MENU

介護士の転職を成功させるポイントを解説!おすすめの転職サイトやエージェントも紹介

  • URLをコピーしました!

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

本ページはプロモーションが含まれています。

介護士は高齢者の介護を行い、日常生活を支える重要な仕事です。近年では未経験から介護士に転職する方も多く、高齢化社会の進む日本では重要な存在となっています。

そこで本記事では介護士に転職する方法について詳しく解説します。ぜひ介護士への転職を成功させて、満足できる職場環境でやりがいのある日々を過ごしましょう。

目次

転職にあたって知っておくべき介護業界の実情

介護士の転職を成功させるには、介護業界の実情を知ることが重要です。介護職員数や離職率、給与などの観点から介護士への理解を深めましょう。

介護士・介護職員数は全国で200万人以上

引用・出典:厚生労働省 介護職員数の推移 / 厚生労働省 令和3年 介護サービス施設・事業所調査の概況 P3

介護士数は右肩上がりが続いています。厚生労働省のデータによると、令和3年度の介護職員数は214万9,000人まで増加しています。平成24年から令和3年までの10年間で50万人以上も増加しているため、介護士の需要は高いことがわかります。

また介護施設数も毎年増加していますが、介護士の需要に対して供給が追いついていない状況です。さらに団塊の世代の高齢化でさらなる需要が見込まれるため、看護師の需要の高い状態は今後も続くと予測されます。

介護士・介護職員の離職率

引用・出典:介護労働安定センター 令和3年度「介護労働実態調査」結果の概要について P2 / 厚生労働省 令和3年雇用動向調査結果の概況 P6

介護労働安定センター発表のデータによると、令和3年度の訪問介護員と介護職員の離職率は14.3%です。また全業界・職種の離職率の平均は13.9%であるため、介護士の離職率は平均よりもわずかに高いです。しかし、離職率の推移を見ると、平成19年度の21.6%をピークに離職率は減少傾向にあります。

この理由には政府や自治体、事業所の積極的な労働環境改善の取り組みが考えられます。介護士のニーズ増加から、労働環境の改善は今後も期待できるでしょう。

介護士・介護職員の給与と年収

引用・出典:介護労働安定センター 令和3年度「介護労働実態調査」結果の概要について P4 / 国税庁 令和3年分民間給与実態統計調査結果について

転職では給与や年収も重要なポイントので、チェックしておきましょう。令和3年度における年収では、介護職員が345万7,919円、訪問介護員は324万3,882円でした。一方国税庁のデータでは、民間における給与所得者の年収は443万円となっています。

全国平均に比べると介護士の年収は低いですが、年々給与所得は増加しています。また看護師では資格取得による手当も期待できるため、キャリアアップすれば大幅な昇給につながるでしょう。

介護士の離職でよくある理由

介護士は肉体労働であり、夜勤も日常的にあるハードな仕事です。そのため、離職を考える方も少なくありません。しかし介護士が離職を考える理由は人それぞれですので、他の理由についてご紹介します。

理由①人手不足が深刻

日本は高齢化が進んでおり、要介護認定を受ける高齢者も年々増加しています。しかし、高齢者を支える介護士自体は不足している状況です。

そのため、介護現場は慢性的な人手不足に陥っており、介護士に大きな負担がかかっています。多忙な毎日が続くケースが多いので、心身の不調から離職せざるを得なくなる場合も多いです。

理由②理想と現実のギャップが大きすぎる

若手の介護士に多い理由として、仕事に抱いていた理想と現実とのギャップに悩むケースが挙げられます。たとえば介護現場は穏やかな雰囲気のイメージだったのに、実際には休む暇もないほど忙しいパターンが多いです。また「こんなに忙しいと思わなかった」と早期離職する方もいます。

理由③仕事と給与が見合っていない

介護士は高齢者の食事や入浴、リハビリなど生活全般をサポートします。その上、様々なサービスを利用者に応じて提供する臨機応変な対応が求められます。

しかし、求められる業務量やスキルに対して、給与や報酬が見合っていないと感じている方も多いです。そのため、業務量に対して給与の安い職場を離れて、十分な給与が期待できる職場に転職するケースもあります。

