ワークフロー固定機能

決められたワークフローを通し、ガバナンスを強化

ユーザー単位で「社内承認者」を固定することができます。担当者が承認者(決裁権者など)へ承認依頼をし、承認者の承認を経て、相⼿⽅に署名依頼を送信するといった、ワークフローをあらかじめ設定しておくことができるため、電⼦契約の導⼊前から存在する社内のワークフローにも柔軟に対応します。

ワークフロー固定機能のご利⽤イメージ

  • ユーザーごとに社内承認者を固定することができます
  • 社内承認者は複数名設定できます
  • ⽂書送信前に、社内の決裁権者や上⻑への承認作業を必須にすることが可能です
ワークフロー固定機能

標準機能の「ワークフロー設定」との違い

標準機能の「ワークフロー設定」でも社内承認者の設定は可能ですが、⽂書作成時に送信者⾃⾝が都度設定する必要がございます。オプションの「ワークフロー固定機能」では、ユーザーごとに社内承認者を固定することができるため、都度の設定が必要なく、承認者の設定漏れや設定ミスを防ぐことができます。
社内承認フローを必須にされたい会社さまや、契約枚数が多い会社さまにはオプションのご利⽤がおすすめです。

期待できる効果

部⾨内の上⻑や管理部⾨などを事前承認者として設定し、決められた承認フローを固定することで社内の承認フローをシステム化することができます。アカウントを持っている社員が承認を通さず⾃由に契約書を送信するといったことを防ぎ、ガバナンスを強化することができます。

承認フローのシステム化

承認フローをシステム化して未承認の契約書送信を防ぐ

ガバナンス強化

契約書の送信前に、必ず上⻑や管理部⾨の承認を通すフローを適⽤

リスク管理

どのような契約が進⾏しているか把握できる

ワークフロー固定機能のご利⽤料⾦

ワークフロー固定機能のご利⽤には、オプションパック(セキュリティ・内部統制パック)のお申込みが必要となり、初期費⽤と⽉額費⽤が発⽣します。

機能 初期費用 月額費用
セキュリティ・内部統制パック
  • ワークフロー固定機能
  • SSO・IdP連携(SAML)
  • IPアドレス制限
  • スキャン文書管理(10GB)
  • ⼀括ユーザー管理
55,000円 55,000円

※価格はすべて税込表記です。

ワークフロー固定機能の設定⼿順

詳しい設定⼿順は、ヘルプセンター内「ワークフロー固定機能の説明ページ」にてご確認いただけます。
ワークフロー固定機能説明ページ(ヘルプセンター)

署名機能一覧へ戻る