働き方

2022年11月14日

2022年11月15日

結婚相談所を開業するには?必要な資金や資格、失敗しないポイント

結婚相談所の開業は、コストがかからない手軽さから、チャレンジする人が年々増えています。時間や場所に縛られない働き方ができるので、副業から始める人も多い職種です。

この記事では、結婚相談所の開業方法から、初期費用や資格、失敗しないためのポイントについて詳しく解説します。



結婚相談所を開業するメリット・デメリット

結婚相談所を開業するメリット、デメリットについて説明していきます。

結婚相談所を開業するメリット

結婚相談所を開業する1番のメリットは「開業コストの少なさ」です。なぜなら、結婚相談所の業務は、人材サービスである性質上、事務所を必要としないからです。入会者との契約やカウンセリングは、都度カフェやレンタルスペースで行い、事務処理は自宅のPCで作業ができます。事務所を借りるのは、規模が大きくなり従業員を雇い始めてからで問題ありません。以上のことから、結婚相談所は、開業コストの少なさがメリットです。

ほかのメリットとして「誰でも気軽に始められる」ことが挙げられます。結婚相談所の運営には、特別な資格は必要ありません。そのため、未経験でも年齢関係なく開業できます。その手軽さから副業で始める方も増えており、入会者と打ち合わせをするのは休日のみと決めて、無理のないスケジュールで働いている人もいます。

結婚相談所を開業するデメリット

一方、結婚相談所開業のデメリットは「集客を続けなくてはならない」ことです。なぜなら、利用者が無事結婚に至れば、その時点で会員ではなくなり、収益が止まってしまうからです。そのため、日々集客の方法を考えていかないと安定した収入が見込めません。しかし、結婚相談所の利用者数は毎年増加傾向にあるので、会員からの紹介をもらったり、WEBサイトからの問い合わせを受けたりすれば十分集客が見込めます。

結婚相談所の開業前に知っておくべき基礎知識

結婚相談所の開業前に、基礎知識としてサービス内容や料金相場を知っておきましょう。順番に解説していきます。

サービス内容

サービス内容を簡単におさらいすると、結婚相談所のサービスは「未婚の男性、女性を婚姻まで導くこと」です。運命の人を見つけるため一歩踏み出したいと思う人に、寄り添いながらサポートをしていく仕事です。まずは、入会者とのヒアリングで、現在の状況や理想の相手を聞き出します。入会者から聞き出した情報をもとに、結婚相談所を利用している全国の会員同士をマッチングさせ、お見合いの調整まで行います。会員同士の気が合えば交際をしてもらい、見事婚姻に至ればサービス終了です。入会者がいてはじめて収益が得られるサービスのため、一人ひとりに真剣に向き合い、信頼を得る必要があります。

料金相場

結婚相談所開業にむけて、料金相場を知っておきましょう。結婚相談所で発生する料金の種類は、入会金、月会費、お見合い費、成婚費と数種類あります。入会者になったときに払う「入会費」の相場は1万円~10万円と幅広く、契約中に毎月発生する「月額料金」は1万円~2万円程度です。「お見合い費」は、実際にお見合いを組んだときに発生する料金で、相場は5,000円程度。見事結婚した場合に出る「成婚費」は10万円が相場ですが、0円のところもありさまざまです。

結婚相談所の開業に必要なものは?

結婚相談所の開業にはどのようなものが必要になるのでしょうか。ここでは、開業に必要な資格や、実際にかかる開業費用について解説します。

資格

結婚相談所の開業に資格は必要ありません。特別な資格や経験がなくても、誰でもすぐに始められるのが結婚相談所開業の魅力です。もし、少しでも何か役に立つ資格を取りたい場合は、カウンセリングスキルが証明できる資格を取るといいでしょう。

たとえば「心理カウンセラー」であれば、利用者の相談を受ける際に活躍できます。また、結婚は人生の大きなライフイベントでもあるため、将来の資産形成に関するアドバイスができる「ファイナンシャル・プランナー」の資格があると、入会者をより安心させられるでしょう。結婚相談所開業に資格は必要ありませんが、保有しているスキルを活かせば、それがほかとの差別化になるかもしれません。

費用

結婚相談所の開業費用は100万円~150万円程度です。この金額は、ほかの業種とくらべてみると大変安い金額になっています。参考にほかの業種の開業費用を挙げてみると、飲食店がおよそ1,000万円以上、脱毛サロンが500万円かかる計算で、結婚相談所開業のハードルの低さがよくわかります。PCさえあれば業務ができてしまう手軽さから、事務所を必要としないのが開業費用の安い理由です。実は、結婚相談所の開業費用のほとんどは結婚相談所連盟の加盟資金であり、そのほかはPCやインターネット環境を整える程度で開業ができてしまいます。

