MENU

AI-OCRとは?従来のOCRとの違いと導入メリットを徹底解説!

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

近年、企業のデジタル化が進むなか、紙の書類をデータ化する作業はますますニーズが高まっています。従来のOCR技術は、活字の読み取りには一定の効果がありましたが、手書き文字や複雑なレイアウトの書類への対応が難しく、多くの手作業が必要でした。

そこで注目されているのが、AI技術を活用した「AI-OCR」です。AI-OCRは、従来のOCRに比べて大幅に向上した文字認識精度と、柔軟なレイアウト対応を実現。書類のデータ化作業を大幅に効率化することが可能です。

本記事では、AI-OCRの基礎知識から従来のOCRとの違い、導入メリット、具体的な活用事例までを徹底解説します。

目次

AI-OCRとは

AI-OCRとは、AI(人工知能)技術を活用したOCR(光学文字認識)技術のことです。従来のOCR技術は、画像やPDFファイルなどの文字を認識してテキストデータに変換する技術でしたが、AI-OCRはさらに機械学習やディープラーニングなどの技術を組み合わせることで、以下の機能が強化されています。

  • 文字認識精度の向上
  • 手書き文字や複雑なレイアウトへの対応
  • 表や画像の認識
  • 自動分類・抽出
  • 翻訳

これらの機能により、AI-OCRは従来のOCRよりも高い精度で書類のデータ化を自動化できます。

あわせて読みたい
OCRとは?文字を認識する仕組みや精度向上のポイント、AI-OCRについてわかりやすく解説 ペーパーレス化に欠かせない技術にOCRがあります。なんとなく誤認識が多くて使えない、といったイメージを持っている方も少なくないと思いますが、現在のOCRはAIなどの...

AI-OCRと従来のOCRの違い

AI-OCRと従来のOCRは、どちらも画像やPDFファイルなどの文書から文字を認識してテキストデータに変換する技術ですが、以下の点に大きな違いがあります。

文字認識精度

AI-OCRは、ディープラーニングと呼ばれるAI技術を用いることで、従来のOCRよりも大幅に向上した文字認識精度を実現しています。従来のOCRは、活字の読み取りには一定の効果がありましたが、手書き文字や複雑なフォント、傾斜した文字などには対応が難しく、誤認識が発生しやすいという課題がありました。一方、AI-OCRは、これらの課題を克服し、手書き文字や複雑なレイアウトの書類でも高精度に読み取ることができます

レイアウト対応

AI-OCRは、帳票フォーマットを事前に設定することなく、さまざまなレイアウトの書類に対応することができます。従来のOCRは、読み取りたい文字の位置やサイズを事前に設定する必要がありました。一方、AI-OCRは自動的に文字の位置やサイズを検出するため、設定作業が不要です

データ形式への変換

AI-OCRは、読み取った文字をExcel、PDF、Wordなどのさまざまなデータ形式に変換できます。従来のOCRは、テキストデータとしてしか出力できないものが多く、データの利活用に制限がありました。一方、AI-OCRは用途にあわせてさまざまな形式に変換できるため、データの利活用が促進されます。

自動化による効率化

AI-OCRは、手作業によるデータ入力作業を大幅に削減し、業務効率を向上できます。従来のOCRは、読み取った文字を後から手作業で修正する必要がありました。一方、AI-OCRは、誤認識の少ない高精度な文字認識とデータ変換の自動化により、手作業による修正作業の大幅に削減を可能にします。

 AI-OCR のメリット

AI-OCRは、従来のOCR技術にAI技術を組み合わせることで、文字認識精度やレイアウト解析精度を大幅に向上させた技術です。AI-OCRを導入することで、以下のようなメリットを得られます。

業務効率化

手作業によるデータ入力作業を大幅に削減し、業務時間を短縮できます。

たとえば請求書処理の場合、大幅な時間短縮が期待できます。さらに、人件費やデータ入力作業にかかるコストの削減も可能でしょう。

人件費は、企業にとって大きなコストです。AI-OCRを導入すれば、人件費を削減し、コストの最適化ができます。

人為的ミスの削減

自動化により、データ入力ミスを防ぐ効果が期待できます。データ入力ミスは、企業にとって大きなリスクとなりますが、そのリスクを軽減できるでしょう。さらに、データの品質向上にもつなげることができます。データの品質は、企業にとって重要な資産です。AI-OCR導入によりデータの品質を向上させることで、企業の競争力を強化できます。

データの利活用

データ化された書類を分析することで、新たなビジネスチャンスを発見できるでしょう。たとえば顧客情報の分析から、新たな顧客層の発掘が期待できます。さらに、業務改善や意思決定にも役立てることが可能です。データ分析は、企業にとって重要な経営資源となります。AI-OCR導入によりデータ分析を効率化し、企業の成長を促進することが期待できるでしょう。

あわせて読みたい
PDFのOCR処理を高精度で行うコツ!AI-OCR活用のメリットを徹底解説 PDFとは「Portable Document Format」の略で、Adobe(アドビ)によって開発されたファイルフォーマットです。PDFは、互換性や非改ざん性などが大きなメリットであり、デ...

