働き方

2020年8月7日

2022年7月13日

デジタル化が企業に与えるメリット・デメリットとは?

リモートワークなどが推奨される現在、企業のデジタル化が強く求められています。デジタル化された社会や企業とはどのようなものなのでしょうか。

ここではデジタル化について、社会や会社への影響を解説するとともに、企業がデジタル化を進めるときに知っておきたいポイントを、主に書類や契約に関して紹介します。


デジタル化した社会とはどのようなもの?

これまで紙媒体で読んでいた書籍は、スマートフォンやタブレット、パソコンなどで読める電子書籍へと変化が進んでいます。鉄道を利用するときに使用していた紙の切符も、ICカードやスマートフォンなどにデータとして格納し利用できるようになり、現在位置にタクシーが呼べるといったものまであります。

このようなさまざまなデジタル製品やサービスが登場し、わたしたちの社会や生活は日々便利になっています。これこそが、社会のデジタル化なのです。

デジタル化した社会は、生活が便利になる一方、それを取り巻く犯罪も増えています。具体的にはデータを盗む、他者になりすますといったものです。個人や企業はこうした犯罪から身を守ることを考えなくてはなりません。

それでもこうしたデジタル化が進む背景には、デジタルデータの持つ特徴が関係しています。アナログデータと比べて、コピーしても劣化しない、処理が速い、蓄積と分析が容易であるなどが挙げられ、これらを生かした新しいビジネススタイルも定着しつつあります。

▷関連記事:デジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンドを詳しく!

デジタル化の実現による企業へのメリット

デジタル化を実現した場合、企業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは2つを紹介します。

書類のペーパーレス化によるメリット

これまで紙の書類で蓄積していた顧客情報や資料などがデジタルデータで管理できるため、保管場所に困りません。目的の資料を探す場合も、紙媒体では大変な手間が掛かっていましたが、デジタルデータは検索機能を使って簡単に検索できます。

契約書などの他社とやり取りする書類にも、デジタル化によって大きなメリットが生まれます。まず、印鑑による押印は電子印鑑に代わります。印鑑を持ち歩いたり印鑑を盗まれないように管理したりする必要がなくなります。もちろん、書類を郵送することもなく、メールなどで送ることが可能です。

このようにビジネスにおけるペーパーレス化によって、印刷費郵送費、保管費といったコストが削減できるほか、書類データを検索したりメールで送付したりすることも可能になるため、ビジネススピードの向上を図ることもできます。

AI、IoTを導入したデータ活用によるメリット

人の手でデータを分析することには要する時間や件数など限界がありますが、AI技術の活用などデジタル化によって大量のデータを容易に分析できるようになります。なお、こうしたAI技術は、ユーザとのチャットを使った問い合わせなどにも利用されています。

また、センサーなどを活用したIoT(物をインターネットに接続する)を利用することで、大量のデータを蓄積することも容易になり、AIによる分析と組み合わせた、大量データのリアルタイム分析をも実現できます。

このようにAI、IoTを導入することで、大量データの分析、蓄積の高速化、人件費の削減といったメリットもうまれるのです。

デジタル化が企業にもたらすデメリット

ただし、企業にとってデジタル化はメリットだけでなく当然、課題や問題点もあります。ここではデジタル化におけるデメリットを、主に書類の電子化に注目して紹介します。

デジタルデータのセキュリティリスク

デジタルデータの場合、共有サーバ上に保管してネットワーク越しに利用するため、十分なセキュリティ対策が必要です。

セキュリティ対策が不十分だと、格納していたデータの改ざんや紛失、個人情報や重要な技術書類などの社外流出といった、重大な問題を招く可能性があります。このため、しっかりとしたサーバ運用のスキルを持つ者がセキュリティ対策を施し、常に状態を把握するといった運用が必要なのです。

ネットワークやコンピュータが必須となることによるリスク

さらに、大きなデメリットとなるのが、デジタル化によって必要となる機器の整備です。デジタル化されたデータは、共有サーバなどに格納され、ネットワークを介してPCやタブレット、スマホといったコンピュータ端末で閲覧や作業を行います。そのため、ネットワークや関連機器を適切に管理、運用することが必要です。

また、社内に共有サーバを置く場合、停電や災害といった場合に、データの破損や消失リスクがあります。こうしたケースに備えるため、費用が必要になるといったデメリットも存在します。

企業がデジタル化を進めるうえでの注意点

企業がデジタル化を進める場合、このようなさまざまなリスクやデメリットをどのように乗り越えればよいのでしょうか?ここでは大きく2つのポイントを解説します。

デジタルデータのセキュリティ対策

まず、デジタルデータ化された書類を保管するサーバに、アクセスできる従業員を限定します。このとき、業務に不必要な書類などを持ち出されないよう、書類ごとに付与する権限を設定する必要があります。また、書類の改ざんを防ぐために、閲覧権限と、編集権限を設けたり、編集された書類に履歴を残したりといった工夫も必要です。

クラウドサービスの利用も検討

契約書のデジタル化、電子印鑑の導入を検討しているのであればクラウドサービス「電子印鑑GMOサイン」がおすすめです。このサービスは、契約書などのデータを保管してくれるだけでなく、電子印鑑を使った契約書のやりとりを社外と行えるデジタル化された契約、すなわち電子契約をワンストップで行うことができます。もちろん、保管した書類の閲覧権限設定も備わっています。

また、「電子印鑑GMOサイン」は安心して利用するためのセキュリティ機能も万全です。例えば、クラウドサービスには必須となる、IPアドレスによるアクセス制限、ワンタイムパスワードによるログイン認証やクライアント認証などを実装できます。

このように、「電子印鑑GMOサイン」を導入することによって、ペーパーレス化のデメリットを解消し、メリットだけを受けることが可能となるのです。

デジタル化にはクラウドサービス導入がおすすめ

デジタル化によって企業には多くのメリットがうまれますが、同時にデメリットもあります。メリットだけをうまく生かせるよう、デジタルデータの保管はクラウドサービスを利用するとよいでしょう。もし電子契約の導入を検討しているなら、「電子印鑑GMOサイン」の導入をおすすめします。

電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン

関連記事

ハンコ脱出作戦 編集部

筆者

ハンコ脱出作戦 編集部

このライターの記事一覧を見る

電子サイン・電子契約ならGMOサイン
電子サイン・電子契約ならGMOサイン
  • 電子印鑑GMOサインが選ばれる理由
  • 電子契約とは
  • 脱印鑑ブログ 公式Twitter

公式SNS

電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子契約に関わる様々な情報を配信!

電子サイン・電子契約ならGMOサイン

「ハンコ脱出作戦」とは?

日本の脱印鑑文化を応援するブログメディアです。
電子印鑑GMOサインのサービス情報や電子印鑑、電子契約の最新情報をお伝えしています。

電子契約サービスを検討中の方向けに、
役立つ資料を提供しています。

電子契約サービスの基礎知識や選び方、導入ステップなどを分かりやすく紹介しています。
無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

資料請求

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集

印鑑の完全廃止に関するグループの取り組みと関連リンク集