開業資金だけでなく、ランニングコストも少ないのが結婚相談所の魅力です。結婚相談所加盟店のシステム利用料およそ1万5,000円のみで運営ができ、資金計画は非常に立てやすいと言えます。

結婚相談所を低コストで開業する場合、入会希望者との契約は、事業所を持たず、カフェやレンタルスペースなどで対面にて行う場合があります。しかし、現在は直接会わずとも、オンライン上のみで契約書の締結をし、さらなるコスト削減ができるのをご存知でしょうか。

電子印鑑GMOサイン」を活用すれば、入会希望者との契約書を電子化し、メールのやり取りで契約まで完了できます。対面でなくとも郵送でのやり取りになった場合、契約までの時間がかかってしまいます。

一方、「電子印鑑GMOサイン」の電子契約システムであれば、インターネット上ですぐに契約書が届くので、スピード感を持った契約が可能です。入会希望者は、電子契約書案内のメールを受け取り、指示に従うだけで簡単に契約書の作成ができてしまいます。本気で結婚相手を見つけるために奮起した入会希望者を、気持ちが熱いうちに契約まで至れるメリットもあります。

結婚相談所の開業までの手続きの主な流れ

結婚相談所の開業までは、いくつかの手順を踏む必要があります。入会希望者を安心して受け入れするための手順を説明していきます。

結婚相談所連盟に加入する

まず、結婚相談所連盟に加入しましょう。結婚相談所連盟に加入すると、全国の結婚相談所利用者のデータベースへアクセスできるようになります。このデータベースから、会員にマッチする相手を見つけます。連盟のなかには結婚相談所開業に役立つ研修をしているところもあるので、受講して基礎知識を高めてください。

事業計画を作成する

次に、利用料金や細かいサービスなどの事業計画を作成します。明確にするのは、自分はどれくらい時間があって、いくら稼ぎたいのかです。自分自身の状況や目標がハッキリしていれば、入会者の受け入れ人数や利用料金が決めやすくなります。

集客をするプロセスを整える

事業計画作成の次は、集客をするプロセスを整えます。集客プロセスとは、具体的にはHPの開設をし、チラシや名刺の作成などをして集客ができる状態にすることです。結婚相談所は、日々集客をしていかなくては運営が成り立ちません。なぜなら、入会者が婚姻に至れば目標達成となり、その時点で会員ではなくなるからです。結婚相談所連盟で、集客用のHP作成のサポートを受けられるところもあるので活用してください。

利用者とコミュニケーションが取れる状態を作る

集客の準備が完了したら、PCやインターネット環境を整えて、利用者とコミュニケーションが取れる状態を作りましょう。このとき、従業員を雇う予定でなければ事務所の準備は不要です。なぜなら、事務作業は自宅で、カウンセリングはカフェやレンタルスペースを活用できるからです。利用者とのコミュニケーションを取る準備ができれば、無事開業となります。準備から開業までの期間は約1か月を目安にしておけば問題ありません。

結婚相談所の開業でよくある疑問

結婚相談所の開業が手軽にできるとわかっても、いざ準備を始めるとさまざまな疑問が湧いてきます。ここでは、結婚相談所の開業でよくある疑問をまとめました。

個人・法人どちらで開業すべき?

個人・法人どちらでも開業できる結婚相談所ですが、どちらで始めるのがいいのでしょうか。結論、まずは個人で始めて、利益が得られた段階で法人化の検討をしましょう。個人の場合は、開業届を管轄する税務署に提出するだけで気軽に始められます。一方、法人で開業すると、登記における登録免許税のような個人ではかからなかった費用が発生してしまいます。そのほか、経理処理が複雑になり、貴重な時間を失ってしまう事態になりかねません。そのため、まずは個人ではじめて、一定以上の利益が得られた段階で法人化を検討してください。法人化は、社会的な信用を得やすく、節税になるなどのメリットがあるので視野に入れておくべきです。

副業で始めても大丈夫?

業務量を自分で調整できる結婚相談所は、副業で始めてもまったく問題ありません。たとえば、本業がある日は利用者とメールでやり取りをし、休日には利用者と会ってヒアリングをするような、副業に最適なスタイルで活動できます。結婚相談所を副業で行い、ある程度収入が見込めるようになったら本業にして業務拡大するステップを踏むと、収入面においての安心感が違います。

連盟には加盟すべき?

