしょう。

マイナビエージェントは、面接後のフォローアップも手厚く、次回の面接に向けた対策の練り直しが可能です。企業へのプッシュも実施してくれる心強いエージェントと言えます。

パソナキャリア

パソナキャリアでは、面接対策の専門部隊が用意されています。基本的なマナーはもちろん、志望動機や自己PRに関してもプロのアドバイスが受けられるため、安心して面接に臨めるでしょう。また入社実績のある企業の場合は、過去の内定者の特徴を詳細に教えてくれるため、企業に合った面接対策が行えます。

働きながら転職活動を行っている場合には、転職エージェントのオフィスに足を運べない方も少なくありません。しかし、パソナキャリアならば電話での模擬面接にも対応可能です。なかなか時間が確保できない方は、ぜひ電話相談を活用しましょう。

doda

dodaの特徴は、面接力アップセミナーを開催している点です。転職のプロが講師を勤め、面接官が注目するポイントや面接の準備についてわかりやすく教えてくれます。セミナーも定期的に行われており、約90分の内容であるため働きながら転職活動している方でも参加しやすいでしょう。

さらにdodaの会員限定で、面接対策専用のアプリも用意されており、基本対策・実践対策・確認テストの3つの段階を学べます。隙間時間に活用できるため、仕事と両立しやすいです。

【Q&A】転職の面接についてよくある質問

新卒採用とは多くの違いがある転職の面接では、何かと不安になるものです。そこで転職の面接について、よくある質問をまとめました。自信を持って面接当日を迎えるためにチェックしておきましょう。

未経験・異業種の面接のポイントとは?

応募者の前職が異業種である場合、面接官が見極めたいポイントは会社を辞めてまで異業種にチャレンジする理由や自社を選ぶ理由です。志望動機に一貫性があれば、強い入社意欲をアピールできます。

前職で培った経験と応募先企業で必要となるスキルの共通点を見つけておきましょう。職場での経験は、違う職場でも必要とされるスキルに結び付くものを伝えることが重要です。また未経験の場合でも、貢献しやすいスキルをアピールすることが重要です。

さらに育成に時間をかけたのに、また転職されてしまっては企業に損失が出てしまいます。そのため、企業への定着性も大きなポイントです。入社後のキャリアプランや目標を具体的に伝え、長く働く意志をアピールできると効果的です。

お礼メールは必要?

面接後のお礼メールは必須ではありません。お礼メールを送らないからといって、企業からの印象が悪くなることもないでしょう。逆に面接で伝えきれなかった熱意をつらつら述べたり、マナーの悪い文章を送ったりしてしまと、自身の印象を下げてしまう可能性があります。

それでもお礼メールを送りたい方は、面接を受けた当日中に人事採用担当者へ送るようにしてください。件名は一目でメールの内容がわかるように「〇月〇日面接のお礼【〇〇(自身の氏名)】」としましょう。本文には自己紹介や面接のお礼の言葉に加えて、「貴社の益々の発展を心よりお祈り申し上げます」など、結びの言葉を添えることも忘れないようにしましょう。

オンライン面接のポイントとは?

コロナ禍をきっかけに、面接をオンラインで行う企業も増えています。面接の内容に変わりはありませんが、初めての場合は少し戸惑うこともあるかもしれません。

オンライン面接では、音声が途切れる、画面がフリーズするなどのトラブルが起こらないようにインターネット環境を整えておく必要があります。デバイスはスマホやタブレットでも問題ありませんが、画面が大きく音も聞き取りやすいパソコンがおすすめです。

Google MeetやZoom、Teamsなど、企業によって使用するツールに違いがあるため、事前に確認しておきましょう。また面接官が聞き取りやすいよう、普通の面接よりもハキハキとゆっくり話すように心がけてください。

【採用担当者必見】中途採用で良い人材を見抜くコツや注意点

中途採用を行う企業の多くは、即戦力となる人材の獲得を期待しています。しかし、過去に有名企業に在籍していた、十分な実績があるなどの人材を採用しても即戦力になるとは限りません。

