働き方

2022年11月24日

2022年11月29日

塾を開業するための流れは?必要な資金の目安と失敗しないためのコツ

「塾を開業するには何をすればよいのか」
「塾には資格が必要なのか」
「開業にかかる費用はどのくらいなのか」
塾を開業してみたいと考える人も、具体的な準備はよくわからないことがあるかもしれません。
今回は開業に必要な準備の流れについて解説します。
塾の開業で失敗しないためのコツも紹介するので、最後までお読みください。



塾を開業するメリット

起業するにあたって、塾は人気のある業種の一つです。
この章では、塾を開業するメリットについて、次の3つを解説します。

  • 営業時間が決まっている
  • 小規模から始められる
  • 開業に必要な資格が不要

塾の開業は準備が難しくなく、スモールスタート(小さく始めること)ではじめられるのが特徴です。
順番に説明します。

営業時間が決まっている

塾の営業時間は、平日であれば児童や生徒・学生が下校してから夜までの時間帯となります。
時間が決まっているため、副業として取り組むにも好条件です。
専業の場合でも講師は予定が立てやすいので、募集の際にもなり手を見つけるのが容易となります。

基本契約

派遣先企業が派遣先企業に反復継続的に労働者派遣をする旨の契約です。

個別契約

基本契約を踏まえ、個別具体的に労働者派遣をする際に、個別に就業条件等を定める契約です。労働者派遣法第26条の意味する労働者派遣契約に該当するのは、こちらの個別契約とされています。

小規模から始められる

塾は、小規模からでも始められるため、少ない資金でも開業できます。
最初は備品や設備を抑えておいて、必要に応じて拡充していくことも可能です。
少人数の塾から始めるのであれば、経営と講師も兼務できるので人件費も節約できます。
スモールスタートで軌道に乗れば、人数を増やしたり複数校を開いたりして柔軟に対応していけるでしょう。

開業には資格が不要

塾の開業に資格は必要ありません。
食品衛生責任者などの資格が必要な飲食業と比べれば、ハードルはとても低いです。
生徒募集の際には、教員免許や過去に塾講師経験があるベテラン講師がいると有利な場合がありますが、必ずしも必要ではありません。
大学生のアルバイト講師を雇用しているところが多くあることを考えればわかるでしょう。

塾の開業に必要な資格

塾を開業する上で必要な資格はありません。
既に、教員免許や講師経験も必須でないことを説明しました。
大学卒業の資格でさえも必要ありません。
条件ではありませんが、教育に対するビジョンと熱意を持って取り組むことが大切です。

ただし、塾の開業に必要な手続きには、開業届があります。
個人で開業するのであれば、税務署に開業届を提出すればその日のうちに開業できてしまうのがメリットです。
開業届の提出の際には、青色申告承認申請書もあわせて提出しておきましょう。
税制面の優遇を受けることができるので、大変有利になります。

塾を開業する流れ

この章では、実際に塾を開業する際の流れを解説します。
開業にあたって資格取得に時間をかける必要はないので、手順どおりに準備を進めていくだけで開業できます。
STEPごとに説明していきましょう。

STEP1:事業計画の立案

塾を開業するには、まず事業計画の立案が必要です。
小規模な塾経営であれば多額の資金は必要ありませんが、開業の際には必要な資金を確保する必要があります。
開業するには、机や椅子・冷暖房設備、教材費や広告費、生徒との契約や入金状況を管理するシステムなどの設備投資が必要です。
個人経営ではなくフランチャイズ契約に加盟するには、加盟料も必要となります。
金融機関から融資を受けるのであれば、しっかりとした事業計画を立てて審査を受けましょう。
必要に応じて事業計画を立案する専門家からのアドバイスを受けても良いでしょう。

また、事業計画を立案するには、教育理念や経営方針の検討も必要です。
利用対象者の設定や入会金・月額利用料の設定はのちのちまで重要となるので、緻密にシミュレーションしましょう。

