ケーススタディ(課題・目的別)

広告・マスコミ

部署・プロジェクトごとに権限を細かく設定。
ユーザーごとに社内承認者を固定してガバナンスを強化!

アイコンよく使われている契約類型
業務委託基本契約書 受発注書、見積書 秘密保持契約書 雇用契約書
アイコンおすすめの機能・オプション
役割・権限設定 閲覧制限 ワークフロー固定機能

ユーザー・部署ごとに細かく権限を設定
フォルダ管理機能と組み合わせることでさらに便利に

標準機能役割・権限設定

サービスを利用するユーザーごとに役割と権限を設定できます。文書・フォルダごとに閲覧範囲を設定できるため、部外秘の文書なども安心して保管できます。

標準機能ユーザーグループ管理

所属部署やプロジェクトなどの単位で、ユーザーグループを任意に作成できます。
作成したユーザーグループは、契約書の閲覧権限の設定に利用可能です。

標準機能閲覧制限

契約書を見れるユーザーを限定できます。
フォルダ機能とユーザーグループ管理機能を組み合わせることで、特定の部署のユーザーのみに閲覧を許可することも可能です。

こんな方におすすめ

  • ユーザーごとに「署名依頼が可能」「閲覧のみ」などの権限を細かく設定したい
  • 文書・フォルダごとに閲覧範囲を設定したい
  • 部署やプロジェクトごとに閲覧制限を設定したい
山田君

押印フローをそのまま電子化!
ユーザーごとに社内承認者を固定してガバナンスを強化。

標準機能ワークフロー設定
契約書送信時に承認者を設定

契約書の送信時に社内承認者の設定が可能です。
契約書ごとに承認者の設定を行う必要があります。

オプションワークフロー固定機能
ユーザーごとに承認者を固定し設定漏れを防止

ユーザーごとに承認者の設定を固定できます。都度の設定作業が不要になるため承認者の設定漏れを防ぎます。

こんな方におすすめ

  • 電⼦契約の導⼊前から存在する社内のワークフローに柔軟に対応したい
  • ユーザー単位で「社内承認者」を固定して、ガバナンスを強化したい
  • 承認フローを固定することで、現場からの⾃由な契約書送信を防ぎたい
山田君

おすすめ資料

電子契約の基礎知識・
GMOサインがわかる

資料ダウンロード

GMOサインの機能と活用法

資料ダウンロード

GMOサイン導入から
浸透定着まで個別支援

資料ダウンロード

導入事例