そのため、採用担当者に向けて中途採用のコツと注意点を紹介します。以下の3つのポイントを押さえて、綿密な採用計画を立てておきましょう。

採用面接者の選出

面接官は応募者と最初に顔を合わせるため、いわば会社の顔と言えます。面接官が面接で発する言葉は、会社の言葉であると認識しておかなければなりません。

企業は選ぶ立場ばかりではなく、選ばれる立場でもあるのです。面接で企業イメージを下げてしまっては、優秀な人材を逃してしまう可能性があるでしょう。

応募者の性質を引き出すために、人事担当者のほかにコミュニケーションスキル・柔軟性・判断力がある社員を2~3名選出しましょう。話しやすい雰囲気をつくり、相手に応じて質問の仕方を変えることが望ましいです。お互いが評価される立場であることを認識して、面接に臨んでください。

中途採用の面接質問例

ミスマッチを防ぐためには、応募者が入社後にどのようなビジョンを思い描いているのかを引き出す質問が重要です。

 ・当社で10年後どのような仕事をしたいですか
 ・思い描くキャリアプランを教えてください
 ・どのような実績や成果を出したいですか

このような質問に、自身の言葉で答えられる人材に注目しましょう。中途採用の場合、面接の相手はビジネスマンです。仕事の軸がある前提で、その軸を確認するような質問が効果的です。

面接官のNGな質問

面接は公正な判断が必須です。悪意のある質問や、タブーな質問は絶対に避けなければなりません。特に今の時代、差別的な質問は法律違反だけでなく、SNSで拡散されれば企業イメージを著しく損ねてしまう可能性があります。

 ・本籍や出生地
 ・家族(家族の職業や健康状態など)
 ・住宅環境
 ・宗教に関すること
 ・支持政党

これらの質問は絶対に避けましょう。また結婚の予定の有無や子供を望むかどうかなどの質問もタブーとされています。ハラスメントで訴えられるリスクについても、把握しておきましょう。

入念な対策が転職の面接を成功へと導く

転職の面接は準備段階から始まっています。企業リサーチや模擬面接などを納得がいくまで行い、予想外な質問にも対応できる柔軟性を養っておきましょう。

企業が面接で見極めたいポイントは自社で活躍できる人材かどうか自社で長く働いてくれるかどうかの2つです。どんな質問も、共通してこの2点を確認するためのものだと考えましょう。そのことを理解したうえで、望動機に軸を置き、一貫性のある回答ができれば好印象を与えられます。

転職の面接が初めての方は、転職エージェントのサポートを受けることがおすすめです。模擬面接だけでなく、客観的なアドバイスや面接後のフォローアップまで細やかなサポートが受けられます。まだ使ったことがないは、ぜひご利用を検討してください。

転職エージェントおすすめ3選!

ここでは転職活動をする上でチェックすべき転職エージェント(おすすめの転職サイト)をご紹介します。転職エージェントを利用することによって、通常の転職活動では見つけられないような非公開求人を紹介してもらえたり、転職に関する豊富な知識と経験を持つコンサルタントによるサポートが受けられるなど、さまざまなメリットがあります。転職エージェントを上手に活用して、理想の転職を叶えましょう!

リクルートエージェント

圧倒的知名度を誇る「リクルートエージェント」。転職成功No.1の実績を持ち、厳選した21万件以上の非公開求人から提案してくれます。さらに、専門コンサルタントがフルサポートと充実したサービスを受けることができます。なかなか言づらい年収や条件、入社日程などの交渉を代行してくれるため、希望の転職先が見つけやすいのも魅力です。無料で利用できるので、迷ったらまずは相談してみるのがおすすめです。今すぐ転職したい方はもちろん、転職するかどうか迷っている方でも無料で気軽に相談可能です。

doda

doda」は、転職に関する情報が満載の転職サイトです。求人数はなんと20万件以上!多種多様な求人から探せるので、あなたの希望のお仕事がきっと見つかります。転職活動をする上でわからないことや困ったことが起きた時に気軽に相談できるのも魅力です。また、転職のノウハウが学べるセミナーや、選考前に企業と話せるイベントなど、転職活動に役立つさまざまなサービスを提供しているので、初めての転職でどう進めればいいのかわからないという方にもおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント」はオリコン顧客満足度調査において、満足度総合No.1を獲得した転職支援サービスです。各職種の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが求人紹介から内定まで一貫してサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心して利用できます。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報を教えてくれます。なんと転職後の年収UP率は驚異の61.1%!WEB面談や電話でも対応してくれるので、直接会わなくても気軽に相談することができます。

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次