STEP2:教室・機材の準備

塾を開業するにあたり、立地条件の検討が重要です。
駅の近くや学校の近くなど、生徒が通いやすい場所に開業すると生徒募集が容易となるでしょう。
また、電車やバスの利便性が悪い場所であれば、保護者の送迎が容易な場所が好まれます。
場合によっては、車の乗降に便利な場所や駐車場の用意も必要となるでしょう。
夜に通う場合には、安心して通える立地条件にも注意が必要です。

立地条件が決まったら、看板や内装工事、必要な機材の手配が必要です。
塾に必要な黒板や机椅子・パソコンなどの事務用品・指導に使う教材の手配も行います。
スモールスタートで始めるなら、自宅の一部を活用したり、不要品を活用したりするところから始めるのもよいでしょう。

STEP3:開業届の提出

教室や機材の準備が整ったら、いよいよ開業届の提出となります。
塾の開業には、教員免許など必要な資格はないので、開業届を提出すればすぐに営業可能です。
まずは、国税庁のサイトから、開業届の様式をダウンロードして必要事項を記入します。
次に、提出用と控えを税務署に持参又は郵送すれば終わりです。
受付印の押された開業届の控えは、金融機関の口座開設などで必要になるので大切に保管しておきましょう。
開業届と同時に青色申告承認申請書も提出すると、税制面の優遇を受けることができます。
記入は簡単なので、忘れずに提出するようにしましょう。

【参考】個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

【参考】所得税の青色申告承認申請手続|国税庁

会計ソフトを利用する場合には、無料で開業届の作成や送付まで行うサービスがある場合があります。
個人経営に会計ソフトは必須なので、便利なクラウドサービスの利用を検討しましょう。

STEP4:集客

開業したら、次は集客を行います。
生徒の集客には、Webサイトの作成・広告チラシの配布、SNSでの発信、説明会や体験会、夏期講習などの季節のイベントが重要です。
開業時はできるだけ露出の機会を増やして、塾の特徴を積極的にアピールしましょう。

また、入会時のメリットとして、「電子印鑑GMOサイン」の電子契約もアピールできます。
入会を希望する場合はオンライン上で契約できるので、わざわざ保護者が印鑑を持参する必要がありません。
経営者側も契約管理も容易で、会計書類としての信憑性も高いのでおすすめです。

塾の開業にかかる費用の目安

塾開業にかかる費用には、初期費用(開業費用)と開業後に毎月発生する固定費と変動費(運転資金)があります。
塾に限らず起業する際には、それぞれの費用を出来るだけ抑えて利益率を上げることが必要です。
ここでは、開業時に必要な費用の説明と開業費用を出来るだけ抑える方法、また開業後に運転資金として発生する固定費と変動費の項目について解説します。

開業時に必要な費用

塾を開業する際の初期費用の総額は、200〜500万円が目安です。
また、フランチャイズに加盟する場合は、さらに100〜300万円が必要となる場合があります。
開業費用には次のような項目があります。

  • 人件費
  • 賃貸料
  • 水道光熱費
  • 教材費
  • 広告宣伝費
  • ロイヤリティ(フランチャイズに加盟する場合)

利益率を上げるには、固定費を削減する必要があります。
たとえば、次の方法が挙げられます。

  • 自宅の一部を教室とする
  • 備品は中古品を活用する
  • SNSを活用して広告宣伝費を節約する
  • 「電子印鑑GMOサイン」などのITシステムを活用する

また、フランチャイズに加盟すると、集客が比較的しやすく教材も購入できるため開業準備の固定経費を縮小することができますが、売上からロイヤリティが発生する点に注意しましょう。

開業後の固定費と変動費

開業前の出費が多くなるのは当然ですが、開業後も経営が軌道に乗るまでは赤字になることも多く見られます。
開業後も、ある程度は運転資金に充てられる資金を用意しておきましょう。
運転資金として発生する固定費と変動費には次のものがあります。

