Contract One連携

紙の契約書も電⼦契約書も「Contract One」上で⼀元管理

「電⼦印鑑GMOサイン」で締結された契約書が、毎⽇⾃動で契約DXサービス「Contract One」へ追加され、Sansanが培ったデータ化技術により正確にデータ化されます。データ化された契約書は、紙の契約書と合わせて⼀元管理することが可能になります。あらゆる形式の契約書を、検索機能や契約更新期⽇の⾃動通知機能などが備わった「Contract One」で⼀元管理することで、契約担当者の業務効率化を実現します。
また、やむを得ず紙で締結しなけばならない契約書も「Contract One」が印刷・製本、押印、発送、受け取りといった作業を代⾏し、紙の契約締結をオンラインで完結することができます。

連携イメージ

GMOサインで電子契約を締結。APIで連携。Contract Oneで自動でデータ化。

期待できる効果

あらゆる形式の契約書を、検索機能や契約更新期⽇の⾃動通知機能などが備わった「Contract One」で⼀元管理することで、契約担当者の負荷軽減やリスク低減を実現いたします。

ご利用料金

Contract One連携はオプションとなり、API連携のお申し込みが必要となります。

初期費用 月額費用
API連携費用 110,000円 11,000円
  • API連携をすでにご契約いただいている場合、API連携費⽤は発⽣いたしません。
  • 価格はすべて税込表記です。
  • 別途、Contract Oneの利用料がかかります。
システム連携についてのお問い合わせ

Contract Oneについて

Contract One

Contract Oneは、紙と電子の契約書を正確にデータベース化し、全社で活用することでビジネスを強くする契約DXサービスです。
URL:https://contract-one.com/

システム連携一覧へ戻る