理由④人間関係のトラブルが多い

人間関係のトラブルで離職するケースも見られます。介護士は施設によって独自のルールがある場合が多く、転職してもせっかく前職で培った経験が新しい職場で生かせない場合もあります。このようなすれ違いが積み重なり、離職を考える方もいます。

理由⑤希望を出しても休みが取れない

施設形態や職場によっては、休みがなかなか取れないこともあります。たとえば、デイサービスは基本的に平日日中のみに仕事をしていますので、土日祝は休みになる職場が多いです。

一方、特別養護老人ホーム(特養)は要介護度の高い利用者が多いため、土日祝に関係なく仕事をする必要があります。なかなか休みが取れないと、体調を崩しかねませんので離職を検討するケースもあるでしょう。

介護士が向いている人

介護士は離職で悩む人もいますが、介護士が向いている人もいますので、そのような人の特徴をご紹介します。

人のお世話をするのが好きな人

介護士は利用者の方と関わる時間が多く、日常生活のお世話をする仕事です。また寝たきりの方や車椅子生活の方も多く見られます。

介護士の業務には入浴介助やオムツ交換など生活における全般的なサポートを行うため、人のために働く気持ちがなければ続けられない仕事と言えるでしょう。そのため、相手の求めていることを考えて、積極的にお世話ができる人ほど介護士に向いています。

体力に自信がある人

介護士の仕事は、肉体労働が中心です。特に男性の場合には、女性介護士に代わって利用者を抱えたり、重労働を任されたりする場面もあります。つまり、健康で体力に自信のある方に向いています。また基本的に日勤と夜勤の繰り返しになるため、夜勤がさほど苦労に感じない方も向いています。

コミュニケーション能力が高い人

介護士には、利用者への声かけや気持ちに寄り添うコミュニケーション能力も重要です。相手の気持ちに共感して、話に対してしっかり耳を傾けられる人は介護士に向いています。

また介護士は職員同士で情報共有して、利用者の変化を見逃さないスキルも重要です。そのため、コミュニケーション能力が高い人は職員同士での連携も取りやすくなり、仕事に役立てられるでしょう。

土日祝の仕事や夜勤があっても平気な人

多くの介護施設では、土日祝関係なく仕事があります。そのため、土日祝でも働くのが一般的であり夜勤が入ることも多いです。

このように不定期な勤務で土日祝の仕事や夜勤が平気な人は、介護士に仕事に向いています。しかし土日祝は休みたい人でも、デイサービスなどの職場ならば休日や夜勤の勤務を避けられますので、そのようなところで働く選択肢もあります。

介護士の転職を成功させるための6つのポイント

介護士の転職を成功させるには、転職前の準備や施設選びが重要です。そこで転職成功に役立つ6つのポイントををご紹介します。

教育体制が整備されている職場を探す

転職先を選ぶ際は、教育体制が整備されている職場を探しましょう。教育体制が整っていないと、介護福祉士やケアマネジャー、管理責任者へのキャリアアップが難しくなるでしょう。

介護士は資格取得によるキャリアアップが実現しやすい職種ですので、重要なポイントと言えます。そのため、できれば資格取得支援制度がある職場を選ぶのがおすすめです。

複数の職場に応募する

介護施設に転職するなら、他の職場と比較検討するために複数の職場に応募することをおすすめします。複数の職場で労働条件などを比較すれば、自身に合った職場を判別しやすくなるでしょう。

また経験やノウハウを積むために、働きやすい職場を選びましょう。

夜勤協定が締結されている職場を選ぶ

夜勤回数には法的上限がないため、週40時間の労働時間以内なら何回でも夜勤できるようになっています。介護士にとっては、夜勤が大きな負担となってトラブルに発展するケースも少なくありません。

しかし、介護施設によっては1ヶ月単位での夜勤回数等を定める夜勤協定を締結している職場があります。日本医療労働組合連合会の「2022年介護施設夜勤実態調査結果概要」によると、夜勤協定を締結している施設は全体の68.0%です。負担を減らすために、職場では夜勤協定をあるかどうかチェックしておきましょう。

