MENU

グループホームとは?入居条件や費用、メリットを簡単に解説

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

認知症の高齢者にとって、住み慣れた地域でできる限り自立した生活を送ることは、心身ともに大きなメリットがあります。グループホームは、そのような希望を叶える介護施設の一つです。しかし、グループホームにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。入居を検討する際には、メリットとデメリットを理解したうえで、慎重に判断することが大切です。本記事では、グループホームのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

あわせて読みたい
介護業界で電子契約を活用!具体的なメリットや導入手順を徹底解説 日本の介護業界は、少子高齢化により要介護者数が増加し、人手不足が深刻化しています。この問題を解決するためには事務作業の効率化が急務ですが、救世主として注目さ...
目次

グループホームとは?

グループホームは、認知症高齢者が専門スタッフの支援を受けながら、5~9人の少人数で共同生活を送る介護施設です。家庭的な環境で、できる限り自立した生活を目指すことが目的です。

主な特徴

地域密着型サービス

 住み慣れた地域で生活を続けられるよう、地域に根差したサービスを提供します。

少人数制

 5~9人の少人数で生活することで、一人ひとりに寄り添ったケアが可能です。

家庭的な雰囲気

食事や洗濯などの日常生活を共同で行うことで、家庭的な雰囲気の中で生活できます。

自立支援

本人の能力に応じた自立支援を行います。

ほかの老人ホームと異なる点

グループホームと似た施設に有料老人ホーム介護老人保健施設特別養護老人ホームなどがあります。それぞれの違いには以下が挙げられます。

有料老人ホームとグループホームの違い

有料老人ホームは、高齢者が食事や介護、そのほかの日常生活支援サービスを受けながら生活できる施設です。主に「介護付き」「住宅型」「健康型」3種類の有料老人ホームがあります。有料老人ホームも認知症高齢者の受け入れを行っていますが、グループホームのように認知症専門というわけではありません。有料老人ホームには要介護認定を受けていない「自立」の方も多く生活しています

有料老人ホームのサービス内容は施設によって異なり、食事や介護、家事、健康管理のいずれかのサービスの一つ以上が提供されます。また、グループホームはあくまで共同生活の場です。しかし、有料老人ホームはスタッフが家事などを行い、生活をサポートしてくれます。その分、グループホームよりも費用が高額になる場合があります。

介護老人保健施設とグループホームの違い

介護老人保健施設は、介護保険に基づいたサービスを提供する施設であり、医療と介護、リハビリのサービスを受けられます。在宅復帰を目的としており、そのためのリハビリを行うのが主目的の施設です。短期入所(ショートステイ)や通所リハビリテーションなどのサービスも提供されます。そのため、入居期限を設けていないグループホームとは、そもそもの目的が異なります。

特別養護老人ホームとグループホームの違い

特別養護老人ホームとは、介護保険サービスが適用される公的施設であり、地方公共団体や社会福祉法人が運営を行います。公費負担割合が高いため、比較的安い費用で利用可能です。

特別養護老人ホームには、原則として要介護3以上の方のみが入居できます。また認知症を専門とした施設ではありません。

グループホームで受けられるサービス

グループホームでは、スタッフから主に以下のようなサービスを受けられます。

食事などの生活支援サービス

グループホームは身体状態が比較的良い認知症の人が入居します。そのため、自分で行うのが難しいことに対する介助を受けて暮らすのが基本です。認知症ケアの一貫として、配膳や片付けなどを行う場合もあり、できる限り自立した生活が送れるようにすることも特徴です。就寝以外は、基本的に共有スペースで家族のように生活します。

サポートを受けながら、スタッフやほかの入居者と分担して、食事の準備や洗濯、買い出しなどの生活を行います。

医療・看護サービス

グループホームで提供される医療・看護サービスは、施設の種類や入居者のニーズによって異なりますが、主に以下のものが含まれます。

  • 健康状態の観察と記録
  • 服薬管理
  • バイタルサイン測定(血圧、脈拍、体温など)
  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • 体位変換
  • 医療機器の管理
  • 健康相談

グループホームには、医師や看護師の配置義務がないため、医療行為は行われないのが一般的でした。しかし、最近では、訪問看護ステーションと連携をしたり、看護師を配置したりする施設なども増加しています。

医療・看護サービスは主に以下の3つの方法で提供されます。

訪問医療・看護

医師や看護師が定期的にグループホームを訪問し、入居者に必要な医療・看護サービスを提供します。

施設職員による対応

介護職員が、健康状態の観察、服薬管理、バイタルサイン測定などの基本的な医療・看護サービスを提供します。

提携医療機関との連携

グループホームが医療機関と連携し、必要に応じて専門的な医療・看護サービスを提供します。

グループホームは、原則として身体の状態が安定している方を対象としています。そのため、高度な医療的ケアが必要になった場合は、医療機関に入院したり、医療機関と協力関係にある施設に移動したりする可能性もあるでしょう。

グループホームの主な入居条件

グループホームに入居するには、以下の条件を満たす必要があります。

スクロールできます
年齢原則として65歳以上の方
医師の診断医師による認知症の診断を受けていること
介護度要支援2または要介護1以上の認定を受けていること
地域密着型サービス施設と同一市区町村内に住民票があること
共同生活への支障集団生活を送ることに支障がないこと
グループホームの入居条件

入居には、認知症の診断書や要支援・要介護認定が必要になるため、事前に病院の受診や自治体への申請が必要です。また、各施設によって独自の入居条件を設けている場合があります。そのため、見学時に質問するか、各施設に直接問い合わせることをおすすめします。入居申し込み前には、かならず見学や体験入居を利用しましょう。

要介護認定を受けたらまずは担当のケアマネージャーに相談しましょう!