結婚相談所連盟への加盟は、効率的な運営を続けていくために必須です。連盟に入ると、連盟が用意するデータベース内にて、全国にある加盟店の会員同士でマッチングができるからです。もし連盟に加入しないと、肝心の相手を見つける手段が無くなり運営が難しくなります。会員データベースの利用だけではなく、開業のサポートを受けられるところもあるので存分に活用してください。自分に合う結婚相談所連盟の決め方は、入会金、サポートの質、データベースの人数を目安に検討するといいでしょう。

入会希望の方と電子契約は利用できる?

結婚相談所の契約では、入会希望の方と電子契約を利用し、スムーズな契約締結が可能です。結婚相談所は場所を選ばずに仕事ができるなかで、契約書の管理も適切に行わなければなりません。電子契約であれば、契約書をデータで管理するので保管場所を考える必要が無くなります。また、入会者目線でも、訪問不要でスピーディーな契約ができたり、対面を避けて契約ができたりするのは大きなメリットです。PCひとつで開業できる結婚相談所業務では、契約書の電子化は最適な方法と言えます。

電子印鑑GMOサイン」であれば、電子契約を初めて利用するお客さまでも、簡単に契約できるシステムが整っています。メールで契約のやり取りをするだけなので、入会希望者にも負担がかかりません。「電子印鑑GMOサイン」を活用してオンライン完結するシステムを実現しましょう。

結婚相談所の集客のコツ

結婚相談所は、会員が成婚したら退会する性質上、常に集客をしなくてはなりません。ここでは、どのように集客をしていけばいいのか、コツをみていきましょう。

WEBサイトの充実を図る

集客のコツ1つ目は、WEBサイトの充実を図ることです。結婚相談所の利用を考えている人が、インターネットで検索をかけたときに、自分のWEBサイトを見て問い合わせをしてもらうのが目的です。結婚相談所連盟には、WEBサイト構築のサポートをしてくれるところもあるので相談するといいでしょう。SNSで定期的に結婚相談所に関する発信をし、そこからWEBサイトへのアクセスを集める方法もあります。

入会者を紹介で獲得する

集客のコツ2つ目は、入会者を紹介で獲得することです。入会者がサービスに満足して、別の人を紹介してくれれば、無理な集客をする必要が無くなります。一人ひとり親身にサポートをしていれば、自然と信頼を得て紹介をもらえるはずです。

ほかの結婚相談所との差別化を図る

集客のコツ3つ目は、ほかの結婚相談所との差別化です。結婚相談所の件数は年々増えているため、差別化ができていないとたくさんの結婚相談所の中に埋もれてしまう可能性があります。自分だけが持つ強みを結婚相談所に活かせないか、ターゲットを絞れないかなどをもう一度吟味してみると、差別化への道が開けるかもしれません。

結婚相談所の開業で失敗しないポイント

結婚相談所は、本業のみならず副業からでも始められる特徴を持っており、ランニングコストも最小限でできることが魅力です。しかし、集客ができずに失敗してしまうケースもあります。ここでは結婚相談所の開業で失敗しないポイントを紹介します。

結婚相談所連盟からサポートを受ける

まず、結婚相談所連盟からサポートを受けましょう。結婚相談所連盟に加盟すれば、加盟店同士で同じデータベースを活用し、会員同士のマッチングができます。連盟によっては開業者に向けて手厚いサポートをしているところもあり、たとえばWEBを使った集客のアドバイスや、運営に関する研修の受講ができます。結婚相談所連盟のデータベースとサポートを活用して業務に役立てましょう。

コストを最小限にして開始する

ほかの失敗しないポイントとして、はじめはコストを最小限にして開始することが挙げられます。いきなり事務所を構えたり、従業員を雇ったりすると、固定費が増大して運営が厳しくなります。結婚相談所は場所を選ばず、PCだけでも運営できるのが魅力です。たとえば、まずは副業からはじめて、軌道に乗ったら独立。独立後、売上が大きく拡大した時点で事務所を借りるなどした方が資金繰りにおいて安心できます。

誰でも気軽に始められる結婚相談所に挑戦してみよう

結婚相談所の開業は、低コスト、低リスクではじめられる魅力があります。大きな開業資金が必要なく、事務所がなくともはじめられ、在庫も抱えることはありません。結婚相談所には、本気で出会いを求めている人が集まります。特別な資格を持たずとも始められるとはいえ、真摯に向き合う気持ちがなくては続けられません。入会者の気持ちに寄り添えるのであれば、経験や年齢を問わない仕事のため、まずは副業でスキマ時間を利用して始めてみてはいかがでしょうか。