参考:日本医療労働組合連合会 「2022年介護施設夜勤実態調査結果概要」 P24

職場見学で環境や雰囲気を確認する

転職先を決める前には職場を見学して、施設の設備や環境、雰囲気などをチェックする方法がおすすめです。説明会などではわからないリアルな側面を確認することは、職場選びにおいて重要です。

自分が働ける職場かどうか判断するために、職場見学はぜひ行っておきましょう。

転職エージェントを利用する

優良な職場を探すには、転職エージェントを利用する方法もあります。転職エージェントなら在職しながらでも転職活動が進めやすく、多くの介護施設求人をチェックできます。

また介護士に特化した転職エージェントだけでなく、あらゆる求人を取り扱っている総合型転職エージェントを利用した方がいいでしょう。それぞれ非公開求人や独占求人があるだけでなく、サービスの強みが違うため相互的に補完できます。介護士の求人を効率的に探すなら、ぜひ複数の転職エージェントを併用しましょう。

おすすめの転職サイト・エージェント10選

転職活動を進める方向けにおすすめの転職サイト・エージェント10選をご紹介します。転職サイト・エージェント選びに迷っている方は、参考にしていただければ幸いです。

リクルートエージェント|業界No.1の求人数を持つ転職エージェント

公開求人数40万9,659件(2023年7月31日時点)
非公開求人数30万6,415件(2023年7月31日時点)
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職業界最大手のリクルート社が運営する転職エージェントサービスです。総合型転職エージェントでは最多の求人数を誇り、さまざまな業界や職種の求人を掲載しています。

また求人数も公開・非公開合わせて70万件を超えています。

リクナビNEXT|便利な求人検索機能が豊富な求人が魅力

公開求人数10万1,157件(2023年7月31日時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://next.rikunabi.com/?leadtc=footer_top

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが提供する総合型転職サービスです。公開求人数は10万件以上、会員数1400万人(2022年5月時点)の大手転職サイトです。

検索機能は59項目からこだわりの条件を設定できるため、かなり理想に近い求人を見つけられるでしょう。また企業からのスカウトメール機能もあり、自分を必要としている企業から声がかかる点も便利です。

BIZREACH|プロヘッドハンターの充実したサポートが強み

公開求人数8万9,890件(2023年7月31日時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/

BIZREACH(ビズリーチ)は、株式会社ビズリーチが運営するスカウト型転職エージェントサービスです。利用を始める際にはプロフィールを記入して、企業から声がかかるスカウト型である点が大きな特徴です。

求人は管理職以上のハイクラス求人が中心で、プロヘッドハンターからのスカウトが期待できます。利用者のサービスに対する評価が高く、ミドルクラス以上の転職を目指す30~40代の方から人気が高いです。

doda|サポートの充実度が業界トップクラス

公開求人数20万4,982件(2023年7月31日時点)
非公開求人数3万6,007件(2023年7月31日時点)
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://doda.jp/

パーソルキャリアが運営するdoda(デューダ)も転職に役立ちます。2023年では顧客満足度No.1を獲得しており、業界トップクラスの手厚いサポートが期待できます。

同社が提供する転職エージェントと転職サイト、どちらも利用できる点が特徴です。また人気企業300社の合格診断や転職タイプ診断、職務経歴書・履歴書作成ツールのレジュメビルダー、転職フェアなど他社にはない独自のサービスを利用できます。

リクルートダイレクトスカウト|年収600万円以上の求人が20万件以上

公開求人数21万1,645件(2023年7月31日時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国・一部海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、人材サービス企業リクルートが運営するサービスの1つです。年収600万円以上のヘッドハンター求人を中心に取り扱っており、ハイクラスの求人数は業界トップクラスを誇ります。

求人検索は「年収600万円以上」からスタートしており、高年収の管理職求人が20万件以上掲載されています。また年収1,000万円以上の求人も7万件以上掲載されているため、キャリアアップと収入向上を目指すなら最適なサービスです。