<固定費>

  • 人件費
  • 賃貸料
  • 水道光熱費
  • 教材費
  • ロイヤリティ(フランチャイズに加盟する場合)

<変動費>

  • 交通費
  • 広告宣伝費
  • コピー費
  • 事務用品や消耗品費

なお、フランチャイズに加盟した場合のロイヤリティは、売上の10〜15%で設定されていることが多いので、必ず見込んでおきましょう。

塾の開業で失敗しないコツ

ここまで、開業準備と開業後の運転資金について説明してきました。
塾の開業で失敗しないためには、大手フランチャイズや個人塾との競争力を高め固定費を抑えることが大切です。
次から失敗しないコツを解説します。

  1. 開業費用を安く抑える
  2. オンライン授業を導入する
  3. 家庭教師から始める
  4. フランチャイズを検討する
  5. 大手の塾と競合しないようにする
  6. システムやツールを導入する
  7. 不要な備品を購入しない
  8. 少人数でも利益が出る高単価のビジネスモデルを作る

順に説明していきます。

1.開業費用を安く抑える

塾の開業で失敗しないためには、開業費用を安く抑える必要があります。
固定費と変動費にわけて、固定費部分をできるだけ削減することが必要です。
そのために前章では、次の方法があることを説明しました。

  • 自宅の一部を教室とする
  • 備品は中古品を活用する
  • SNSを活用して広告宣伝費を節約する
  • 「電子印鑑GMOサイン」などのITシステムを活用する

2.オンライン授業を導入する

運転資金を抑えるには、オンライン授業を導入するのも良いでしょう。
オンライン授業はWeb会議システムを使って授業をおこなうので、ソフトウェアのライセンス料が必要となることがありますが、机や椅子などの備品に掛かる費用や冷暖房費などの水道光熱費などが削減できます。
教材も電子ファイルで配布したり、「電子印鑑GMOサイン」などのITシステムを活用したりすればさらに圧縮できるでしょう。

3.家庭教師から始める

塾を開業する準備として、家庭教師から始めることもよいでしょう。
生徒に勉強を教えた経験がない場合には、家庭教師を経験してみるのも良いです。
家庭教師の経験の中で、効率的な教え方や役に立つ教材・必要な備品などを学べれば、塾を開業した際のノウハウとしても役に立ちます。
開業する塾の形態には個別指導型の塾もあるので、家庭教師の経験は無駄になりません。

4.フランチャイズを検討する

開業時の手間と費用を削減するために、フランチャイズに加盟するのも有効です。
開業準備から集客運営まで全部自分でやらなければならない個人塾に対し、大手のフランチャイズ系列の塾は時間と労力の節約に役立ちます。
フランチャイズでは本部のブランド力で信用されるので、集客の際にも安心です。
宣伝ツールや教材、経営のノウハウも指導されるため、効率の良い経営ができます。
ただし、ロイヤリティが発生するので、その分の支出見込みが必要な点に注意しましょう。

5.大手の塾と競合しないようにする

個人で開業するのであれば、大手フランチャイズの塾と競合しないようにする必要があります。
大手は人手をかけて蓄積した長年のノウハウに基づき、広く通用するような経営を行います。
そのため、個人塾が大手と同じ方針で経営するのは難しいです。
個人塾では、大手よりサービスの質を向上させつつ、不要な部分は削減するなど効率化が必要です。
個人でしかできないきめ細かい指導を行うと良いでしょう。
各人のレベルや都合の良い日程に合わせた指導を行うことで、大手がまねできない特色を出すことができます。
特定の教科に特化した指導などを行うのも良いでしょう。

6.システムやツールを導入する

個人塾では固定化した経営メソッドがないため、システムやツールを柔軟に導入できます。
入退室管理やオンライン授業・料金徴収・保護者との連絡など、ITを活用したシステム化すると効率化できる点が多いので、積極的に行っていきましょう。

