MENU

ChatGPTの仕組みや学習方法を詳しく解説!業務効率化に役立つ具体的な活用事例も紹介

  • URLをコピーしました!

ChatGPTの利用は、情報の精度や機密情報漏洩の危険性といった点でのリスクがございます。業務で利用する場合は各社のルールにのっとり、安全性を見極めたうえで適切に利用しましょう。

ChatGPTは登場した段階では単なる対話型ツールとして注目されていましたが、今では多くの業種の企業で役立つ革新的なシステムとなっています。

そこで本記事では、ChatGPTの仕組みやデータ学習を使った業務への利用法について詳しく解説します。これまで解決できなかった問題も解決できる可能性があるシステムですので、企業でお困りの点がある場合にはぜひご確認ください。

目次

ChatGPTとは?

近年話題となっているツールChatGPTとは、AI技術を活用した対話型ツールであり、世界中で注目を集めています。ChatGPTはチャットツールであり、こちらが投げかけた質問に対してAIが適した回答を作成して返してくるようになっています。

ChatGPTが注目されている理由は返答の内容であり、まるで人間が会話しているかのような自然な文章が返ってくるのです。従来のチャットサービスは、決められた質問を投げかけてテンプレート的な回答が返ってくるだけのシステムでしたが、AIが自律的に考えて適切な回答を違和感のない文章で返してくれる点において、ChatGPTは非常に革新的であり、多くの企業や個人がビジネスでの活用法を考えて、現場への導入を進めています。

GMOサインのAIに関する取り組み

ChatGPTにおける2つの使い方

ChatGPTを利用する方法には、「Web版」「API版」の2種類があります。それぞれの方法には特徴があるため、利用用途にもとづいて有効活用しましょう。

Web版

Web版では、Webブラウザーで動作するChatGPTを利用します。誰でも無料で利用できるため、非常に使いやすいです。また安定したアクセスやレスポンスの高速化、新たな機能実装時の先行利用を希望するユーザーに向けた有料プランも提供しています。

しかし、Web版のChatGPでTはテキストベースの対話のみが実施でき、画像や音声の処理はサポートされていない点に気をつけましょう。

API版

API版では、ChatGPTを他のシステムやサービスと連携させて利用します。APIとは「Application Programming Interface」の略称であり、特定のアプリケーションの一部を外部へ公開することで、その機能を他のシステムでも使えるように連携させます。

API版を利用すればプログラムでのアクセスが可能となるため、あらゆるシステムにChatGPTを導入できます。またAPI版のChatGPTでは、テキストだけではなく画像や音声を使った対話にもサポートされています。そのため応用の幅が広がり、様々な使い道が見つかるでしょう。

ChatGPTの仕組み

次にChatGPTが動いている仕組みをご紹介します。かなり自然な会話ができ、多くの使い道があるChatGPTの仕組みについてぜひご覧ください。

大規模言語モデル

ChatGPTは大規模言語モデルを基盤として作動しています。大規模言語モデルとは「Large Language Model(LLM)」とも呼ばれており、その名の通り大規模なデータセットを利用した機械学習によってより高い精度を実現した自然言語処理モデルを指します。また言語モデルとは、文字の並びの確率を割り当てるモデルであり、日常的な会話や単語の出現確率、単語の後に出てくる別の単語の出現確率などを示したモデルを意味します。

大規模言語モデルを基盤とすることで、ChatGPTは複雑な質問への回答を人間と対話しているような自然な文章で会話しているのです。

GPT

GPTとは「Generative Pre-trained Transformer」の略称で、自然言語処理モデルを意味します。Transformerという深層学習モデルの採用によって、より一層人間と話しているような自然な文章を生成しているのです。

ChatGPTはGPTに対話形式のUIを付与したシステムであり、これによって複雑な質問への回答やAI自身が考えて意見を発信するような難しいタスクを違和感なく実行できるようにしています。GPTは日々バージョンアップが進んでおり、2023年の3月にはGPT-4が公開されました。

独自のデータを学習させることも可能

ChatGPTは膨大なデータセットをもとに学習しているため得られる情報は多いですが、データの数が膨大であるため、企業に必要な業務や情報収集に役立つようにはなっていません。

そのため、自社に役立つように独自のデータをChatGPTに学習させて利用する方法が主流になっています。

データ学習を使った業務への利用法

実際にデータ学習を使って多くの業務に活用されていますので、具体的な利用法について詳しく解説します。

事務・経理

事務・経理業務には、ChatGPTは非常に有用です。事務や経理業務では書類作成や金額計算などの作業が行われますが、単調な作業はChatGPTに任せれば高精度かつ短時間で進められます。

また独自データを学習させたChatGPTならば、新しく書類を作成する場合でも企業の情報にもとづいて最適な雛形を作成してくれます。

プログラミング

ChatGPTでは、質問文でプログラミング作成を指示するだけで処理を記述してくれます。そのため、自身が学んでいない言語や複雑な処理のプログラムも作成可能です。

また自身が書いたプログラムのバグを探して、より効率的な書き方をレビューしてもらうこともできるので、プログラミングの練習にも役立ちます。

顧客対応

ユーザーからの問い合わせメールの対応やチャットボットなどにChatGPTを導入すれば、問い合わせ業務の効率化だけでなく、人間が行っているような質の高い対応が期待できます。そのためユーザーからすれば、人間が問い合わせに対応してくれるように感じるため、満足度向上につながるでしょう。

未だに企業の中にはテンプレート的な回答しか返せないメール返信システムやチャットボットを使っているところも多いため、差別化にも役立つでしょう。

様々なメリットや使い道があるChatGPT

ChatGPTは、AI技術を駆使して自然な対話を実現した画期的なツールです。データ学習を使って自社の業務にうまく利用すれば、業務効率化や人件費削減だけでなく、ユーザーの満足度向上や他企業との差別化などにも役立つでしょう。

また自社の業務に合わせて様々な使い方が行われているため、もし業務で困った点がある場合にはChatGPTを使った解決法を専門家に相談するのもいいでしょう。ChatGPTをうまく使って、業務にお役立てください。

GMOサインのAIに関する取り組み

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

資料請求チャート

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次