マイナビジョブ20‘s|20代の未経験職種への転職に特化

※マイナビのプロモーションを含みます。

公開求人数4,659件(2023年7月31日時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20‘sは、人材業界大手のマイナビグループが運営する20代向けの転職エージェントです。利用者は20代に限定されていますが、未経験職種への転職に特化しています。

20代限定のサービスであるため求人数は他のサービスに比べて少なめですが、キャリアデザインを考えている若者におすすめです。

第二新卒エージェントneo|短期間で転職先を決めたい20代におすすめ

公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://www.daini-agent.jp/

第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営する第二新卒やフリーター向けの転職エージェントです。このサービスも20代に限定した求人を扱っているため、求人数は他社のサービスより少なめです。

転職活動が初めての方のために細かい情報提供を行っており、第二新卒の方が転職で利用するならおすすめのサービスです。

doda X|40代以上の管理職求人が豊富

公開求人数3万4,440件(2023年7月31日時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://doda-x.jp/

doda X(デューダエックス)は管理職を中心にハイクラス求人を多数掲載しており、求人のほとんどが年収600万円以上です。ヘッドハンティングサービスと求人紹介サービスの2つが利用でき、キャリアが高い人ほど多くの求人が見つかります。

ヘッドハンティングサービスでは、約4,000人(2023年7月時点)のプロヘッドハンターがキャリア形成を支援しています。求人紹介サービスと併用すれば、効率的にハイクラスの求人を見つけられるでしょう。dodaXだけの求人も多く、コア人材として管理職を目指す方におすすめです。

マイナビエージェント|若手向け非公開求人数が多数

※マイナビのプロモーションを含みます。

公開求人数4万6,087件(2023年7月31日時点)
非公開求人数1万8,115件(2023年7月31日時点)
対応地域全国・海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、人材業界大手のマイナビグループが運営する就職支援サービスです。求人数は少なめですが、20~30代の転職に多くの実績があります。

未経験者向けに多くの業界の求人を豊富に取り扱っており、異業種からの転職を目指す20~30代の方におすすめです。

介護士の転職に関するよくある質問

介護士への転職や、別の施設への転職を考えている介護士のよくある質問と回答をご紹介します。

資格なし・未経験から介護職への転職は可能ですか?

介護職として働くのに、資格や経験は不要です。そのため未経験でも介護士に転職しやすく、キャリアアップできます。なお実務経験を積んで研修を受講すれば、国家資格である介護福祉士の受験資格を満たせます。

特養で1年ほど経験を積んでグループホームへの転職はできますか?

転職自体は可能ですが、グループホームは入居者への気遣いと基礎となる介護技術が重要な施設です。そのため、グループホームで働く職員も介護経験豊富な人が多いため、特養でより一層の経験を積んでからの転職をおすすめします。

特養は要介護度3以上である重度の認知症や寝たきりの方が中心の施設ですので、介護のノウハウを学びやすいです。特養で3年程度の経験を積めば、他の施設形態に転職しても即戦力として活躍できるでしょう。

介護士として最初に勤務するならどの施設形態がおすすめですか?

介護経験がない方が最初に勤務するなら、特養または介護老人保健施設がおすすめです。特養はある程度規模の大きい施設が多いため、介護士の基本技術を一通り習得できます。

また介護老人保健施設はいくつかの部門に分かれており、短期入所やリハビリ、デイサービスなどの様々なサービスを提供しています。最終的には自宅に帰ることを目的にしているため、ある程度自立度の高い利用者も多いので初心者でも働きやすいでしょう。

介護士は今後も需要が高い人気の仕事

介護士は介護業界を支える中心的な存在です。高齢者の身の回りの世話を行い、安全に日々を過ごせるよう支援します。

体力が必要な仕事ですが、多くの利用者の生活をサポートできるのでやりがいがあります。また高齢化などから需要が高いため、今後も多くの介護士が求められるでしょう。

介護士の仕事に興味のある方は、自分に合った職場を転職サイト・エージェントでぜひ見つけましょう。

転職エージェントおすすめ3選!