グループホームのメリット

ここでは、グループホームのさまざまなメリットをご紹介します。

慣れ親しんだ地域で生活を続けられる

グループホームは地域密着型のサービスです。そのため、住み慣れた地域で生活を続けることができ、転居による環境変化によるストレスを軽減できます。さらに、地域のコミュニティとのつながりを維持でき、家族や友人が気軽に訪問できる環境で生活できるでしょう。

アットホームな環境で生活できる

グループホームは、最大9人までの少人数で生活する施設です。そのため、入居者同士の距離が近く、家族のような温かい関係を築きやすいでしょう。また、職員も入居者一人ひとりに丁寧に接することができ、安心感を与えられます。

認知症ケアの専門スタッフが常駐している

グループホームには、認知症ケアの専門スタッフが常駐しています。そのため、入居者の症状に合わせて適切な介護を提供できます。また、身体機能の維持だけでなく、認知症の進行を遅らせる効果も期待できるでしょう。さらに、夜間や早朝でも安心して生活できます。

社会とのつながりを維持できる

グループホームでは、地域との交流イベントなどを開催しているところもあります。そのため、入居者は社会とのつながりを維持できます。

グループホームのデメリット

グループホームは、メリットだけでなくデメリットも存在します。ここでは、主なデメリットをご紹介します。

入居条件が厳しい

グループホームに入居するには、要支援2以上の介護認定を受けている必要があります。また、認知症の症状が進行している場合や、医療的ケアが必要な場合は入居できないことがあります。

入居待ちになる可能性がある

グループホームは少人数制なので、人気のあるグループホームにはすぐに入居できない可能性があります。また、グループホームは市町村をまたいで利用できないため、そもそも数が少ない市町村では入居が難しいでしょう。

プライバシーが確保しにくい

グループホームは、居室は個室や準個室が一般的ですが、リビングルームなどをほかの入居者と共有します。そのため、ほかの入居者との共同生活に慣れない方にとっては、プライバシーが確保しにくいと感じるかもしれません。

人間関係のトラブルが発生する可能性がある

グループホームは少人数の共同生活なので、ほかの入居者や職員との人間関係が重要です。人間関係がうまくいかない場合は、ストレスを感じてしまう可能性があります。

グループホーム入居に必要な費用

グループホームの費用は、大きく分けて入居一時金と月額費用の2種類があります。

入居一時金

入居一時金は、入居時に支払う費用です。初期費用と呼ばれる場合もあります。

  • 相場:0~数百万円程度
  • 施設によって大きく異なる
  • 全額返金される場合もある

初期費用は、退去時の居室の原状回復などに充てられることも多くあります。差し引かれた残りは返金される契約となっている場合もあります。ただし、途中退去した際には返金されない場合もあるため、契約書をよく確認しましょう。

月額費用

月額費用は、入居後に毎月支払う費用です。介護サービス費、日常生活費、食費などに充てられます。

  • 相場:15~30万円程度
  • 介護保険で一部負担できる
  • 介護度や施設のサービス内容によって異なる
月額費用の内訳
  • 介護サービス費(※介護保険により一部負担)
  • 日常生活費(家賃、管理費、水道光熱費など)
  • 食費
  • その他(医療費、理美容代、おむつ代など)

月額費用の中でも、介護サービス費は介護保険が適用されます。介護サービス費用は、要介護度が高いほど、介護サービスを受ける機会が多いため、料金が高くなります。一般的に、所得に応じて1〜3割程度が利用者の自己負担です。。なお、要介護度に応じた自己負担額の目安は以下の通りです。

要支援2の方

スクロールできます
サービス費用の設定利用者負担(1割)(1日につき)
共同生活住居が1つの場合要支援2760円
共同生活住居が2つ以上の場合要支援2748円
出典:厚生労働省「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

要介護1~5の方

スクロールできます
サービス費用の設定利用者負担(1割)(1日につき)
共同生活住居が1つの場合要介護1764円
要介護2800円
要介護3823円
要介護4840円
要介護5858円
共同生活住居が2つ以上の場合要介護1752円
要介護2787円
要介護3811円
要介護4827円
要介護5844円
出典:厚生労働省「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

補助金も確認しよう

市区町村によって、入居費用の負担を軽減するための補助金制度などもあります。

家賃助成制度

費用負担が困難な低所得者を対象とした助成制度です。居住費、食費、光熱水費の利用者負担の軽減を目的として助成が行われます。申請条件、方法、助成金額は、自治体ごとに異なるため、まずは自治体の役場窓口に相談することをおすすめします。