「電子印鑑GMOサイン」では、入会者希望者との契約に電子契約が利用可能です。
塾に入会する際に保護者が印鑑を持って契約のために訪れる必要がないため、保護者も経営側もメリットがあります。
来客対応も不要で、双方の時間が節約できるのがメリットです。
特にオンライン形式の塾での契約には、効果が大きいでしょう。

実際に、電子印鑑GMOサインをきっかけにオンライン校を解説した事例もお読みください。

7.不要な備品を購入しない

塾を開業するためには、さまざまな備品が必要です。
不要な備品を購入しないように気をつけましょう。
たとえば、業務用コピー機のリース料は高額です。
テストやお知らせの印刷に使うこともありますが、開業当初は複合機を使ってみましょう。
専用のコピー機がどうしても必要となったときに、導入しても遅くありません。
また、固定電話・FAXも本当に必要か考えましょう。
インターネット回線に繋がったPCを使うか、LINEから問い合わせをすれば不要な場合があります。
塾の形態や顧客に応じて、備品を考えるようにしましょう。

8.少人数でも利益が出る高単価のビジネスモデルを作る

この章で紹介してきた方法は、少人数で効果の高いビジネスモデルです。
大手のフランチャイズのように、大人数で単価が低いと収益はあがりません。
開業費用はもちろん固定費を抑え、ITシステムやツールを活用するなど無駄のない経営をしましょう。
もちろん、費用を圧縮した分だけ、大手にはないきめ細かく特色ある指導をすることが必要です。
少人数でも利益の出る高単価のビジネスモデルを作ることで、生徒が増えても高収益の経営体質を維持できます。
まずは、スモールスタートから経営基盤を安定させましょう。

差別化と経営の効率化が成功のカギ

塾の開業は、資格が不要なため誰でも簡単に始められます。
しかし、特色ある教育と効率的な経営をしないと成功は難しいのが現状です。
少子化で塾の競争は激しく、個人塾は大手フランチャイズにはない特色が必要となっています。
今回紹介した塾の開業で失敗しないコツは、次のとおりでした。

  1. 開業費用を安く抑える
  2. オンライン授業を導入する
  3. 家庭教師から始める
  4. フランチャイズを検討する
  5. 大手の塾と競合しないようにする
  6. システムやツールを導入する
  7. 不要な備品を購入しない
  8. 少人数でも利益が出る高単価のビジネスモデルを作る

経営を効率化させ、教育に重点を置くならITシステムやツールの導入は不可欠です。
たとえば、オンライン講義と電子印鑑GMOサインの相性はとても良くなっています。
塾を開業する際には、ITサービスも積極的に活用するなどして経費削減に努めましょう。
今回の記事が、塾の開業を考えている方の参考となれば幸いです。

詳しくは「電子印鑑GMOサイン」の特徴・選ばれる理由をご参照ください。

GMOサイン公式サイトはこちら

電子契約サービスを検討中の方必見!

電子契約サービスを徹底比較

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、比較表付きで分かりやすく紹介しています。ぜひご参考にしてください。

詳細はこちら

電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン

アバター

筆者

ハンコ脱出作戦 編集部

このライターの記事一覧を見る

電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
  • 電子印鑑GMOサインが選ばれる理由
  • 電子契約とは
  • 脱印鑑ブログ 公式Twitter

公式SNS

電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子契約に関わる様々な情報を配信!

電子サイン・電子契約ならGMOサイン|電子契約サービスを徹底比較
電子サイン・電子契約ならGMOサイン|無料で使える電子契約サービスを徹底比較

「脱印鑑ブログ by GMOサイン」とは?

日本の脱印鑑文化を応援するブログメディアです。
電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子印鑑、電子契約の最新情報をお伝えしています。

電子契約サービスを検討中の方向けに、
役立つ資料を提供しています。

電子契約サービスの基礎知識や選び方、導入ステップなどを分かりやすく紹介しています。
無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

資料請求

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集