ここでは転職活動をする上でチェックすべき転職エージェント(おすすめの転職サイト)をご紹介します。転職エージェントを利用することによって、通常の転職活動では見つけられないような非公開求人を紹介してもらえたり、転職に関する豊富な知識と経験を持つコンサルタントによるサポートが受けられるなど、さまざまなメリットがあります。転職エージェントを上手に活用して、理想の転職を叶えましょう!

リクルートエージェント

圧倒的知名度を誇る「リクルートエージェント」。転職成功No.1の実績を持ち、厳選した21万件以上の非公開求人から提案してくれます。さらに、専門コンサルタントがフルサポートと充実したサービスを受けることができます。なかなか言づらい年収や条件、入社日程などの交渉を代行してくれるため、希望の転職先が見つけやすいのも魅力です。無料で利用できるので、迷ったらまずは相談してみるのがおすすめです。今すぐ転職したい方はもちろん、転職するかどうか迷っている方でも無料で気軽に相談可能です。

doda

doda」は、転職に関する情報が満載の転職サイトです。求人数はなんと20万件以上!多種多様な求人から探せるので、あなたの希望のお仕事がきっと見つかります。転職活動をする上でわからないことや困ったことが起きた時に気軽に相談できるのも魅力です。また、転職のノウハウが学べるセミナーや、選考前に企業と話せるイベントなど、転職活動に役立つさまざまなサービスを提供しているので、初めての転職でどう進めればいいのかわからないという方にもおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント」はオリコン顧客満足度調査において、満足度総合No.1を獲得した転職支援サービスです。各職種の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが求人紹介から内定まで一貫してサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心して利用できます。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業の人事担当者とやり取りするアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気など、求人票には載っていないリアルな企業情報を教えてくれます。なんと転職後の年収UP率は驚異の61.1%!WEB面談や電話でも対応してくれるので、直接会わなくても気軽に相談することができます。

 

電子契約を始めるなら今がチャンス!

 

 

ただいまGMOサインでは基本料金&送信料が2カ月間無料で利用できる超おトクなキャンペーンを実施中です。

ユーザー数や送信数などといった機能制限なし!しかも“2カ月間無料”でお試しいただけるチャンスですので、この機会にぜひお申込みください。また、無料期間中も解約することができます。 無料期間中に解約をした場合、料金は発生しませんのでご安心ください。

 

\ まずは無料トライアル /

 

 

電子契約サービスの導入を検討中の方必見!

 

電子契約サービスごとの違いや選び方などについて、下記の記事でわかりやすく比較しています。ぜひご参考にしてください。また、各社のサービスをまとめた比較表を“無料”でダウンロードできます

“無料” で使える電子契約サービスをまとめました! /

\ 各社サービスを一覧でチェック! /

 

 

電子契約サービスを導入するなら「GMOサイン」が断然おすすめ!

GMOサインは、導⼊企業数No.1 ※ の電子契約サービスで、300万社以上の事業者にご利用いただいております。また、自治体などにおいても広く導入されています。同⽔準の他社サービスと比較をしても、使用料がとてもリーズナブルなのが特徴です。さらに、無料で試せる「お試しフリープラン」もあるので手軽に利用できます。各種機能も充実しているため、使い勝手も抜群です。ぜひ一度お試しください。

※ 導入企業数は「GMOサイン(OEM商材含む)」を利用した事業者数(企業または個人)。1事業者内のユーザーが複数利用している場合は1カウントする。内、契約社数「100万社」(複数アカウントをご利用の場合、重複は排除)

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GMOサインが運営する公式ブログ「GMOサインブログ」の編集部です。
電子署名/電子サイン/電子印鑑(デジタルハンコ)/脱印鑑(脱ハンコ)/電子文書/電子証明書/電子帳簿保存法など、電子契約にまつわる様々なお役立ち情報をお届けします。

電子サイン・電子契約・電子署名のことなら「電子印鑑GMOサイン」
目次