働き方

2021年3月24日

割印の押し方とは?契印との役割の違いやきれいに押印するコツ

よくビジネスで耳にする「割印(わりいん)」ですが、世の中にたくさんある「●印」と混同してしまい、間違った押し方をしてしまうことがあります。それぞれの印について押印の仕方を混同しないためには、その意味を知っておく必要があります。ここでは割印の意味と押し方を解説し、加えて、よく間違えられる「契印(けいいん)」や、その他の「●印」についても解説します。

割印とは

割印(わりいん)とはどのような意味をもち、どんな場合に押し、押す場所はどこが適切なのでしょうか。ここでは、混同されがちな契印(”けいいん”と読みます。” ちぎりいん”ではありません)との違いや、よく使われるハンコにまつわる2文字の言葉「●印」とあわせて解説します。

割印とは

割印」とは、2部以上の契約書にまたがってハンコを押すことです。例えば原本と写し(正本と副本)のように対になる契約書がある場合、その2つの契約書が対(つい)であり、関連性のある証拠として割印を押します。また、領収書とその控えといった場合にも割印を押し、対であることを示します。

混同されやすいハンコの押し方に「契印」がありますが、こちらは割印とは違い、対になる書類を示すものではありません。契印は、契約書が複数枚にまたがる場合に、それらすべてのページがひと続きの契約書であることを証明するために押されます。
こちらはすべてのページの見開きにまたがって押印するか、契約書が製本や袋とじされている場合、裏表紙と袋とじの帯部分にまたがって押します。これにより、後からページを追加したり、差し替えたりする不正や改ざんを防ぐことが可能です。

その他の「●印」

その他にも「●印」という言葉があるので、混同しないように気をつけましょう。まず「消印(けしいん)」は、収入印紙や切手などにまたがって押すハンコのことです。収入印紙が必要な契約書(課税文書)に、収入印紙をただ貼っただけでは印紙税を納めていることにはならず、消印をして印紙が再使用できない状態にする必要あります。過怠税が課されることもありますので、収入印紙を貼った際は忘れずに消印を押しましょう。

止印(とめいん)」は、契約書の最後に余白があった場合、その後に続けて文言を不正に追記されないよう、文末を示すために押すハンコです。欄外に押してしまうと、後述の「捨印」と勘違いされてしまう可能性もあるため、最近では止印の代わりに文末に「以下余白」などと記載することも増えています。

最後に「捨印(すていん)」です。契約書の内容を変更する必要があった場合に、訂正印をその都度求められなくてよいように、あらかじめ相手方に訂正、変更を委任するために押します。
しかし、相手は捨印によって内容を容易に書き換えられるため、自分が押す際は十分にそのことを留意するとともに、契約書のコピーをもらうといった対応を行う必要があります。なお、押す位置は契約書の右上欄外や、捨印欄です。

各種印のハンコを押す場所

割印: 2つ以上の文書(契約書など)にまたがって押すハンコ
契印:2ページ以上にまたがる契約書の場合、ページ見開きや帯にまたがって押すハンコ
消印:収入印紙と契約書にまたがって押すハンコ
止印:契約書の文末に押すハンコ
捨印:契約書の右上欄外か捨印欄に押すハンコ

割印の正しい押し方

割印は複数の文書が対になっていることを証明するものですから、それぞれの書類にまたがって押す必要があります。まず2つ以上の契約書を重ねますが、ずらし方は上下にずらしたり、斜めにずらしたりします。
押印の方法ですが、契約書の上部契約した当事者たちが割印を押します。2つ目以降の押印は最初に押印した印影をずらさないようにあわせてから押しましょう。
また、ここで使うハンコは、契約印と同じものを使うのが望ましいでしょう。

割印をきれいに押すコツ

実際に割印を押してみるとわかりますが、薄いとはいえ紙の厚さがあるために、下になった紙にうまく朱肉がつかずに失敗してしまうことがあります。なにかうまく押せる方法はないのでしょうか。ここでは、きれいに割印を押すコツ2つを紹介します。

印鑑マットを使う

印鑑マットの上に複数の契約書を重ね、割印を押します。印鑑マットは柔らかく、紙の厚みによる段差を緩和できるため、下になった紙にもうまく朱肉が付いて、きれいな印影となります。

複数ページにまたがる契約書はページを開いて押す

割印は契約書が分厚いとうまく押せません。そこで、複数ページにまたがる書類の場合、1ページ目だけを開いて重ね合わせることで、紙1枚に割印するのと同じように押すことが可能です。

割印は対の契約書であることを証明する押印

割印は原本と写しのように、複数部ある契約書が対になっているという証拠として、それらの書類にまたがってハンコを押すことだとわかりました。
なお、「●印」という2文字の言葉はたくさんあるので混同しないようにしましょう。また、割印をきれいに押すポイントは、印鑑マットの使用とページを開いて押すことです。併せて覚えておきましょう。
割印がきれいに押された契約書を受け取った相手からは、きっと良い印象をもってもらえるはずですよ。

関連記事

ハンコ脱出作戦 編集部

筆者

ハンコ脱出作戦 編集部

このライターの記事一覧を見る

公式SNS

電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子契約に関わる様々な情報を配信!

「ハンコ脱出作戦」とは?

日本の脱印鑑文化を応援するブログメディアです。
電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子印鑑、電子契約の最新情報をお伝えしています。

電子契約サービスを検討中の方向けに、
役立つ資料を提供しています。

電子契約サービスの基礎知識や選び方、導入ステップなどを分かりやすく紹介しています。
無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

資料請求

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集