 AI-OCR のデメリット

AI-OCRにもいくつかデメリットがあります。

導入コスト

AI-OCRは、従来のOCRよりも高機能なため、ソフトウェアやハードウェアの導入コストが高くなります。具体的には、以下のようなコストが発生します。

  • ソフトウェアライセンス費用
  • ハードウェア費用
  • 導入コンサルティング費用
  • システム運用・保守費用

認識精度

AI-OCRは、高精度な文字認識を実現していますが、100%の認識精度を実現することは難しく、誤認識が発生する可能性があります。誤認識率は、以下のような要因によって影響を受けます。

  • 書類の質
  • 文字の種類
  • レイアウト
  • 使用環境

 AI-OCRの種類

AI-OCRは、大きく3種類に分類できます。

汎用×定型フォーマット型

汎用×定型フォーマット型は請求書、領収書、納品書など、フォーマットが決まっている書類に特化しています。事前にフォーマットを定義することで、高精度な文字認識が可能です。また、汎用性の高いAI-OCRエンジンを用いるため、さまざまなフォーマットに対応できます。帳票処理の自動化に最適です。

汎用×非定型フォーマット型

汎用×非定型フォーマット型は請求書、領収書、納品書など、フォーマットが異なるさまざまな書類に対応しています。複雑なレイアウトの書類にも対応可能です。事前にフォーマットを定義する必要がなく、特定の業務に特化したAI-OCRエンジンを用いるため、高い認識精度を実現できます。

業務特化×非定型フォーマット型

業務特化×非定型フォーマット型は、特定の業務に特化したAI-OCRです。経理業務、人事業務、営業業務などさまざまな業務に利用できます。高い認識精度と効率化を実現しており、複雑な業務フローにも対応可能です。

 AI-OCRの選び方

AI-OCRは、従来のOCRと比べて大幅に向上した読み取り精度と、多様な機能で注目されています。しかし、製品によって機能や価格、読み取り精度などが大きく異なるため、最適な製品を選ぶにはいくつかのポイントを押さえることが重要です。

必要な機能

AI-OCRは単に文字を読み取るだけでなく、さまざまな機能が搭載されています。そのなかから、自社に必要な機能を搭載しているものを選びましょう。ここでは、選ぶ際にチェックしたいポイントついて解説します。

読み取り精度
読み取りたい書類の種類や許容できる誤認識率などを考慮しましょう。

対応する帳票フォーマット
請求書、領収書、名刺など、読み取りたい書類のフォーマットに対応している必要があります。

文字種
日本語、英語、中国語など、読み取りたい文字種に対応していなくてはいけません。

手書き文字認識
手書きの書類を読み取る場合は、手書き文字認識機能が必要です。

その他機能
データ出力形式、セキュリティ機能、複数ユーザー対応など、必要な機能を確認しましょう。

コスト面

AI-OCRの導入コストは、製品によって大きく異なります。無料のサービスから、月額数千円から利用できるものまで幅広いので、予算にあわせて選びましょう。考慮すべき費用には、以下のようなものがあります。