オンラインでのやり取りが進むなか、結婚相談所でもPCひとつではじめられる時代がきています。「電子印鑑GMOサイン」の電子契約システムを活用すれば、オンライン上で入会者との契約締結も可能です。

〈導入事例紹介〉~操作も簡単で、担当の方の説明も丁寧だった点が決め手になりました。~

不動産売買の代理や仲介を主に手がけている株式会社オープンハウスさまでは、個人のお客さまと締結する変更合意書の電子化に成功しています。
GMOサインを導入したメリットを伺いました。

「操作も簡単で、担当の方の説明も丁寧だった点が決め手になりました。個人のお客さまが相手だと、電子契約に触れたことがない方が多くいらっしゃいます。GMOサインは、電子契約に不慣れなお客さまでも扱える優しいインターフェイスが魅力です。電子契約の導入によって、お客さまに来店していただく手間の解消もできました。時代の流れがきたのか、個人のお客さまに電子契約もできるとお伝えすると、電子契約を選ぶ方が確実に増えてきています。」

▼事例詳細はこちら▼
https://www.gmosign.com/customer-stories/openhouse.html

電子契約サービスを検討中の方必見!

電子契約サービスを徹底比較

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、比較表付きで分かりやすく紹介しています。ぜひご参考にしてください。

詳細はこちら

電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン

関連記事

開業届とは? 初めてでもわかりやすい書き方とメリット

働き方

開業届とは? 初めてでもわかりやすい書き方とメリット

2020年8月29日

2022年7月13日

フリーランス

開業届

edit_pixta_73163587_M

働き方

開業届とは?手続きの流れと書類の書き方、提出するメリット

2021年9月1日

2022年7月13日

フリーランス

開業届

個人事業主が作成すべき印鑑の種類は?使い分けと作るときのポイント

働き方

個人事業主が作成すべき印鑑の種類は?使い分けと作るときのポイント

2020年8月26日

2022年8月25日

個人事業主

印鑑

pixta_59564742_M

働き方

働き方改革助成金とは 厚労省と地方自治体の制度の違い

2020年9月4日

2022年7月13日

働き方改革

助成金

Global it business.

働き方

【2022年/令和4年最新版】IT導入補助金とは?利用条件や手続きの流れ、スケジュールを徹底解説!

2021年9月14日

2022年10月25日

IT導入

補助金

電子化

小規模事業者持続化給付金とは?

話題のニュース

小規模事業者持続化補助金とは?|対象者・申請時のポイントを詳しく解説

2021年7月8日

2022年7月13日

edit_pixta_77657339_M

話題のニュース

【2021年度版】持続化補助金とは?対象者と申請方法、スケジュール

2021年10月8日

2022年7月13日

持続化補助金

business hand showing success graph

働き方

非公開: 生産性向上を実現するには?分析に役立つ指標や、便利な助成金制度

2021年8月2日

2021年9月26日

助成金

生産性向上

創業融資の解説ページ

話題のニュース

創業融資(日本政策金融公庫)の利用で知っておくべき申請書類・審査基準

2021年12月24日

2022年7月13日

事業復活支援金の解説ページ

話題のニュース

事業復活支援金の給付対象・申請方法など一通り解説!【中小企業診断士監修】

2022年3月24日

2022年7月13日

高橋 良輔

筆者

高橋 良輔

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社 電子契約サービス室 所属。
中小企業診断士。
昼はGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社でサラリーマン、夜は高橋国際コンサルティング事務所の代表として、経営コンサルタント業務を行う。
また、地方創生を事業柱とする合同会社Michilabの業務執行社員。
PRESIDENT経営者カレッジではオンライン講師を担当。

このライターの記事一覧を見る

電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
  • 電子印鑑GMOサインが選ばれる理由
  • 電子契約とは
  • 脱印鑑ブログ 公式Twitter

公式SNS

電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子契約に関わる様々な情報を配信!

電子サイン・電子契約ならGMOサイン|電子契約サービスを徹底比較

「脱印鑑ブログ by GMOサイン」とは?

日本の脱印鑑文化を応援するブログメディアです。
電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子印鑑、電子契約の最新情報をお伝えしています。

電子契約サービスを検討中の方向けに、
役立つ資料を提供しています。

電子契約サービスの基礎知識や選び方、導入ステップなどを分かりやすく紹介しています。
無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

資料請求

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集