グループホームの選び方

自分や家族に合ったグループホームを選ぶには、どういった点をチェックすればいいのでしょうか。グループホーム選びは、ご本人やご家族にとって重要な決断です。後悔のない選択をするために、以下のポイントを参考に、じっくり検討しましょう。

希望条件を明確にする

まず、以下の項目について、ご本人やご家族の希望を明確にしましょう。

  • 立地:自宅から近い、駅に近い、買い物しやすいなど・費用: 月額費用、初期費用など
  • 介護体制:介護職員の人数、資格、経験など
  • 医療体制:医療機関との連携など
  • サービス内容:食事・入浴・排泄の介助、レクリエーションなど
  • 設備:バリアフリー、エアコン、個室の有無など
  • 雰囲気:アットホームな雰囲気、活発な雰囲気など

情報収集をする

希望条件を明確にしたうえで、以下の方法で情報収集を行いましょう。

  • インターネット: 各施設のホームページや口コミサイトなどで情報収集する
  • 市区町村の窓口: 介護保険課などの窓口で相談する
  • 介護サービス事業者: 複数の事業者に相談する

候補を絞り込む

情報収集を基に、候補となる施設を絞り込みましょう。その際、以下のポイントを参考にしましょう。

  • 希望条件に合致しているか
  • 評判は良いか
  • 費用は適切か

実際に施設を見学する

候補を絞り込んだら、実際に施設を見学しましょう。見学の際は、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 施設の清潔さ
  • 入居者の様子
  • スタッフの対応
  • 食事の内容
  • 設備
  • セキュリティ

見学の際や相談時に、疑問点は遠慮なく質問しましょう。施設のスタッフは、入居希望者や家族からの質問に丁寧に答える義務があります。

契約前に慎重に検討する

契約前に、施設のサービス内容、費用、契約内容などをしっかりと確認しましょう。また、家族や介護サービス事業者に相談し、慎重に検討することが大切です。

入居後の生活にも目を向ける

入居後の生活にも目を向けましょう。グループホームは、入居者同士の交流が重要です。入居者同士が仲良く過ごせる雰囲気かどうか、イベントやレクリエーションの内容なども確認しましょう。

入居までの流れ

グループホームへの入居は、基本的に以下の手順で進みます。

STEP

入居申し込み

入居を希望する場合は、施設に申し込みを行います。申し込みには、申込書や診断書などの必要書類を提出する必要があります。

STEP

入居判定

施設側は、入居希望者の心身の状況や生活歴などを総合的に判断し、入居可否を決定します。

STEP

入居契約

入居が決定したら、施設と入居契約を締結します。契約書には、サービス内容、費用、支払い方法、退去条件などが記載されています。

STEP

入居準備

入居前に、必要な持ち物や生活用品などを準備しましょう。

STEP

入居

準備が整ったら、入居となります。

入居までのスケジュールは、施設によって異なりますが、一般的には数週間から数カ月程度かかります。そのため、早めの準備を心がけるのがおすすめです。

まとめ

グループホームは、住み慣れた地域で、アットホームな環境で暮らし続けたい認知症の方向けの施設です。また、認知症の方を介護する負担を軽減したい家族の方におすすめです。

しかし、施設によっては費用が高額になったり、希望する施設に入居できなかったりする可能性もあります。そのため、、入居を検討する際には、自宅周辺の施設についてよく調べたうえで、慎重に判断することが大切です。

介護業界が抱える課題を「GMOサイン」が解決します!

高齢化社会がますます加速する日本国内において、介護業界は「人手不足」「現場の負担の増大」「地域格差」など、さまざまな課題を抱えています。

電子印鑑GMOサインは、そんな介護業界を「契約」の面で徹底的にサポートします。

GMOサインは国内シェアNo.1(※1,2)の電子契約サービスです。介護サービス提供時には利用者との間で契約を交わします。サービス提供者は契約の確認や署名捺印のために利用者のもとを何度も訪れなければならない、そのようなケースもあるでしょう。また、遠方で暮らす家族の方の同意を得なければいけない場面もあります。

そのような介護における契約時に役立つのが、自宅にいながらでも契約書の確認から署名まで行える電子契約サービスです。利用者の利便性向上はもとより、紙の契約書の廃止によるコスト削減、また契約締結までの時間短縮など、電子契約サービスは今後の介護業界において必須のツールになります。

GMOサインは、電子契約におけるあらゆる基本機能の提供はもちろん、パソコンやスマートフォンを利用しない高齢者のためにタブレット端末を利用した手書きサイン機能も用意しております。さらにGMOサインは、利用者との契約だけでなく、現場で働く方々との雇用契約や業務委託契約にもおすすめです。

まずはお試しフリープランにて、電子契約の一連の流れや操作性をぜひ体感してみてください。

月額料金&送信料ずっと0円

3分でわかるGMOサイン

※1 「電子印鑑GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントとする 。自社調べ(2023年11月)
※2 電子署名およびタイムスタンプが付与された契約の送信数(タイムスタンプのみの契約を除く。電子署名法の電子署名の要件より)。自社調べ(2023年12月)

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次