AI-OCR製品を選ぶ際にチェックしたいコスト

初期費用
ソフトウェアの購入費用や導入コンサルティング費用など。

ランニングコスト
月額利用料、年間ライセンス料、読み取り枚数課金など。

使いやすさ

AI-OCRは、誰でも簡単に使えるように、操作画面がシンプル設計になっているものがおすすめです。また、日本語によるサポートが充実している製品を選ぶと安心です。

操作画面
直感的に操作できるか、ヘルプ機能が充実しているか、など。

サポート体制
日本語によるサポート窓口があるか、導入後のサポート体制は充実しているか、など。

ベンダーの信頼性

AI-OCRは、重要なデータを扱うツールなので、信頼できるベンダーの製品を選ぶことが重要です。

実績
導入実績や導入企業数など。

セキュリティ対策
データの安全性やセキュリティ対策はしっかりしているか、など。

無料トライアル

多くのAI-OCR製品は、無料トライアルを提供しています。実際に試してみて使い勝手や機能を確認してから導入することをおすすめします。

 AI-OCRの利用によって業務効率化が見込める業務例

以下は、AI-OCRによる業務効率化が見込める業務例です。

経理・会計業務

経理・会計業務においては、以下の処理に対する効果が期待できます。

請求書・領収書の処理

請求書や領収書の情報を自動で読み取り、経理システムへ入力することで、データ入力作業の大幅な削減が可能です。

帳簿・伝票のデータ化

過去の帳簿や伝票をスキャンし、AI-OCRでデータ化することで、検索性や利便性が向上します。

税務申告書の作成

税務申告書に必要な情報を自動で読み取り、申告書作成を効率化できます。

人事・総務業務

人事・総務業務においては、以下の処理への効果が期待できます。

履歴書・職務経歴書の処理

履歴書や職務経歴書の情報を自動で読み取り、応募者情報の管理や分析を効率化できます。

社員情報の管理

社員証や各種書類の情報を読み取り、社員情報の管理を効率化できます。

あわせて読みたい
契約書管理にOCRを活用するメリットとコツ!読み取り精度を向上させるポイントとは? 契約書管理業務に、膨大な時間や人員を割かなければならない企業も多いのではないでしょうか。契約書は重要度の高い書類であるため、管理をおろそかにすることはできま...

営業・マーケティング業務

営業・マーケティング業務では、以下の処理に効果的です。

名刺の管理

名刺をスキャンし、AI-OCRで情報を自動読み取り、顧客管理システムへ登録することで、顧客情報の管理を効率化できます。

資料作成

パンフレットやチラシなどの資料作成に、AI-OCRで読み取った情報を活用することで、作成時間を短縮できます。

アンケート集計

アンケート用紙をスキャンし、AI-OCRで回答を自動集計することで、集計作業の大幅な削減が可能です。

その他

そのほかの業務では、以下の処理に高い効果が期待できます。

医療機関

カルテや検査結果などをデータ化することで、患者情報の管理や分析を効率化できます。

製造業

製造工程における各種書類のデータ化することで、品質管理やトレーサビリティ(追跡可能性)を強化できます。

物流業

送り状や伝票の情報を読み取り、荷物の管理や配送を効率化できます。

 AI-OCR使用の際の注意点

AI-OCRは、従来のOCRと比べて大幅に向上した読み取り精度を実現していますが、100%の認識精度を達成することは以下の理由により、理論上不可能です。

  • 文字の形状や大きさ、色、濃淡などのバリエーション
  • 紙の状態(汚れ、シワ、破れなど)
  • 複雑なレイアウト
  • 手書き文字
  • フォントの種類

AI-OCRは、これらの要素を考慮して読み取りを行いますが、完璧に認識することは難しいのが実情です。とくに、手書き文字や複雑なレイアウトの書類は、誤認識が発生しやすい場合があります。そのため、AI-OCRを使用する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 誤認識が発生する可能性を常に念頭に置き、読み取り結果を必ず確認する
  • 手書き文字や複雑なレイアウトの書類は、事前にスキャン画像を調整する
  • 必要に応じて、後処理を行う

AI-OCRは、非常に高精度なツールですが、100%の認識精度を期待することはできません。誤認識が発生する可能性を常に念頭に置き、読み取り結果を必ず確認することが重要です。

まとめ:書類のデータ化を効率化し、デジタル化を実現するAI-OCR

AI-OCRは書類のデータ化作業を効率化し、業務のデジタル化を実現する、非常に有効なツールです。導入にあたってはメリットだけでなく、デメリットや注意点も理解した上で、検討することが重要となります。

また、AI-OCRFを選ぶ際には必要な機能、導入コスト、使いやすさ、ベンダーの信頼性などを考慮することも必要と考えてください。。無料トライアルを活用して、実際に試してみることをおすすめします。

AI-OCR搭載サービスならGMOサイン「契約レビューパック」

OCRでの契約書管理をしたいと検討している企業には、GMOサイン「契約レビューパック」がおすすめです。契約レビューパックは、契約に関わるすべてのやり取りが自動保管される仕組みになっています。契約の進捗状況がどのフェーズにあるのかも一目で確認可能です。

契約レビューパックはAI-OCR機能を搭載しています。通常のOCRよりも高精度な文字認識が可能です。契約に必要な情報が自動的に抽出されるため、大幅な業務効率アップが期待できるでしょう。

契約レビューパックの主な機能
  • AI-OCR機能による契約に必要な情報の自動抽出
  • Slack連携
  • 契約書作成の進捗状況可視化
  • 書類の修正やレビュー履歴の自動保存
  • 自社の運用に合わせ契約に関するステータス項目のカスタマイズ
  • 担当部署や契約内容に合わせ柔軟に設定できる承認フロー設定機能
  • 修正されたドキュメントの変更箇所や履歴の比較を行える差分比較機能

トライアル利用も可能です!興味のある方はまずはお気軽にお問い合わせください。

GMOサイン契約レビューパックの紹介資料

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次